茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
カテゴリ:本会議( 92 )
一般質問:いじめ防止プログラム「スクール・バディ」活動について
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。
 
 今日の日記は31日に私が一般質問をした4つ目の項目、いじめ防止プログラム「スクール・バディ」活動についてです。

 湘南DVサポートセンターという団体が、小中学校におけるいじめをなくすべく取り組んでいるプログラムです。

 このプログラムの核となるのは、大人たちがではなく、参加した小中学生たち自らがいじめなくそうと、未然に防ごうと、そして見つけようと後に活動=スクール・バディ活動を行うことにあります。

 いじめ防止プログラムについては、こちら

 小中学校の5時間を使って、一連のプログラムをこなしたのち、小中学生たちが活動することになります。

  まずは、講演で、いじめ防止プログラムのオリエンテーションで、ここでは小中学生だけでなく、保護者や自治会・民生委員等の地域の大人にも参加していただく形で、いじめ防止には、家庭・学校・地域の協力が必要であるという共通認識の醸成を図ります。

 続いて、4回のワークショップとして
   1:「いじめは許さない」
   2:「加害者の風景」
   3:「大切な自分」
   4:「伝えよう、いじめ防止」
 これらを全5時間のプログラムを通して、小中学生たちが、暴力を使わずに対立を克服する方法や、自分も他人も大切にすることが暴力防止につながることを学び、いじめに向き合い、傍観者にならず、いじめ防止の行動である「スクール・バディ」活動を起こせるようにしていくものです。

 いじめ防止プログラム図は、こちら
 プログラムの内容は、こちら スクール・バディ活動は、こちら
 藤沢市では中学校においてこのいじめ防止プログラムが実施されているとのことです。

 いじめについては、親・先生を中心に地域の大人もその発見と防止に努めるべきで、学校でもアンケート調査なども行っていることも知っていますが、アンケートで必ずしも小中学生たちがいじめの現実を答えるとも限りません。実際に、そういった声もあります。

 おそらく、一番身近な小中学生たちのほうが、いじめをわかっている場合もあります。そういった意味で、このプログラムは効果があると思います。

 また、いじめについては、ふざけるとか、からかうというのも実は該当する可能性があります。テレビ番組等で、お笑い芸人などがいじられ、おもしろおかしく笑われていますが、あれは、ある意味仕事(お金をもらっている)としてやっているからであって、現実、対等な関係で仕事でない状況下では、いじめに該当する可能性があるのではないかと私は思っています。

 いじめ防止プログラムでは、小中学生が、「ふざけただけ」「からかっただけ」といった行為も実は相手を傷つける可能性を学び、自分自身や他者との人間関係について考え、ワークショップを通して自尊感情を高めることを学び、暴力によらないコミュニケーション方法を身につけられるよう組み立てられています。

 こういったことを小中学生のうちに学び、いじめはだめだという認識と、具体的な実践活動を行う子ども達を育成することは、その子ども達が大人となっていくことで、よりよい社会が実現することにつながるのではないかと私は思っているので、ぜひ、このいじめ防止プログラムを茅ヶ崎の小中学校でも採用していただきたいと思って、提案いたしました。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-09-02 22:06 | 本会議
二日目の一般質問より 給食食材の産地公表と放射線量測定について
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。
 今日も昨日からに引き続いての一般質問です。今日は放射線量測定関係などの質問が多かったです。個人的には行政のやっていることだけの確認の質問に終始して、そこから突っ込まない形のものについては正直げんなりしてしまうこともありますが、注目のものについて書きます。

 もともと放射線量測定について、個人的にも、また、会派としても申し入れ等の活動をしておりましたが、今回の一般質問は、保育園・小学校の給食の使用食材についての放射線量測定についてでした。

 ちなみに、茅ヶ崎市においては、保育園・小学校ともに使用食材について、予定と実績の公表を行っています。

 保育園の給食食材の使用食材の産地公表については
  ・毎月翌月使用予定の食材をHPで公表
  保育園の使用食材公表は、こちら ※公立保育園は8月4日~私立保育園も8月上旬~公表

  ・給食だよりで保護者にも公表
 この食材測定については、茅ヶ崎市としては難しいとの判断の模様です。
  理由としては、
   ・保育園の食材は毎朝納品を受けているので、それから計測するのは実務的に困難であること
   ・日ごろから地産地消を心がけ、県内産については県HPで安全確認、県外産については、産地や卸売市場での測定されてること
   ・厚生労働省のHPでも食材の安全確認をしていること

  といったことで、国・県の動向を注視しつつ、現在のところ計測は困難であるとの見解のようでした。

 小学校の給食食材の使用食材の産地公表については
   ・6月に7月分の使用食材の産地を公表
   ・8月に4月~7月分の使用食材の実績としての産地公表
   ・給食ニュースで保護者党にも公表
     小学校の使用食材公表は、こちら
   ということでした。
   小学校も当日朝に納品であること、小学校ごとの納入のため各小学校で計測をしなけれあならないことなどから難しいと判断しているとのことでした。
   文部科学省からも計測などについての指示はないとのことです。
   こちらも食材については、厚生労働省の情報を注視していきたいという回答でした。

  基本的に、食材の産地公表は小学校・保育園ともに取り組んでいくようですが、食材の放射線量測定は、実務的にも困難であること、国からの指示もないこと、県内産は県HPで、県外産は産地や卸売市場等で測定されているとの認識と厚生労働省HPで確認していることから、行わないと判断しているようです。
 
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-09-01 18:17 | 本会議
一般質問 被災地転入小中学生のケア(ピアカウンセリング)について
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今日から茅ヶ崎市議会は平成23年度第3回定例会、いわゆる9月議会が始まりました。茅ヶ崎市議会は一般質問から始まります(議会によっては常任委員会が先のところもあります)。

 本日は6名の議員が一般質問に立ちましたが、私も4番目に質問をさせていただきました。今回は以下の4つについて質問をいたしました。

1 新たな海・浜のルールづくりについて
    ・漁業とレジャーの共存共栄を目指して
2 公共施設のエレベーターへの水や食料の設置について
3 茅ヶ崎市に転校してきた被災地小中学生のケアについて
    ・人数の把握
    ・被災者同士だからこそできるケア
 4 いじめ防止プログラム「スクール・バディ」活動について

 3.茅ヶ崎市に転校してきた被災地小中学生のケアについて
 東日本大震災・福島第一原発事故の関係で、茅ヶ崎市にも被災地から小中学生が転入してきています。現在合計で17人いるそうです。

 茅ヶ崎市は、3.11以降その転入小中学生その世帯の支援として国よりも先駆けて就学援助をその3月中から実施していたそうで、その点については非常に評価したいと思っています。精神的ケアについても配慮していただけることもわかりました。
 
 実は、高校生の転入支援の団体の方と話す機会とその活動のサポートをしているのですが、そこで、やはり福島県双葉町などから神奈川に転入するととにかく都会すぎて困ってることや、供していた思い出について語り合いたいということを聞きました。また、同じく被災した人たちにも役立ちたいということで「SDCハート‐願いを叶える会‐」を立ち上げて、被災した高校生や中学生の支援として、住んでいる地域を知ろうということで湘南ツアーなどを企画して行動しているそうです。
 
 被災者同士のピアカウンセリングというのは必要だと思っています。今回の神奈川県内への転入は本当に特殊な理由で、臨んだわけではなくどうしようもないためにある意味強制的ともいっていい状況での転入ゆえに、住んでいたことを思うピアカウンセリングは必要だと思います(中には、心的外傷等で逆に忘れているか考えない、思い出さないようにする方もいることは認めます)。

 ということで、今回その団体を一般質問で紹介させていただき、できれば、被災地転入の小中学生やその保護者に紹介していただきたいことを提案させていただきました。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-09-01 00:46 | 本会議
本日一般質問でした。まずは「新たな海・浜の利用ルールづくり」について
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今日から茅ヶ崎市議会は平成23年度第3回定例会、いわゆる9月議会が始まりました。茅ヶ崎市議会は一般質問から始まります(議会によっては常任委員会が先のところもあります)。

 本日は6名の議員が一般質問に立ちましたが、私も4番目に質問をさせていただきました。今回は以下の4つについて質問をいたしました。

1 新たな海・浜のルールづくりについて
    ・漁業とレジャーの共存共栄を目指して
2 公共施設のエレベーターへの水や食糧の設置について
3 茅ヶ崎市に転校してきた被災地小中学生のケアについて
    ・人数の把握
    ・被災者同士だからこそできるケア
 4 いじめ防止プログラム「スクール・バディ」活動について

 まずは、「新たな海・浜のルールづくり」についてです。
 茅ヶ崎市には茅ヶ崎海岸についての「茅ヶ崎 海・浜のルールブック」が平成14年に作成されています。
 様々な団体がかかわって作っているのですが、URLから見ていただくとわかるとおり、水上バイクと漁業の関係がメインになっています。
 「茅ヶ崎 海・浜のルールブック」は、こちら
 また、その10年の間に、本当にさまざまなマリンレジャーやマリンスポーツが生まれており、改めてこのルールを改定する必要があるのではないかと思い提案いたしました。
 
 ルール改定の前に、茅ヶ崎海岸を使っているさまざまな団体へのヒアリングやルールの検証が必要ですが、これらについて、茅ヶ崎市だけでなく、茅ヶ崎海岸グランドプランの策定から、NPO法人海岸づくり推進機構とともに各種団体に関わっていただき進めていくべきであると思っています。

 このルールについては、浜辺の利用としてBBQも含めて考えるべきであると思います。茅ヶ崎海岸でBBQについては、どこが禁止でどこでできるのかについて、市民や利用者の間で情報が錯そうしている現実があります(本当は、漁港西側とTバーのウッドデッキが禁止)。
 この禁止区域とそうでない場所の整理と、そうでない場所についてもゴミや使用済みの炭の砂浜埋め込みなどの問題もあります。
 BBQについても、日本BBQ協会というBBQ文化やマナーを広めようと考えている団体もあり、茅ヶ崎エリアにも湘南支部があることから、そういったところも含めて検討すべきと考えています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-08-31 23:59 | 本会議
9月議会の陳情一覧
茅ヶ崎市議のえびけんこと、海老名けんたろうです。

この8月31日から茅ヶ崎市議会の平成23年第3回定例会が開催されます。

6月議会からの継続は1件(6月議会終了時点は2件でしたが、うち1件が取り下げて表現等を変えて提出)

継続 1件
相模川の水上バイクの騒音に関する陳情

新規8件
地球防衛宣言及び戦争のない世界実現の為の陳情
市立小中学校に特別支援学級を設置することに関する陳情
地域医療の守り手の経営基盤『医業税制』の存続と診療報酬への消費税ゼロ税率を求める意見書の提出を求める陳情
地方消費者行政を充実させるため、地方消費者行政に対する国による実効的支援を求める意見書を政府等に提出することを求める陳情
放射性物質による内部被爆から子ども達を守るための方針を明らかにすることに関する陳情
放射性物質の食品検査に向けた体制づくりの検討に関する陳情
漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置に関する国への意見書の提出に関する陳情
市役所建て替えの住民投票実施に関する陳情

などです。

市役所建替えに関する住民投票を求める声が今度は市民から陳情という形で提出されているのが注目だと思います。あと、やはり茅ヶ崎でも放射性物質や放射能汚染を危惧するこえがあり、これらから子ども達を守ってほしいという形で2件陳情が上がっているのも注目だと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-08-21 22:56 | 本会議
一般質問より 柳島の下水処理場の焼却灰について
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。
 
 今日も茅ヶ崎市議会は一般質問で6名の議員が質問に立ちました。その中で相模川流域左岸処理場(茅ヶ崎市柳島)の焼却灰について、放射性物質が検出されたのちの管理・保管についての神奈川県の対応についてのやりとりが行われました。

 通常、焼却灰は、コンクリのためにセメント会社が使っていたんだそうですが、今回の検出を受けて、どうやって処理するのかの基準が国から示されていないとのことで、処理場で保管するも、すでにいっぱいの状態ということで、現在は、大型土嚢につめて、下にビニールシートを引き、その上にのせ、上から飛散防止のためにブルーシートをかぶせて管理しているということでした。

 現時点では、保管しているだけということで、一日も早く国が処理基準を決めるべきであると思います。これは茅ヶ崎に限らず、神奈川県内各地の下水処理場、全国各地の下水処理場で発生していると思われるので、一日も早く決めないと、今の管理状態でも追いつかなくなる可能性があると思います。

 
 神奈川県の測定結果 1回目 こちら 神奈川県の測定結果 2回目 こちら 

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-10 18:09 | 本会議
茅ヶ崎市 放射線量の自主測定は行わない…
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。今日は茅ヶ崎市議会二日目の一般質問です。私は、二日目一番目の議員として質問をしました。他2名が質問を行いました。
 
 その中で、私も以前から担当課と話し合いをしたり、文書で正式に申し入れをしたりしていましたが、一般質問でも、校庭等での放射線量の自主測定についての質問が行われました。

 茅ヶ崎市の回答から書くと、
  茅ヶ崎市は自主測定は行わない
ということです。

 茅ヶ崎市のその理由としては
  ・神奈川県衛生研究所のモニタリングポストの数値から推定して問題ないとの考え
  ・簡易測定器は、誤差が生じやすく、精度が低いので、そういった数値で市民に混乱させたくない

というものでした。

<以下、その茅ヶ崎市の説明>
 神奈川県衛生研究所に大気中の空間の放射線量を測定するモニタリングポストがあり、ここで計測している。
  3月15日の0.182マイクロシーベルト/1時間を最高にして、多少上下動はあるも、減少しており、6月6日においては、0.050マイクロシーベルト/1時間であること

 仮に最高値の0.182マイクロシーベルト/1時間だとしても
   0.182×24時間×365日=1594.32マイクロシーシーベルト≒1.6ミリシーベルト/年
 1年間だと、1.6ミリシーベルトで、家や屋内にいる時間を考慮して低減係数(0.6)をかけ
   1.6×0.6=0.96ミリシーベルト/年

と、年間推定積算放射線量は、0.96ミリシーベルトで、年間1.00シーベルトより低いので、神奈川県の見解を借りると、健康に影響はないということでした。

 また、自主測定の簡易測定機について、消防本部などで消防災害時に使う簡易測定器は、放射線量が高いときにつかうもので、このような低い放射線量測定には誤差を生じやすいこと。
 原子力安全委員会においても、簡易測定器での測定は、向きによっても変わるし、人によってもかわり、精度が低い。
 
 衛生研究所のモニタリングポストは、精度が高いので、茅ヶ崎市としてはこの精度の高いものでいいと判断している。

 茅ヶ崎市としては、県内の市長会を通じて、神奈川県に緊急要望として、測定のモニタリングポストの増設や測定値の公表を求めているとのことでした。

 ちなみに、神奈川県衛生研究所のモニタリングポストは、地表5mの高さに設置されているのですが、地表に沈着したものも含めて測定できているということでした。

 神奈川県も、文科省の3.8マイクロシーベルト/1時間 以下なら問題ないという基準から、神奈川県内は、0.04~0.07マイクロシーベルトであるので、児童や生徒に影響はないと判断しているため、県から市町村に学校の校庭などの測定を指示することなどはないそうです。

 保育園の給食について、食材は地産地消を進めていて、県内産は県が放射線量を測定しており、他県産については、国の基準で安全を満たしたものが流通しているので安全であるという認識のようです。そして、このことについては保育園便りなどで親御さんたちにも伝えるそうです。

 正直、市民生活の安心・安全のためには、やはり近隣市のように、自主測定を決断していただきたいと思っておりますが、そうする気はないようなので、残念です。どうやって次は迫ろうかと検討中です。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-09 13:16 | 本会議
6月議会始まる。まずは一般質問
 茅ヶ崎市議”えびけん”海老名けんたろうです。
 
 今日から、茅ヶ崎市議会のいわゆる6月議会が始まりました。まずは、6名の一般質問がありました。

 その中でやりとりとしてあったのが、放射線量の自主測定についてでした。

 茅ヶ崎市としては、放射線量の自主測定を行わないとのことでした。
  理由としては
   簡易測定器:精度に問題があるので、そういったものを使って数値を出すと混乱させてしまう。
   衛生研究所:モニタリングポストがあり、こちらが測定の精度が高い。こちらの数値については、問題ない。
   
   測定した場合、数値についての基準がない。
   →茅ヶ崎市としては、この数値の基準作りを求めていくとの姿勢でした。

 ちなみに、放射線量の測定器
  消防本部 10コ
  市立病院 3コ
所持しているそうです。

 ただ、実は近隣自治体では、自主測定をしているところはあります。
 平塚市についての記者発表は、こちら
 大和市の放射線量測定結果については、こちら
 逗子市の放射線量測定結果については、こちら
 鎌倉市の放射線量測定結果については、こちら
 横須賀市の放射線量測定結果については、こちら

と各地で自主測定をしています。これらと連携を取って考えていただければと思うのですが、今日の一般質問に対する回答としては、市としては独自測定は行わないということでした。 

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
   
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-06 18:25 | 本会議
平成23年第2回定例会(6月議会)の日程決まる
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今朝は、私も所属する議会運営委員会で、ここで、今回の議会日程等についての話し合いが行われました。

 6月 6日 本会議:一般質問
 6月 9日 本会議:一般質問
 6月10日 本会議:一般質問
 6月13日 本会議:一般質問・先議案件審議・各提出議案趣旨説明&質疑&付託・報告

 6月16日 環境厚生常任委員会
 6月17日 教育経済常任委員会
 6月20日 都市建設常任委員会
 6月21日 総務常任委員会

 6月29日 本会議:各案最終審議(委員長報告)・報告

という日程です。私は9日の一番目に一般質問をします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-05-27 19:39 | 本会議
議案の説明(人事、手当、新国道)
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 朝からさまざまな担当課が訪れて議案説明の連続でした。

 まずは人事案件について

 茅ヶ崎市の公平委員会について、3名の委員のうちの2名がこの6月末に任期が切れるとのことで、今回、その2名について延長したいということでの説明でした。
 公平委員会は、茅ヶ崎市では3名で構成されているそうで
  1名:弁護士 1名:経営者 1名:労働者
という形なんだそうです。

 続いて、手当や報酬に関しての条例改正についての説明を受けました。
 (1)産業医の月額報酬を60,000円から90,000円に増額
    長期休職者(※)へのサポートを充実させるため、面談回数や時間を増やしたことを理由に増額するとのことでした。
    これまでは、月1回2時間(年間12回)
    今後は、  年間18回、1回を4時間くらい
という形なんだそうです。現在も時間については2時間のところを4時間以上対応してもらっていたという経緯があるそうです。
    実際の面接は、一人1時間くらいはかかってしまうんだそうで、1回に3~4人くらい面談をしてもらっていた現実があるそうです。

    ※長期休職者は、15人くらい
    この産業医の対象は、市の職員、消防署、市立病院の職員なんだそうです。
    ※教職員は、担当が教育委員会で産業医のような制度はないんだそうです。「なんでもカウンセリング」で対応しているそうです。

  (2)看護補助員(正職員)の廃止に伴う同職種に支給していた特殊勤務手当の規定廃止
     リハビリの際の補助業務を行うことを目的にリハビリテーション科に配置されていたが、その科で補助業務がなくなり、他の業務を行うようになっていたので、廃止するとのことです。
     看護補助員に支払われていた手当
      ・感染症業務手当
      ・夜間医療等業務手当

 
 3つ目として、道路建設課より新国道に関しての補正予算の説明を受けました。
  新国道線の工事を進める中、埋蔵文化財調査行うのでその費用約5,900万円を計上するとのことでした。発掘調査自体は、茅ヶ崎市から文化振興財団に委託して頼むんだそうです。

  この発掘調査を進めながら、新国道歩道設置工事を進めていくとのことでした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-05-24 19:23 | 本会議


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧