茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
カテゴリ:公共施設特別委員会( 24 )
2012.01.16 公共施設整備対策特別委員会の報告(学校施設の地震対策等)
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今日の茅ヶ崎市議会は公共施設整備対策特別委員会でした。私は委員ではないので傍聴になるのですが、やはり茅ヶ崎市の取組について議員として聞いて議員活動に役立てないといけないので、委員ではなくとも傍聴です。

 1.学校施設の耐震化の経緯
   茅ヶ崎市は、他市に先駆け、平成19年度までに、市内の公立小中学校の校舎棟及び屋内運動場棟の耐震改修工事は終了しています(この点については、茅ヶ崎市が国の本格的な助成が始まる前に取り組んだことについては本当に評価すべきことだと思っています)。
     

   <経緯>
      小中学校耐震化  平成7年度より(H7 阪神淡路大震災)
        昭和56(1981)年の建築基準法の改正以前のもの、いわゆる旧耐震の学校施設が対象
      H19Dまでに対象となる全ての小・中学校の校舎棟及び屋内運動場棟の耐震改修工事は完了。
e0110824_17505792.jpg


 2.学校施設の再整備方針
    平成20年度より13年間で、20校の学校施設を集中的に大規模改修事業を実施
    概算事業費は、約78億円
     「公共施設整備・詩編計画(改訂版):平成23年2月策定」に位置づけ

    大規模改修の目的
     ・60年超でも劣化が進まないようにして長寿命化を実現する。
       →屋内防水や外壁塗装などでコンクリートの中性化を防ぐ
        ※茅ヶ崎市はコンクリート建築物の耐用年数を60年としています。
     ・既に大規模改修済の学校や新設校との施設整備面での学校間格差の解消

    実施状況
      前期6年(平成20年度~25年度)
       H21&H22   大規模改修工事完了 2校(浜須賀小・柳島小)
       H23        大規模改修工事の設計 2校(鶴嶺小・松林小)
        工事については
          鶴嶺小 H24~H26
          松林小 H24・H25

      残りの小学校10校、中学校6校の大規模改修工事は
        ・建築年数の古い順
        ・事業費抑制の視点から事業手法を見直す
        ・原則、仮設校舎を建設しない方法で行う
e0110824_187377.jpg


      概算事業費   合  計   約78億円(H20D~H32D)
        (内 訳) 
          国・県支出金   約14.4億円
          地  方  債   約40.3億円
          一 般 財 源  約23.3億円

 3.津波に対する学校施設の屋上利用の現状
    JR東海道本線より南側にある小・中学校は、小学校8校、中学校5校
     うち、校舎の屋上利用できるのは、小学校3校(西浜・東海岸・汐見台)、中学校2校(第一・松浪)
     しかし、汐見台小学校以外は、利用できる屋上面積が狭く、利用できる状況にはない

    茅ヶ崎市の学校施設の大半は、構造基準上、屋上について人が利用することを想定しない屋根になっているため、利用できず、屋上利用をするには、建て替えを前提とした検討が必要とのこと

 4.津波に対する学校施設の考え方
    神奈川県で公表している津波想定「神奈川県津波浸水予測図(素案)」によると、茅ヶ崎市が浸水により一番影響があるものは、「慶長型地震」による津波とのこと
    浸水としては、汐見台小のある地域で浸水の深さ 0.5~2m
      →学校施設の2F以上には達していない
    ※市内の学校施設すべてにおいて大きな浸水は予想されていない         
        
      <学校施設の浸水の可能性>
        汐見台小:0.5~2m 一番浸水する
        東海岸小:グランドまで
        第一中 :グランドまで
        緑が浜小:ギリギリ浸水しない

   ただし、まだ素案段階での確認で詳細が分かっていない。3月には神奈川県より確定版が出るので、それで、分かるようになる模様です。


神奈川津波浸水予測図 茅ヶ崎が最も浸水するバージョン「慶長型地震」
 
e0110824_182534100.jpg
 
e0110824_18261262.jpg
 

 茅ヶ崎市議会議員 海老名健太朗  
    
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2012-01-16 18:27 | 公共施設特別委員会
2011.07.25 公共施設整備対策特別委員会(市の市役所建替えの検討状況)
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。
 
 今日は、茅ヶ崎市議会で統一地方選挙後、初めて行政側から公共施設整備についての見当の進捗を聞く公共施設整備対策特別委員会でした。私は、所属委員ではないので、傍聴という形でした。

 今回の議題は、「茅ヶ崎市役所新庁舎の基本計画(素案)の検討状況」についてでした。

 この前の市長選挙においては、市役所本庁舎について建替で整備を進める現職が当選をしました。というわけで茅ヶ崎市としては、新庁舎=建替えの基本方針を採っています。

 ただ、2011年3月11日の東日本大震災を受けていろいろと検討することもあり、この震災前において、基本計画を6月にはということで、茅ヶ崎市は繰越を行っているのですが、まだできていないことを含めての検討の報告でした。

 茅ヶ崎市としては、「茅ヶ崎市役所新庁舎基本計画(案)」をできる限り早く完成させたい(ただ時期については、明言できない模様)との意向で、この基本計画の後、基本設計、実施設計を経て新庁舎建設となります。

 茅ヶ崎市としては、今回の震災を受け、「災害につよいちがさき」を掲げ
  「茅ヶ崎市役所新庁舎基本計画」に
    茅ヶ崎市防災対策強化実行計画
    茅ヶ崎市地域防災計画
    業務継続計画(BCP)の策定
を盛り込み、新庁舎については以下の要素を考えているとのことでした。

  地震対策:新庁舎には免震構造を採用(建設費用が10%UPが見込まれる)
  津波対策:低階層は、市民のふれあいプラザ化、業務関係は上の階に
   ※神奈川県より新たな津波の想定が出るのを待っています。
  集中と分散:新庁舎に消防本部と通信司令室を導入
        市民利用の多い業務を分散化

 「災害に強いちがさき」として、災害発生時にいかに初動体制をすみやかにとるのかということを主眼においているようです。

 災害としては、確かに発生時の対策もあるのですが、実は、発生前に発生した場合の被害を少なくするまちづくりの観点も必要です。茅ヶ崎市の場合、南部は火事が発生するとかなり広範囲に類焼する可能性が高いのが現実です。

 初動体制も重要ですが、まちづくりの視点としては、「減災」という視点のほうが実は有用なのではないかと私は思っていますが、この対応は、私たちのまちのあり方を根本的に変える部分もあるので、難しいのも現実なんだと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-07-25 20:31 | 公共施設特別委員会
茅ヶ崎市の市役所本庁舎建替えに向けた動きについて
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。茅ヶ崎市は、市役所本庁舎について建て替えを決めて進んでいます。

 基本計画策定について、9月議会で補正予算を組み(私は反対するも可決)、その後12月議会で年度内に基本計画策定が難しいとのことで、次年度に繰り越したい(繰越明許)という議案を出してきました。これについては、市役所本庁舎建替推進も反対(私も)それぞれの立場で反対しました。

 その後の動きとして、市民への周知が足りなかったことも繰越一つの理由であったということで、今後は市民への意見交換やワークショップを開催していくとのことです。

「茅ヶ崎市役所新庁舎基本計画市民ワークショップ」
e0110824_10372652.jpg


 申込制で行われるそうで、神奈川新聞(1月26日朝刊)では、市は、このワークショップは「建て替えを前提」で、建替えの是非を議論するものではないとのことです。

 ワークショップ参加者募集などについては、こちら

 基本計画に反映させるためだそうですが、記者発表で記者とのやり取りの中で、やはり年度内はかなり厳しい模様です。こちらがその記事です。
e0110824_10435040.jpg


 もう選挙も間近で、私としては選挙で信を問うべきではないかと思っています。ここまで迫る中、改めて問うべきだと考えます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-01-27 10:47 | 公共施設特別委員会
<告知>17日の公共施設特別委員会について
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。明日17日朝10時から公共施設整備対策特別委員会が開催されます。

 昨年12月の議会において、9月議会で茅ヶ崎市は市役所本庁舎の建替に進めていくための基本計画策定等の予算を計上し、議会を通過しました(私は反対しました)その予算をやはり3月までにはできないとのことで、繰越(次年度に使う形にすること)を提案しました。こちらについては、12月議会においてさまざまな意見がありましたが、否決になりました(私は、そもそも建て替えを反対しているので、繰越しようが、しまいが反対)。

 その後、庁内でさまざまな部会を作って検討を重ねてきたのですが、そこでの課題の多さや神奈川新聞で報道があったように市民への周知の問題などから間に合わないという形で12月議会という流れでした。

 17日は、茅ヶ崎市より公共施設対策特別委員会に対して、これまでの経過と今後の流れについて説明が行われる模様です。

 茅ヶ崎市の基本姿勢は、市役所本庁舎は建替で変わりありませんが、3月末までに
  ・職員対象のアンケート&意見交換会
  ・関係団体との意見交換会
  ・市民向けワークショップ 第1回2月13日(日)を開催。3月末まで4回開催

などを行っていくそうです。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
  
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-01-16 17:49 | 公共施設特別委員会
<報告>2010.9.24 公共施設整備対策特別委員会について
 茅ヶ崎市議”えびけん”海老名けんたろうです。昨日は、公共施設整備対策特別委員会でした。この特別委員会は、茅ヶ崎市が”耐震”を柱に、市内の様々な公共施設についての再編・整備についての進捗報告を受け、それに対して質疑を行う特別委員会です。
 ※何かを議決する性質のものではありません。

 今回、茅ヶ崎市が、その公共施設の対応についてまとめていた「公共施設整備・再編計画」について見直しを行い、議会に「公共施設整備・再編計画(改定版)」が提示されまし
た。その見直しについてとこの改訂版についての質疑が行われました。

<今回の変更点>
 ・各施設のデータを平成22年9月現在の最新のデータに変更
 ・再編対象区分を6つに
   (1)再整備完了した施設
   (2)機能を移転または複合化する施設
   (3)耐震補強及び設備改修工事などを実施する施設
   (4)現状のまま活用する施設
   (5)廃止する施設
   (6)行政拠点地区の再整備対象施設
 ・対象数が20施設であったが、「旧さつきホーム」がすでに解体済みのため19施設に
 ・学校給食共同調理場を利用している小学校3校を自校式にするため、完成後、施設は廃止
 ・小出支所、小和田公民館は耐震改修工事に併せ、設備改修などの老朽化改修工事も実施
 ・市役所本庁舎について事業手法をPFI方式から直接発注方式に、そして総合計画第一次実施計画に位置付け

 質疑で明らかになったことなど
 ・茅ヶ崎市の対応の優先順位は、Is値。Is値が現在最低なのは、市役所本庁舎の0.25
   ※Is値=0.25 阪神淡路大震災クラスで倒壊・崩壊の危険性大
 ・本庁舎建替の理由としては
   (1)本庁舎のIs値
   (2)本庁舎を災害対策本部と位置付けるため、必要Is値≧0.9
      →この値を満たすには、耐震は不可能、他の方法も検討するも建替
   (3)23.4万人の市民の個人情報の安全性の確保
  から判断
 ・建替費用について、建替時に免震も加えると、工事費がさらに10~15%UPの可能性
 ・茅ヶ崎市民文化会館について、当初平成23年度から大規模耐震改修と天井の改修工事を行う予定だったが、市役所本庁舎建替えとの関連で、大規模改修工事については、5年後で、平成23年度は天井の改修工事を行う。
   →この件については、昨年度に文化会館の大規模改修に関しての基本設計と実施設計に関して、すでに1.5億円の予算計上され、進められています。5年ずらすことで、現在進められているこの設計の一部が無駄にならないのかという問題があります(茅ヶ崎市の認識は、消防法とかが大きく変わらない限り無駄にはならない)。

 また、質疑の中で、茅ヶ崎市が公共施設に関する白書(9月議会で私が一般質問で提案)を発行していくという回答がありました。市民、議会で広く公共施設の在り方について議論するためには、やはり、市内の公共施設についての基本情報、コスト情報、利用率など、そして地域配置状況をまとめた白書が必要だと思います。1日も早い発行をと思います。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-09-25 11:53 | 公共施設特別委員会
明日の議会は、公共施設整備対策特別委員会&全員協議会
 茅ヶ崎市議”えびけん”海老名けんたろうです。明日の茅ヶ崎市議会は、公共施設整備対策特別委員会です。茅ヶ崎市において様々な公共施設において再編整備が進められてきています。

 茅ヶ崎市より、議会の特別委員会に公共施設の再編整備についての報告を受けます。

 その後、午後からは全員協議会が行われます。柳島スポーツ公園整備に関しての説明を受ける予定です。

 この特別委員会と全員協議会の間に、議会制度検討会も行われる予定です。議会基本条例についての条文案の確認です。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-09-23 19:51 | 公共施設特別委員会
2010.4 公共施設整備対策特別委員会
 午前中の全員協議会、定例行政報告会、議員互助会総会、議員野球部総会が終了後、午後から公共施設整備対策特別委員会でした。

 茅ヶ崎市役所本庁舎について耐震診断の結果、耐震性がとても低く非常に危険な状態であるというデータが出されました。特に、1Fと2Fが危険ということで、すでに分庁舎などに移動する形での対応がなされています。また、プレハブの仮庁舎の建設工事も始まろうとしています。

 本庁舎について、耐震性能を満たすものに補強すべく「耐震、免震、制震」についての検討が行われ、茅ヶ崎市として求める耐震性能を満たすには、免震で検討していくという報告を、前回の公共施設整備対策特別委員会では受けていましたが、今回、それからさらに茅ヶ崎市が検討を重ねた結果、建替えの方向でという話が今回の資料には掲載されていました。

 前回のブログは、こちら

 アドバイザー会議、庁内会議での検討を経て、再整備の方向を検討した結果
  茅ヶ崎市としては免震工法ではなく建替を選択するということでした。

 この件についての質疑の過程の中、委員からアドバイザー会議や庁内会議で、緊急補強的に免震を検討していく中、建替に変わった敬意を知りたいので、会議の議事録的なものをという資料要求がなされ、資料要求を受ける形で、資料提出の後に、後日改めて公共施設整備対策特別委員会を開催するということになり、委員会は散会となりました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-04-21 18:30 | 公共施設特別委員会
公共施設整備対策特別委員会
 今朝は、公共施設整備対策特別委員会でした。

 今回の議題は、茅ヶ崎市役所の本庁舎の耐震補強についての担当課の説明と委員からの質疑が行われました。私は特別委員会所属ではないので、傍聴です。

 茅ヶ崎市役所本庁舎は、耐震診断の結果、Is値0.21と非常に低く、大規模地震に対して非常に危険な状態にあります。
  ※3月26日リニューアルオープンの屋内温水プールは、Is値0.26
  ※Is値は、1.0に近づくほど大規模地震に対して耐性があるというもので、阪神淡路大震災などの大規模災害において、0.6以上だと、ほとんどが倒壊せず、0.6未満で低いものほど倒壊していたということだそうです。

 茅ヶ崎市役所は、大規模災害時の災害対策本部として位置づけられていることから、その機能を果たす上でも求められる理想のIs値は、0.9以上ですが、市としては建替えまでの間の安全確保として、Is値を0.75以上でと検討する必要もあると考えているそうです。この前提に立ち、複数の工法について検討を行ったとのことでした。

 在来工法(耐震補強)
   Is値≧0.6  補強可能
   Is値≧0.75 補強可能 しかし事務室が狭隘になりすぎて使用困難になるため、採用不可
   Is値≧0.9  補強困難かつ事務室狭隘で使用困難 採用不可

 制震工法
   Is値≧0.6  補強可能
   Is値≧0.75 補強可能
   Is値≧0.9  補強困難かつ内部に制震装置設置のため利便性や機能低下 採用不可

 免震工法
   Is値≧0.9  基礎免震・・・補強可能 敷地形状から考えると工事施工が困難
   Is値≧0.9  中間層免震・補強可能 建物形状から免震装置設置場所により機能と利便性に影響

という検討から
  0.9以上を目指す場合は、免震しかないということでした。ただ免震については、年数が4~5年と一番かかり、かつ経費も一番かかることからどうするのか検討しなければならないとのことでした。

 在来工法
  Is≧0.6 鉄骨ブレース補強            工事費 7.7億円 設計1.5年 施工2.0年
  Is≧0.6 新設外付架構+鉄骨ブレース補強  工事費14.1億円 設計1.5年 施工2.5年

 制震工法(増幅機構付油圧ブレース補強)
  Is≧0.6  工事費13.7億円 設計1.5年 施工2.0年
  Is≧0.75 工事費20.4億円 設計1.5年 施工2.5年

 免震工法
  Is≧0.9 基礎免震   工事費39.6億円 設計2.0年 施工3.0年
  Is≧0.9 中間層免震  工事費・・・概算依頼中 設計2.0年 施工2.5年
 
 ※この中間層免震について工事費概算依頼中なのは、この本庁舎緊急対策についてのアドバイザー会議を設置し、アドバイスを求める中で、出てきた提案で、それを受けて市として検討しているとのことでした。

 また、この耐震対応以外にも、庁舎内ですでに耐用年数経過にもかかわらず、改修されていない電気設備、機械設備、空調設備等の大規模な改修工事も必要であり、それには約7.0億円かかるとのことです。

 茅ヶ崎市役所の耐用年数は60年(現在、築35年を経過)で、今回の対策で、耐用年数が延びることはないとのことでした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-03-16 16:20 | 公共施設特別委員会
公共施設特別委員会研究会
 特別委員会の後は、研究会が開催されました。研究会を傍聴しました。

 議題は
  「今後の厳しい財政状況の中で、公共施設整備・再編計画を総合計画においてどのように実現していくのか」
というものです。

 総合計画でもすでに財源不足での作成となっているがどうなっているのかについて、茅ヶ崎市側からは、3ヵ年の実施計画の策定時や、毎年の予算編成において、圧縮して均衡を計りたいとのことでした。

 公共施設再編整備については、公共施設再編基金を積み立てて行うことになっているが、法人市民税が今回の補正予算でも-8億円というかなり厳しい現実の中、積み立ては可能なのかや、実際に積み立ては難しくなり、基金も整備の中で使い果たしてしまうので、一般財源を投入することになるのではないか
 
 といった指摘に対しては、総合計画の第一次実施計画において、やらなければならない事業の優先順位付けをし、見直しや凍結も考えなければならないとのことでした。

 これまで特別委員会では、施設の整備について議論が集中していたことについて、施設については整備後のメンテナンスなどのランニングコストについても、財政運営で加味していかなければいけないといった指摘や、整備することにより、ランニングコストがどれだけ軽減されるのか?人件費もどれだけカットできるのか?サービスがどれだけ向上できるのかといった面も市民に広く伝える必要があるということの指摘もなされていました。

 本庁舎について、市が建替の方向性で検討する中、今回のように建替までの耐震というのでは、二重投資の批判もあるのではということについて、茅ヶ崎市としては理解を求めたいということでした。
 
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-09 18:50 | 公共施設特別委員会
公共施設整備対策特別委員会
 今日は朝から公共施設整備対策特別委員会でした。「公共施設整備・再編計画」整備プログラムの見直しについての説明がなされました。

 見直し案作成は、当初、平成21年9月末(すでに超えています)
 これを、平成22年5月下旬に完了させることに変更

  ※平成21年8月の本庁舎の耐震診断速報値があまりに悪かったため(1FのIs値<0.3)緊急対策が必要となり、それを含めた整備プログラムの全体的な見直しを行うこととなりました。

 見直しの視点
  厳しい財政状況
  (12月補正予算において法人市民税において-8億円など)
  最重要事項として
   安全・安心のまちづくり
   次世代育成
  この部分を除き、個々の事業の見直しを実施
  見直しについては、事業規模・時期・事業費・手法等を再検証
  延期や凍結の場合は、市民の日常生活に大きな影響を与えないように努める。
  耐震性の課題が大きな本庁舎の安全性確保の緊急対策は優先実施
  次の2つは、平成22年度に予算化を検討
   (仮称)中海岸・共恵地区地域集会施設及び保育園整備
   (仮称)鶴嶺西地区複合型地域集会施設整備
  次の2つは、引き続き事業実施
   (仮称)緑が浜第二小学校整備
   柳島・浜須賀小学校後者大規模改修

 とのことでした。

 ちなみに、この総経費は、この整備プログラム策定時から現在の段階で、34億円増加している状況です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-09 18:34 | 公共施設特別委員会


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧