茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
2009年 05月 29日 ( 3 )
アメリカ外交の魂 著:中西輝政

アメリカ外交の魂―帝国の理念と本能

中西 輝政 / 集英社

スコア:



 アメリカについて考えてみようということで読んだ1冊です。

 帝国について豊富な歴史の知識と卓抜した洞察力でその特性を明らかにする中西輝政先生の、イギリス、そして中国に続く、アメリカについて、その外交政策をたどりながら、その外交政策に与えた国内の影響や国際情勢をもとに、その特徴を描きだします。

 中西輝政先生によると、アメリカには4つの顔があるとのことです。

 第一は、「バージニアのアメリカ」:オールドイングランドのアメリカで、ジェントルマン・イギリス国教会の主流派に属し、すぐれて体制的で、ヨーロッパ的・イギリス的な自由の観念がよく反映しているアメリカ

 第二は、「ピューリタンのアメリカ」:マサチューセッツを中心としたニューイングランドのアメリカで、古いイギリスと決別し、アメリカにやってきたまさにピューリタンで、どこかに宗教的な使命感を持った理想主義雰囲気を漂わせているアメリカ
 
 このマサチューセッツのアメリカとバージニアのアメリカ、ジェントルマンとピューリタンが二項対立になっている。

 第三は、「ミッドアトランティックのアメリカ」:ニューヨークやペンシルバニアのコスモポリタンで物質主義的なアメリカで、ペンシルバニアの「信教の自由」を重んじ、人種的・宗教的な多様性を受け入れる「寛容さ」で、代表的な宗派はクエーカー教徒、そして、マネーゲームの伝統のニューヨークの「富」「進歩主義」のアメリカで、この「富」「進歩主義」「寛容さ」という明るく、だれとでも仲良く人種のるつぼのアメリカ、日本人がイメージしやすいアメリカ
 
 明治の文明開化において、キリスト教徒となった開明的知識人影響を与えたのがこの第三の顔で、新渡戸稲造、津田梅子、内村鑑三など、クエーカー教の影響が非常に強い。

 第四は、「ディープサウスのアメリカ」:サウスカロナイナやジョージアで、この地域では当初より奴隷が多く、植民地初期から奴隷の反乱に悩まされ、また、先住民のインディアンや、ヒスパニック系の少数民族との戦いなどで、とにかく自分のことは自分で守る。独立独歩のアメリカ

 とこの4つのアメリカがどのように形成されてきたのかを、アメリカの外交、アメリカへの移住、独立戦争から建国、南北戦争、米西戦争、モンロー主義、第一次世界大戦と国際連盟に第二次世界大戦と国際連合、そしてベトナム戦争に、今のイラクとのかかわりなど、世界にかかわりすぎるアメリカと、かかわろうとしなさすぎるアメリカの両面を、このアメリカの顔とそれを形成した歴史や国内事情で説明がなされます。

 人工国家、移民の人たちが、それぞれの背景を抱えながら、それぞれが州をつくり、それが連邦制をとり、一つのアメリカとして共和制をとるユニークなアメリカを形作りその底流を知ることができます。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-29 22:54 | 読書記録
5.29全員協議会
 臨時議会の後、引き続いて全員協議会が行われました。

 全員協議会の議題は2つです。

 1.(仮称)茅ヶ崎市自治基本条例の概要について
 2.茅ヶ崎市千ノ川整備実施計画(案)について


 まずは、(仮称)茅ヶ崎市自治基本条例の概要について
 企画調整課より説明がなされました。

 2月の市民検討委員会から提出された骨子案をもとに庁内で自治基本条例調整会議が6回行われ、茅ヶ崎市の概要案がまとめら、これをもとに話を進めていくということです。
 
 茅ヶ崎市の概要と市民検討委員会の骨子案はかなり違う部分もあり、茅ヶ崎市と市民検討委員会の間で一本化できている状況ではないようで、6月中の広報ちがさきには、その両方を掲載する形で市民に周知するということでした。

 また、茅ヶ崎市の概要説明会を6月20日・21日・23日の予定で行い、素案を作り、7月に12地区自治会への説明、8月パブリックコメント、最終的には12月議会に条例案として上程されるとのことでした。

 次に、茅ヶ崎市千ノ川整備実施計画(案)について
 下水道管理課より説明が行われました。

 千ノ川の県管理区間について県の事業として整備拡幅工事も終わったので、これを受けて茅ヶ崎市の管理区間についても整備拡幅をということでの計画です。

 治水と安全性の確保を主眼に行うとのことでした。

 ちなみに、県管理区間は、梅田橋より下流にあたります。

 この整備実施計画の対象となる千ノ川のエリアは、梅田橋から千ノ川橋までと、それ以降から室田橋くらい(菱沼雨水幹線)の区間約2.65キロです。

 5年を1期とし、4期20年の整備計画で、概算での総事業費は30億円、そのうちの4割をまちづくり交付金によるものとなるとのことでした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-29 16:16 | 全協・定例報告
平成21年度第2回臨時議会
 今日は、平成21年度第2回臨時議会でした。

 今回は議案二つと議席の変更が行われました。

 議席変更は、山田議員は会派に属さない議員となり、茅ヶ崎クラブが4名から3名になったこと、また、吉野議員が、渡辺議員と私の会派に加わり、新政 ゆめみらい・ネットとして会派が2名から3名になったことから、これらのことを受けて座席の変更が行われました。私自身の座席の変更はありません。

 今回の提出議案の一覧は、こちら

 つづいて第39号議案については、その内容は、
  市長・副市長(2名)・教育長の平成21年度6月期末手当を減額するものです。減額率は、以下の通りです。
   市 長  100分の15
   副市長  100分の10
   教育長  100分の10

 4名の引き下げ額は合計で36万円とのことです。

 第40号議案については、その内容は、
  人事院勧告による国家公務員の給与改定に準じて平成21年6月期期末手当及び勤勉手当の支給率を改定するものです。

  一般職員(再任用職員を除く)
   期末手当1.25月(▲0.15月)
   勤勉手当0.70月(▲0.05月)
     合計1.95月(▲0.20月)

  再任用職員
   期末手当0.70月(▲0.05月)
   勤勉手当0.30月(▲0.05月)
     合計1.00月(▲0.10月)

 今回の改定により、夏期一時金の減額額は、再任用職員も含む1,944人分で1億5,110万円になるとのことです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-29 15:51 | 本会議


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧