茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
2009年 05月 28日 ( 2 )
議会制度検討会など
 今日は午前中は、歯医者で治療と議会で6月6日と7日に会津で開催される「市民と議員の条例づくり交流会議」に参加するので、そのために政務調査費を使用するための申請文書を作成していました。

 午後から、議会制度検討会です。

 決算審査については、前回の議会制度検討会のときには、茅ヶ崎市側から、議会制度検討会の提案に対して、試行として常任委員会終了後の研究会で行うというかなり後退した案でした。これは、議会による事業評価を常任委員会の研究会で、試しに事業評価を行うもので、茅ヶ崎市に対して公的な意味ではなんらの拘束力も影響も持たないという意味になります。

 当然、これはあり得ないということだったんですが、その後の座長のやりとりもあり、日程も加味する形で、決算委員会で事業評価を行うということで、議会制度検討会が提案した案にかなり近いものになったんで、これでやっていこうということになりました。

 決算審査について、30人が取り組むことになります。30人一世というわけではありませんが、各常任委員会の分かれ方に従い、決算委員会を4つの分科会に分けて、各分科会で5つの事業と分科会に付託される決算部分についての審査が行われることになります。詳細まだまだ詰めなければいけないところもありますが、決算審査が一歩前進です。

 次に、議会基本条例について、今回は議会の地位・役割&権能について、各会派に持ち帰り、どのようにするのか考えてくるということでしたが、文書で出したのは、我が会派だけでした。
 
 ということで、私が作成したものがある程度たたき台なんですが、正直、目的などとは別での作成なので、書いていてなんか中途半端な感じになってしまい、そのことについては他の議員も同じ意見で、目的などと合わせる形で整備するという方向で進むこととなりました。

 また、議員の間では普通に使われ、議員とっては常識となっているが一般市民にはかならずしもそうではないと思われる言葉の定義づけの必要性についても提案させていただきました。

 3つ目は、ずっと議論している一般質問と常任委員会の順番の入れ替えについて、藤沢市ではそのようになっているのですが、この件についてその藤沢市の日程や運営方法の違いを確認し、茅ヶ崎市議会とは異なる部分もあるので、そのまま導入するわけにはいかないだろうから、更なる検討を続けることとなりました。

 その他として、私も以前提案し、永田議員が改めて提案されている議員に対するEメールでの議会の開催通知の配信について、開催通知が公印文書であることなどの検討項目があるということで、まだ採用には検討課題があるとのことでした。

 また、私自身新たな提案として、常任委員会で毎年行政視察をし、担当議員が視察報告書を作成するのですが、これが提出後、その視察報告についてみたことがなかったので、これを回覧するなりしてみることができるようにするべきではと提案いたしました。

 常任委員会の視察は議会費で行われるもので、その視察結果はまさに議会全体の財産というべきものです。そういった意味ではこれを共有する必要があると思うのですが、その部分がまったくわからなくなっています。ということで提案いたしました。

 常任委員会視察報告は行政文書ということで保管方法などの問題があるとのことでしたが、行政文書としての正本は、そのルールで保管すればよく、そのコピーでもいいから30人の議員が見ることができるようにとのことで、議会事務局も考えるということになりました。

 しつこいようですが、常任委員会視察は、個人の財産ではなく、議会の財産であるべきなので、方法はどうであれ、30人が共有できるものでなければならないと私は思いますので、その方向で進んでいただければと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-28 23:21 | 議会制度
新人議員勉強会 耐震改修の話
 今日は15時から、小磯議員とともに企画した新人議員の勉強会でした。

 今回は、立川在住で日本設計出身(すでに定年退職)の平館孝雄氏をお招きして、耐震改修についていろいろとお話を聞かせていただきました。

 15時からの勉強会の前に、14時半前に平館氏がお見えになられたので、小磯議員とともに、茅ヶ崎市役所本庁舎の1F~7Fまでをざっと30分とかなり端折ってですが、ご案内させていただきました。

 その後、6名の新人議員が参加する形で、15時過ぎから耐震改修についてご講義していただきました。

まずは、地震について、海溝型地震と活断層型地震についての簡単なメカニズムの説明が行われ、地震に関しては、「地震期待値マップ」というものがあり、海溝型・活断層型ともに全国各地でマグニチュードの大きさとその確率についての地図があるということでした。

 つけられた資料のMAPの中期によると(神奈川県と関係ありそうなものに限定)
  <活断層>
    神縄・国府津・松田断層帯 M7.5程度 0.2~16% 
    三浦半島断層帯(武山断層帯)M6.9程度かそれ以下 6~11%
         (衣笠・北武断層帯)M6.7程度かそれ以下 0~3%

  <海溝型>
    相模トラフ沿いのM8程度の地震(大正関東大震災)
       M7.9程度 0~1%
    茨城県沖や相模トラフ沿い以外の南関東地震
       M6.7~7.2程度 70%程度
というように出ていました。
 
 また、震度マップもあるとのことです。
 茅ヶ崎市の震度マップは、こちら 

 これらの話の後、具体的に耐震について大きく分けて5つの方法について、平館先生が絵を描きながら説明をなされました。

 ①耐震壁・ブレース(筋交い)
 ②免震装置
 ③耐震装置
 ④部材補強
 ⑤外付けフレーム

 これらについて一通り説明を受けた後、耐震改修のプロセスの話についての説明も受けました。

 その後、質疑応答、終了後は、飲みながら、さまざまなことについての意見交換を行いました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-28 00:00 | 視察・勉強


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧