茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
教育基本計画(素案)の意見交換
 午後から今日は、茅ヶ崎市教育基本計画(素案)の意見交換を教育指導課と行いました。

 現在、茅ヶ崎市教育委員会では、教育基本計画の策定作業を行っています。

 「茅の響きあい教育プラン」(H13年度~H22年度)
 「ちがさき・まなびプラン」(H9年度~H22年度)

どちらもが平成22年度に終了するので、H23年度から10年間の新たな茅ヶ崎の教育をどうしていくのかを考えていて、「明日を担う次世代の育成」をこの次の10年間の重要課題とし、学校教育と社会教育の2本を柱にして計画の策定が進められています。

 すでに構成については、教育経済常任委員会の研究会にて説明を受けていたので、今回は最初から意見交換ということでした。

 私は
  この中でフリースクールへの明確な言及がないことについて、フリースクールについて茅ヶ崎市としてはどのように考えているのか?連携や支援ということを考えるべきではないかということを述べさせていただきました。

 この質問から始まり、地域との連携、社会教育という場としての公民館との連携や、家庭教育の話などに広がって行きました。

 私自身、行政として大前提は公教育の在り方をどうするかだと思うのですが、全国各地でフリースクールが展開されています。茅ヶ崎でもデモクラティックスクールを展開されている方もいらっしゃいます。こういったスクールが展開されるのは、一つに今までの学校教育では担えないことがあるからだと思います。そういった意味で、今後10年を考える上で、フリースクールとの関係をどうするかは、考えておかなければいけない問題だと思っております。

 また、メディアリテラシーやIT機器との付き合い方といった情報教育について、これらのことを考える際には、ぜひ、そういったものを使える方をいれた上で考えてほしいとお願いしました。たとえば、子どもたちの間で、「プロフ」というのが使われ、それが事件につながったりするケースが出てきていますが、この「プロフ」について、教育指導課の方に、「使ったことありますか?」と質問をしたところ、知っているけど使ったことはないという回答でしたので、「プロフ」に限らず、使ったこともない人たちが、その危険性を子どもに伝えることはできませんよ。ということでお願いをしました。

 合わせて情報教育について、基本計画(素案)では、現状課題のところで小さく書かれており、教育指導課としても必要性は認識しており、基本計画の詳細部分では考えるということでしたが、これだけ情報社会が展開され、大人も子どももみな大きな影響を受ける状況になっては、学校教育だけに限らず、社会教育にとっても重要であり、詳細の部分ではなく、この素案の大項目として情報との付き合い方との項目を設けるべきではないかという意見も述べさせていただきました。

 続いて、基本計画とは直接関係ないのですが、やり取りの中で「子ども一人ひとりがちゃんと教育を受けることができる体制」ということを教育指導課が述べられたことを受けて、子どもの貧困との関係で意見を述べさせていただきました。

 それは、公教育において、給食費など無料とする部分を拡大すべきではないかということです。確かに生活保護を受けていればこの給食費などについては負担がなくなるということがあるのですが、生活保護には受けるべき人が本当に受けることができているのかといった問題(生活保護の捕捉率)や、生活保護を受けるレベルではなくてもギリギリの状態で頑張っている家庭のことなどを考えると、少子化対策として、子どもを安心して産める体制や保育園だけに限らず、義務教育についてももっと踏み込んでいかないといけないのではないかと思い、そのことについて、国の決断であることは前提の上で、皆様はどう考えているのかについて聞きたいと質問をさせていただきました。

 最後に、教育研究所の方もいらっしゃったので、住環境や学校の教室の環境などで、子どもの発育にもいろいろと影響が出ることから、現在、「住育」という考え方を唱えて活動されている方もいるので、ぜひ、その「住育」について、教育研究所で研究していただきたいというお願いをさせていただきました。

 2時間くらいに及ぶ意見交換となりましたが、いろいろ話が出来てよかったと思っていますし、ぜひ、議員だけでなく、幅広くいろいろな方と意見交換をし、茅ヶ崎の次の10年の教育基本計画を策定していただければと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-07 18:37 | 議員活動
<< 「海の上の君は、いつも笑顔」の試写会 30期生の歓迎会 >>


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧