茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
茅ヶ崎市の地方交付税の交付団体について
 茅ヶ崎市議”えびけん”海老名けんたろうです。先日、財政課より茅ヶ崎市が本年は地方税交付団体になるということについての説明を受けました。平成16年度以来6年ぶりとのことです。

 地方交付税の交付団体になるというのは、簡略化して書くと、国が茅ヶ崎市が市民サービスに必要な金額よりも、茅ヶ崎市が得るであろうお金よりも多いので、その差額を国が地方交付税からお金(普通地方税交付金)を渡しますということです。

 この地方交付税とは何か?
  どの地域にすむ国民にも一定のサービス提供を保障するために、地方公共団体(都道府県や市町村)の財源の不均衡を調整することを目的に、国が地方に代わって徴収している地方税です。
  国税のうちの以下の5つの税の一定割合が地方交付税とされています。
   ・所得税
   ・法人税
   ・酒税
   ・消費税
   ・たばこ税

<地方交付税の交付・不交付=もらえるorもらえないの決め方>
  地方交付税の決め方として
   基準財政需要額  と  基準財政収入額 の2つがあります。
   基準財政需要額
    その地方公共団体が地域住民に対して、一定のレベルでのサービス提供を行うとするとした場合に必要だと思われる金額のことです。
   基準財政需要額
    こちらは、その地方公共団体で、これくらいの収入があるだろうという金額です。

   この二つの関係で決まります。
   基準財政需要額>基準財政収入額  → 地方交付税の交付(もらえる)
   基準財政需要額≦基準財政収入額  → 地方交付税の不交付(もらえない)

<茅ヶ崎市の現状>
  平成22年度の現状
   基準財政需要額 約270億3,500万円
   基準財政収入額 約254億7,500万円
   →つまり、基準財政需要額>基準財政収入額となります。この差額分の約15.6億円が地方交付税の交付金を受ける金額になります。
   ※ただし、最終的には、調整があり、約15.4億円ということでした。

  ちなみに、平成21年度の現状は
   基準財政需要額 約265億8,900万円
   基準財政収入額 約277億4,700万円
    この場合、基準財政需要額<基準財政収入額となり、もらえないことになります。

 ただ、このもらえるに合わせて、臨時財政対策債についてその発行額が約10億円プラスされ、発行できる金額が増えることになります。
 ちなみに、茅ヶ崎市は、平成22年度当初予算においては、臨時財政対策債の発行可能額が、約25.1億円でしたが、今回ので、約35.2億円発行可能になります。

 この臨時財政対策債は、ちょっとややこしい存在で、地方債=借金なんですが、担当職員などは、「これは、国の地方交付税で措置してもらえる」という表現を使ってきます。この措置というのが、とても面倒な表現で、全額国が肩代わりするという意味ではありません。国は、その地方公共団体が地方交付税を交付すべきかそうでないかを判定、算出する際に、その算出要素に入るという意味なんです。
 さらには、国が、茅ヶ崎市はやっぱり地方交付税は交付しない(=不交付団体)であるとした場合には、この臨時財政対策債は、純粋に茅ヶ崎市の借金になるんです。というわけなんで、今回も財政課の方が、やっぱり「地方交付税で措置される」といってきたんで、それは今年はそうだけど、地方債の償還は1年ではないはずで、その償還のときに不交付団体になれば、それは茅ヶ崎市が全額負担の借金ですよねと意見を述べさせていただきました。

<交付になった主な理由>
 大きく分けて2つです。
  収入面:地方税の大幅減(約19.8億円の減少)
  支出面:生活保護費(約2.66億円の増大)等の急激な伸び

 ちなみに、神奈川県においては、今年度新たに8つの地方公共団体が新規の交付団体となりました。神奈川県内19市のうち交付団体は14市です。
 不交付団体:川崎市、鎌倉市、藤沢市、厚木市、海老名市の5つ

 この交付・不交付については、それを決める計算方法を決めるのは、国であり、ある意味国のさじ加減で変わる部分が大きいのです。実際に、新型交付税を導入した交付税改革の時に、特に、基準財政需要額の計算方法を大きく変えました。国としては、この地方に交付する地方交付税の特別会計が、もう大赤字状態にあり、ある意味、地方に交付するために国がこの特別会計で借金を重ねている現実からすると、仕方がないのですが、そういった要素が強いので、地方税交付・不交付について、もらえるようになったから、財政が危ないというわけではありませんので、誤解なきようにお願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-07-29 09:19 | 議員活動
<< 昨日の日記(サザンビーチフェス... <告知>Ustream始めました!! >>


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧