茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
カテゴリ:茅ヶ崎データ( 23 )
平成23年中の茅ヶ崎市尚の自転車事故の発生状況について
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。平成23年第2回茅ヶ崎市青少年問題協議会より、自転車事故についての情報提供がありましたので、そのことについて記載いたします。

 <平成23年度中の茅ヶ崎市内の自転車事故の発生状況>

 茅ヶ崎警察署生活安全課より、茅ヶ崎市青少年問題協議会にて提供を受けました。 
 茅ヶ崎警察署管内
  23年度人身事故総数 1,435件(うち、自転車 392件)
   茅ヶ崎市内での人身事故 854件(うち、自転車 302件)
    自転車事故の割合が35.7%(神奈川県内平均 24.4%)
    茅ヶ崎市は、事故構成比の比較からいくと、やはり自転車事故が多い

 幼稚園児 2件(1当:1 2当以下:1)
 小学生  26件(1当:7 2当以下:19)
 中学生  14件(1当:2 2当以下:12)
 高校生  34件(1当:8 2当以下:26)
 大学生   9件(1当:3 2当以下:6)
 その他  217件(1当:24 2当以下:193)  ようは大学生以上の大人

 ※1当、2当以下とは、事故を作った原因を指すそうで、簡単にかくと、1当は自分はぶつけた側、2当以下はぶつけられた側的な判断になるそうです。

 これを見ると、小学生が中学生より多いということで、自転車乗り始めの中での事故といえるのかもしれません。

 小学校の校長代表から、小学校全校を挙げて、自転車の乗り方教室を展開していくという説明を受けました。実際の事故件数からも確かに小学校からいかに指導していくかが重要だと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2012-01-27 16:30 | 茅ヶ崎データ
地震による茅ヶ崎市の想定被害(平成21年度神奈川県の調査)
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 先日、文化会館で開催された「平成23年度茅ヶ崎市防災研修会」に参加してまいりました。講師は茅ヶ崎市の防災担当参与の佐藤喜久二氏でした。

 ここで、「地震による茅ヶ崎市の想定被害」の資料が出されていましたので、そのことを書かせていただきます。あくまでも茅ヶ崎市の想定される被害(概数)です。

 1.東海地震の場合
    地震規模:M8  震度:5強
    津波高:2~3m  到達時間:~30分
    建物倒壊:3,500棟  焼失棟数:800棟
    避難者数:10,200人  帰宅困難者:8,000人

 2.南関東地震の場合
    地震規模:M7.9  震度:6強
    津波高:3~5m  到達時間:~5分
    建物倒壊:18,000棟  焼失棟数:21,800棟
    避難者数:164,000人  帰宅困難者:8,000人

 3.県西部地震の場合
    地震規模:M7  震度:5強
    津波高:2~3m  到達時間:~10分
    建物倒壊:400棟  焼失棟数:700棟
    避難者数:4,500人  帰宅困難者:8,000人

 4.東京湾北部地震の場合
    地震規模:M7.3  震度:5強
    津波高:1m以下
    建物倒壊:3,900棟  焼失棟数:1,200棟
    避難者数:12,600人  帰宅困難者:8,000人

 5.神縄国府津松田断層帯地震の場合
    地震規模:M7.5  震度:6強
    津波高:2~3m  到達時間:~5分
    建物倒壊:22,400棟  焼失棟数:21,800棟
    避難者数:174,000人  帰宅困難者:8,000人

 6.三浦断層帯地震の場合
    地震規模:M7.2  震度:6弱
    津波高:~1m
    建物倒壊:12,200棟  焼失棟数:6,900棟
    避難者数:67,000人  帰宅困難者:8,000人

とのことです。

 神奈川県の地震被害想定調査については、こちら

 出典:平成23年度茅ヶ崎市防災研修会 「災害に対し自ら考え、行動するために」使用資料より抜粋
 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2012-01-23 13:09 | 茅ヶ崎データ
平成23年1年間の火災・救急出動の状況
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 茅ヶ崎市より平成23年の1年間(1月1日~12月31日)の火災・救急出動の状況が発表されました。

<火災の発生状況>
   建物火災 40件(H22 21件)
     建物損害額 約4,000万円(H22 約8,100万円)
    →建物火災の件数は、前年比の約2倍でしたが、損害額が前年比の半額から推測するに軽微な建物火災が多かったと言えるのではないかと思います。
    
    ※被害額減少の理由としては、住宅用火災警報器の普及により早期発見につながったのではないかとのことです。
e0110824_21481673.jpg
e0110824_21485176.jpg
e0110824_21494171.jpg

e0110824_10285218.jpg

e0110824_10291570.jpg


<救急救助出動の状況 救急出動件数>
  2年連続で、過去最高数値を更新ということで、ここ3年増加傾向をたどっているようです。
  出動件数:9,844件(約5%増加)  約27件/日
  搬送人員:9,365件(約4%増加 375人増加)

  通報を受けてから病院収容までの平均所要時間は、25分12秒(22年全国平均 37分24秒)
e0110824_2154775.jpg


<救急救助出勤の状況 救急搬送状況>
  搬送状況
急病:6,495人(+467人)
   一般負傷:1,288人(-9人)
   交通事故:879人(-81人)

 
e0110824_21581534.jpg


<救急救助出勤の状況 救助出動件数>
   出動件数の約7~8割:交通事故、水難事故、建物(閉じ込め等)による事故」
e0110824_221586.jpg
  
   

  消防も救急も1年間お疲れ様です。消防としては、建物火災の件数が増えたとはいえ、損害額が半分になったように、やはり住宅用火災報知器により早期発見が効果を出しているのではないかと思います。
  平成24年も茅ヶ崎市内の安全を守り、市民に安心を提供していただきたいですし、そういった面でのサポートができるような議員活動をと考えております。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名健太朗
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2012-01-04 22:05 | 茅ヶ崎データ
茅ヶ崎市内の避難マンション協定について現在15件締結
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今朝の神奈川新聞で報道されていますが、茅ヶ崎市では、2011年3月11日の東日本大震災発生の後、市民等が津波から一時的に身を守るための緊急退避場所として利用できるように該当するビルやマンションと協定(いわゆる、避難マンション、避難ビル協定)を結んでいます。

 茅ヶ崎市では、防災対策課にこの協定締結のために専属でうごく職員を配置して、積極的に取り組んでいます。

 2011年6月24日現在 15件の事業所&マンションと締結しています。
  5つの事業所と10マンションと協定を結んでいます。
   <5つの事業所名>
     ・パナソニックリゾート湘南(中海岸4丁目)
     ・茅ヶ崎迎賓館(中海岸4丁目)
     ・医療モール湘南(本村1丁目)
     ・アルバック(萩園)

  <10のマンション>
     ・マンション茅ヶ崎(中海岸2丁目)
     ・ちがさきニューハムレット(中海岸4丁目)
     ・クリオ茅ヶ崎中海岸壱番館(中海岸1丁目)
     ・サザンマンションA棟(中海岸1丁目)
     ・サザンマンションB棟(中海岸1丁目)
     ・レゾン茅ヶ崎中海岸(中海岸4丁目)
     ・茅ヶ崎シーサイドパレス(中海岸4丁目)
     ・ライオンズガーデン湘南緑が浜(緑が浜)
     ・茅ヶ崎緑が浜シティハウス(緑が浜)
     ・パークスクエア湘南茅ヶ崎(矢畑)

です。

 私も、自分が住んでいるマンションについて、マンションの自治会の総会で締結について提案させていただきました。今後、周辺自治会と茅ヶ崎市と話で、浜須賀地区でもと考えています。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-29 21:05 | 茅ヶ崎データ
茅ヶ崎市の平成23年6月の期末勤勉手当(いわゆるボーナス)について
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。
 
 茅ヶ崎市の記者発表で、この6月の期末勤勉手当(いわゆる6月のボーナス)の状況についてです。

 <市長などの特別職のボーナス>
 市 長:約193万円(1,933,470円) 前年度:約199万円
 副市長:約172万円(1,722,243円) 前年度:約177万円

 <議員のボーナス>
 議 長:約141万円(1,411,200円) 前年度同じ
 副議長:約122万円(1,219,680円) 前年度同じ
 議 員:26人合計 約2,100万円(20,966,148円)
  ※前年より議員数は2名減
  ※平成23年度の新任議員は30%減の支給

 <教育長のボーナス>
 教育長:約155万円(1,548,771円) 前年度:約159万円

 <一般職(再任用職員を除く)>
 平成23年度の支給職員数 1,897人(H22 1,865人)
 平均年齢:40歳11ヶ月 平均勤続年数:15年4ヶ月
 支給総額:約13.6億円 平均支給額:約71.6万円

 <再任用職員>
 平成23年度の支給職員数 117人(H22 101人、H21 16人)
 支給総額:約1,960万円 平均支給額:約16.7万円


 ちなみに、総支給額(特別職・議員・教育長・一般職)
  約14.1億円(1,408,360,796円) 前年度:約14.4億円

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-15 10:19 | 茅ヶ崎データ
茅ヶ崎市の認可保育園と認可外保育園の保育料格差を埋める取組
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。茅ヶ崎市議会はただいま平成23年度予算についての審議が予算特別委員会で行われ、私もその委員として関わっております。

 今回は、その審議の過程の中、まだ予算は可決ではないのですが、茅ヶ崎市が子育て支援策として新規で取り組もうとしている政策第2弾です。

 「届出保育施設保育料助成金」

といわれるものです。

 これは、簡単に書くと、民間保育園の認可保育園と認可外保育園の保育料格差を埋めるというものです。

 保育料については、民間の認可外保育園>民間の認可保育園となります。この経済負担を軽減するために茅ヶ崎市が応能負担の考え方をもとに取り組むのが、この「届出保育施設保育料助成金」といわれるものです。

 予算としては全体で、2,280万円
  経済負担については、その保育料格差に応じての助成金が出されます。
   A:利用認可外保育園の保育料-認可保育園の保育料
      A≧50,000円      25,000円
    40,000≦A<50,000     20,000円
    30,000≦A<40,000     15,000円
    20,000≦A<30,000     10,000円
    10,000≦A<20,000     5,000円
        A<10,000      なし
になります。世帯の年収で800万以上の方が、この「なし」に該当するということで、低所得だけれども認可外保育園に入れるしかない場合には、経済負担を軽減してもらえることになります。

 いい施策と思うのですが、これまで使っている人、また、これから使う人への周知を徹底してもらいたいと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
      
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-03-04 14:52 | 茅ヶ崎データ
茅ヶ崎市が近隣市に先駆けて行う予定の事業「一時預かり事業」
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。これまで茅ヶ崎データで子育て支援について遅れていることや問題点を書いていましたが、今回は近隣市に先駆けて(というよりも、正確に書くと政令市を除くと一番目かつ唯一取り組む)事業について書きます。

 「一時預かり事業」
といわれるものです。約930万円を計上し、保護者が急病・入院、育児疲れの解消など、緊急・一時的な預かりを必要とする児童に対し、一時預かり事業を行う民間保育施設のうち、補助要件を満たした施設に対して運営費を補助するというものです。

 <保育所型>
   なぎさ保育園
   松林保育園
   十間坂保育園
   萩園愛児園
   なぎさ第二保育園
   茅ヶ崎こども園
   湘南くすの木保育園
 
 <地域密着Ⅱ型>
   保育施設あんふぁん茅ヶ崎
   あおぞら駅前保育所
   保育室ぽかぽか

に対して補助を行う予定のようです。一時預かりという子育て支援サービスもやはり必要だと思います。緊急の時に、子どもを預けることができる安心感は重要です。
 茅ヶ崎市が他市に先駆けて取り組むことを評価したいと思いますし、うまく宣伝してほしいと思います。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-03-03 16:10 | 茅ヶ崎データ
茅ヶ崎市の小児医療費助成を小学校卒業まで拡大するにはいくらかかるのか?
 茅ヶ崎市議の”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 議会は3月議会中です。代表質疑が終わりましたが各会派ともに子育て支援関係についてはいろいろと質疑がでました。

 その中で注目の一つが、小児医療費助成です。この助成は2種類あります。
  ・入院
  ・通院

 ちなみに、茅ヶ崎市は
  入院は、0歳~中学卒業まで(ただし、4歳から所得制限あり)
  通院は、0歳~6歳(小学校入学前=就学前といいます。ただし、4歳から所得制限あり)

となっています。この通院の小児医療費助成が近隣市より劣っています。
  平塚市 0歳~小3
  藤沢市 0歳~小学校卒業(藤沢では中学卒業まで拡大する可能性あり)

 代表質疑の過程で明らかになったのですが、茅ヶ崎市が、通院の小児医療費助成を現行から小学校6年生まで拡大すると、年間予算として約3.6億円(1学年当たり約6,000万円)の財源が必要とのことでした。

 この3.6億円をどうみるのか?皆さまはどう思いますか?

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-03-02 21:09 | 茅ヶ崎データ
近隣市よりも劣る茅ヶ崎市の小児医療費助成について(近隣ともあわせ)
 茅ヶ崎市議の”えびけん”こと海老名けんたろうです。今日から茅ヶ崎市議会や平成23年度の予算審議に入りました。

 子育て支援策については、各派注目で、様々な質疑が行われました。保育園の待機児童のことなどについて、前回書きましたが、今回は、小児医療費助成について書きたいと思います。

 <茅ヶ崎市の現状>
 茅ヶ崎市の小児医療費助成について、これは、通院に対する助成と入院に対する助成の2つがあります。

  入院の医療費助成:0歳~中学校卒業まで
    0~3歳まで:全員対象(所得制限なし)
    4歳~   :一定の所得額以上だと対象外

  通院の医療費助成:0歳~6歳(小学校入学する前まで)
    0~3歳まで:全員対象(所得制限なし)
    4~6歳  :一定の所得以上だと対象外

となります。通院の医療費助成は、入院の医療費助成より対象範囲が狭いのです。

 ここで、この通院の医療費助成について、実は茅ヶ崎市は近隣市よりも劣っている現状があります。昨年秋SUUMOという雑誌に「子育てしやすい街」特集という中で、川崎・横浜・そして相模湾沿岸の市町村の自治体の子育て支援環境の一覧が掲載されていました。

 これを見ると、一目瞭然なのが、茅ヶ崎市の小児医療費助成が近隣市よりも明らかに劣っていることです。


  茅ヶ崎市 入院 0~中学卒業(4歳から所得制限)
        通院 0~6歳(4歳から所得制限)

  平塚市  入院 0~中学卒業(小1から所得制限)
        通院 0~小3(小1から所得制限)

  藤沢市  入院 0~中学卒業(中1から所得制限)
        通院 0~小学校卒業(所得制限なし!!)

  大和市  入院 0~中学校卒業(1歳から所得制限)
        通院 0~小学校卒業(1歳から所得制限)

  寒川町  入院 0~中学校卒業(1歳から所得制限)
        通院 0~小3(1歳から所得制限)

とあるように、入院の医療費助成については対象は同じですが、通院の医療費助成を見ると、どの平塚、藤沢、大和、寒川に劣っているといわざるえません。

 茅ヶ崎市議会議員として、やはり、ここについては順次拡大していかなければ、今の若い人は、子育て支援策などを比べることがネットで用意できる時代なので、選択します。若い人が住むことを選んでくるまちになるためにも、やはりここは拡大しなければならないと思います。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-03-02 18:55 | 茅ヶ崎データ
茅ヶ崎市の保育事情(代表質疑より)
 茅ヶ崎市議会議員の”エビケン"海老名けんたろうです。

 23日から始まった3月議会で代表質疑が行われています。子育て支援はやはりどの会派も注目のようで、そのやり取りの中での分かったデータを出します。

 茅ヶ崎市2月1日現在
  保育所21ヶ所 定員2010名 受け入れ2290名
   ※定員を280名オーバーして受け入れています。

  しかし、待機児童は518人です。
  待機児童数について、神奈川県は増加傾向であり、厚労省の基準でカウントすると待機児童数は、2010年10月1日現在7,117人とのことでした。

  この7,117人の待機児童について、湘南(藤沢・鎌倉・平塚・茅ヶ崎)と県央(厚木・大和・座間)で待機児童が多いそうです。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-02-28 20:26 | 茅ヶ崎データ


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧