茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
2009年 05月 31日 ( 3 )
テロリズムの罠 右巻 著:佐藤優

テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力 (角川oneテーマ21)

佐藤 優 / 角川学芸出版

 ロシアと中国の今後についての著者の予測と、日本が、そして世界がファシズムになってしまうのではないかという警鐘を鳴らす1冊。

 著者としては、ファシズムは欧米の良質な知的伝統を継承した運動と、それ自体は評価している部分もあるが、しかし、ファシズムは、その内側と外側を線引きし、その結果として排外主義に、最終的には戦争につながることから、ファシズム化してはならないと説きます(ちなみに、ヒトラーのナチズムとは区別し、ムッソリーニのファシズムのことを指しています。日本人はヒットラーもムッソリーニも同じ考えのように思いがちですが、佐藤氏は別物と考えることを説いています)。また、アメリカのバラク・オバマ氏についても、深刻な経済危機の中、大統領に当選し、社会の対立を、民主党と共和党の壁を越えるなどで国家としてまとめ、国歌主義的に乗り越えようとする姿にムッソリーニのファシズムに掛け合わせ、その懸念を表明しています。確かに、経済についてこの不況の中、保護主義政策が見られるようになり、場合によってはブロック経済に発展するのではないかと私も危惧をていますが、一面ありうる指摘だと思い読みました。

 日本においては、新自由主義政策の行き過ぎにより、派遣切り、派遣テント村で「見える化」された格差の行き過ぎた状態について、この絶対的貧困について、雨宮処凛との対談や、河上肇「貧乏物語」から、対応しなければ、新自由主義と資本主義の組み合わせにより国民がどんどん分断されてしまうことを説く中で、今では、このような主張は、左翼・革新の主張のようではあるが、戦前は右翼・保守が、拡大する格差、その貧困に対して立ち向かうために行動していたことを、この書籍を通して、改めて気が付き、そうだったと思うとともに、この絶対的貧困については、右も左も関係なく取り組むべき課題であることを認識させられました。

スコア:


[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-31 23:30 | 読書記録
総会の連続
 美化キャンペーン クリーン茅ヶ崎に参加し、8時前に帰宅後、今度は10時から、サポートセンターにてNPO法人ゆいの定時総会に

 とにかく、この5月6月は、さまざまな市民団体の総会が連続します。

 12時くらいまで、ゆいの昨年度の活動と今年度の活動について議題として挙げられ、すべて承認されました。

 その後、夕方以降は、平塚へ

 中央大学の卒業生たちの会が、神奈川県には、いくつか存在しています。茅ヶ崎にも茅ヶ崎白門会がありますが、平塚にもあり、今日はその平塚の白門会の総会でした。

 永井総長(といっても、経歴を見ると私が学生の時に、確か商法のゼミを持たれていた先生だったと思われるのですが)もお越しいただきました。

 大蔵平塚市長も見えられていました。

 これら一連の総会も終わり帰宅しました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-31 22:09 | 議員活動
美化キャンペーン クリーン茅ヶ崎
e0110824_8293239.jpg 今日は6時半から茅ヶ崎海岸全域で「美化キャンペーン クリーン茅ヶ崎」です。


 私も、6時半過ぎから、小和田浜公園東側信号下にて、ビーチクリーン活動に参加させていただきました。

e0110824_8321318.jpg すでに多くの方がビーチクリーンに取り組んでいました。私も「もせるゴミ」と「もえないゴミ」のゴミ袋をいただき、早速ビーチクリーンです。

 サザンビーチなどで参加すると、たばこのフィルターなどの人工物が多いのですが、こちらはどちらかというと自然物が多い感じです。

 途中、ちょっとグニュっとくる感触が、手の中で何かが動いていると思い、掌を開くと、小さなふぐが、砂まみれになって動いていました。初めはおどろきましたが、海に逃がしてやりました。

 7時半過ぎくらいまで、ビーチクリーンに参加させていただきました。一人ひとりのこの小さな取り組みが大きな形となればと思っております。
e0110824_8373073.jpg

[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-31 08:37 | その他


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧