茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
上げ底の心理
 先日テレビで上海万博の模様が映されている中、北朝鮮館が映っていました。その北朝鮮館には、「PARADISE FOR PEOPLE」とありました。国自らが、自らを天国と称しています。

 また、今年の大河ドラマ「龍馬伝」は大当たりのようですが、ある国会議員が自らは坂本龍馬の血縁関係があり、自分が現代においてその役割を果たすという自称「龍馬」とでもいう発言をなさっていました。

 私は、こういった自称で、天国と言ったり、自称で、XXの龍馬といったりするのを見ておもうのですが、こういうのって、本当はそれとは程遠いんだけど、そう見てもらいたい。そう見てもらうことで自分の価値を底上げしたいという心理があるんではないかと思っています。

 本当にそこが天国であるならば、まわりが自然と言うようになると思うんです。

 人物を自称するのも同じで、本当にそうであるならば、別に自称しなくても、そのようにたとえられるようになるんではないでしょうか。

 私は、歴史上に人物を憧れたり、尊敬したり、目指したりするのと、自称するのは違うと思っています。自称するのは、現実の違いを自称することで底上げしたい心理があると思っています。まさに「上げ底の心理」なんだと思います。

 今年は、大河ドラマのおかげで自称「坂本龍馬」が現れると思うんですが、大河ドラマ終わったらどうするんでしょうね。そのときもその自称を続けられるのか、ブームに乗っただけで違うのか、どちらなんでしょう。

 北朝鮮館の「PARADISE FOR PEOPLE」についても、それを外に宣伝することよりも、国内を向いて対応して、本当に外からうらやましいと思われる。メディアや研究者から、たとえば教育でフィンランドが取り上げられたり、スウェーデンが福祉で取り上げられるようになるような取組をまずすべきだろうと思います。
 
 松下政経塾時代に、板門店(韓国と北朝鮮の国境にある軍事境界線上の村)に韓国側から行ったことがあります。その韓国に見えるように綺麗な集落が作られていました。ガイドいわくそこには北朝鮮の人は住んでおらず、板門店にくる人たちにいいように見えるように作られたものだとのことでした。またその集落には大きな看板が立っていて、書いてある内容は忘れたんですが、北朝鮮館の「PARADISE FOR PEOPLE」と同じような意味の宣伝文句でした。そういった国レベルでの涙ぐましい努力を見て、逆にうすら寒いものを感じました。

 私も尊敬や憧れる人、また目指したいと思う人がいますが、自称はしません。畏れ多いし、私は私ですから
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-04-28 10:34 | 雑感
<< 2010年4月に読み終えた書籍... 今日の日記 >>


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧