茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
カテゴリ:常任委員会( 47 )
今日の都市建設常任委員会
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今日の茅ヶ崎市議会は都市建設常任委員会でした。私は所属ではないので傍聴

 議案 13件です。 すべて全員一致で可決です。
  市道路線の廃止 3件
  市道路線の認定 8件
  議案第51号 平成23年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第5号)所管部分
  議案第63号 平成23年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第6号)所管部分

でした。都市建設は市道の認定と廃止にかかわる案件(汐見台小学校の周辺道路)について現地視察を行い、その後、議案審議が行われました。

 議案第61号の2と議案第62号の1について、これが汐見台小学校東側の道路になるのですが、つきあたりの道路になるので、その安全性の確保についての確認などが行われました。
 防犯灯の設置や防犯カメラの設置を行って対応するとのことでした。

 議案第51号の平成23年度一般会計補正予算(第5号)所管部分について
  新国道街路事業費 約6,000万円(委託料として使用)
   内訳:一般財源4,600万円、国庫支出金1,400万円
   すでに議案説明を受けていましたが、埋蔵物発掘調査を行わなければならないための予算計上で、文化振興財団が市より委託されて、埋蔵物の発掘→発掘されたものの整理→報告書作成が行われるとのことでした。
   交差点の工事については、12月に着工し、4か月で完成予定とのこと

 議案第63号の平成23年度一般会計補正予算(第6号)所管部分について
  (仮称)柳島キャンプ場再整備事業費 1億円(工事請負費として使用)
    内訳:一般財源2,450万円 その他75,500万円
   
    今、市民の声についてのヒアリングを行っているが、その声については、宿泊棟建設部分(約5,800万円)のところに反映させていきたいが、反映させるにしてもこの5,800万円の範囲内で行いたいとのこと

    避難路の確保については、しおさい広場への避難通路を県に要望
    周辺のホームレス対策については、関係かと連携し、ホームレスと話し合いを持ち、立ち退きを求めていきたいとのこと
     
    自然エネルギーの利用について
     雨水の利用として、雨どいを雨水タンクにつなげて、貯めて利用
     ソーラー発電については将来的に考えたいとのこと

といった質疑が行われました。    

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-20 13:32 | 常任委員会
今日の教育経済常任委員会
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今日は私が委員長を務めさせていただいております教育経済常任委員会でした。

 教育経済常任委員会は、議案1件と陳情2件です。

 議案1件 全員一致で可決
  議案第51号 平成23年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第5号)所管部分
 
 陳情2件
  陳情第4号 市立小中学校に特別支援学級を設置することに関する陳情
  陳情第6号 神奈川県最低賃金改定等に関する陳情

でした。

 まずは議案について、教育経済常任委員会の所管部分は、
  防災対策強化実行計画推進事業費 約1,600万円
  内容としては、3月11日の東日本大震災などで、支援物資や避難所に提供した物資の補充的なことや、ひたちなか市に水を支援したが、今後も想定して購入しておくということでした。
 
 次に、陳情について
  陳情第4号 市立小中学校に特別支援学級を設置することに関する陳情
   茅ヶ崎市の設置率(H22)については、小学校33% 中学校23%
    ※ちなみに、神奈川県は9割とのこと つまり茅ヶ崎市は低いです。
   ただ、平成23年度に汐見台小学校に
   今後、平成24年度に中学校2校、平成26年度に小学校1校増設
   茅ヶ崎市としては、まずは設置率50%をめざして増設していくとのことです。

   結果としては、今後の推移を見守るということで、継続になりました。

  陳情第6号 神奈川県最低賃金改定等に関する陳情
   こちらについては、全員一致で可決しました。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-17 15:40 | 常任委員会
H23 2 環境厚生常任委員会の審議
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。
 
 今日から茅ヶ崎市議会は常任委員会での審議です。まずは環境厚生常任委員会です。
 議案4つと陳情1つ

 議案 結果:すべて全員一致で可決
  1.平成23年度茅ヶ崎市一般会計補正予算(第5号)所管部分
  2.茅ヶ崎市附属機関設置条例の一部を改正する条例
  3.茅ヶ崎市児童クラブ条例の一部を改正する条例
  4.指定管理者の指定

 陳情 結果:継続
  相模川の水上バイクの騒音に関する陳情(新規)

 議案の審議では
 1について
  補正予算の「公的介護施設等整備推進事業補助金」の内容についての質疑が行われました。
   約7,800万円
   認知症高齢者グループホーム&小規模多機能型居宅介護事業者の経費補助についてです。この7,800万円は、県からのお金で行われます。

 2について
  附属機関設置条例の一部を改正する条例
   対象:茅ヶ崎市予防接種健康被害調査会
   ここが、これまで予防接種法に基づく予防接種によるものと疑われる健康被害の調査等を行っていたのですが、それを、予防接種法に基づかない予防接種にまで調査対象を拡大するというものです。
   この予防接種法に基づかない予防接種とは、以下のものを指すそうです。
    子宮頸がん
    ヒブ
    小児用肺炎球菌

 3について
  香川第二児童クラブを設置するというものです。この条例改正の施行は、2011年11月1日

 4について
  共恵・中海岸地区に新たな地域コミュニティ施設&保育園の建設が進められていますが、この保育園について、公設民営の形で、指定管理者制度を導入しています。
  指定管理者を、社会福祉法人西久保福祉会にするというものでした。
  公募を平成23年4月1日~28日までの間行ったそうですが、募集は、1件のみとのこと
 
  延長保育
   午後6時~8時(市内の認可保育所は、午後7時まで)
  産休明け保育
   産後2か月から(市内の認可保育所は、6か月から)
  病後保育については、看護師を配備し、保育には保育士で対応していくとのこと

 これらすべての議案は、全員一致で可決されました。

 陳情については、質疑が行われましたが、エリア自体が平塚市ということもあり、今後平塚市の対応を見ていくなどの形で継続となりました。

 この継続とは、今後も常任委員会において、なんらかの結論が出るまでの間、審議の対象になりつづけることになるということです。  

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-16 17:56 | 常任委員会
明日からの茅ヶ崎市議会は常任委員会審査
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 明日からの茅ヶ崎市議会は常任委員会審査です。
 茅ヶ崎市議会は、4つの常任委員会で構成されています。
  ・総務常任委員会
  ・教育経済常任委員会
  ・環境厚生常任委員会
  ・都市建設常任委員会
です。
 16日(木)環境厚生
 17日(金)教育経済
 20日(月)都市建設
 21日(火)総務

という形で進行します。どの常任委員会も10時から開始です。
今回の常任委員会で大きなものとしては、3.11東日本大震災以降、職員の対応の中で見えてきた防災の課題について考え、実行するための「防災対策強化実行計画推進事業費」と「柳島青少年キャンプ場の神奈川県から茅ヶ崎市に移譲する上での整備に関する費用」などがあります。

 また、今回、早川議員と私が紹介議員となり、「地方議会議員年金制度廃止に伴う、公費負担を軽減することを求める請願」が、まずは、21日の総務常任委員会で審議されます。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-15 22:04 | 常任委員会
茅ヶ崎市議会の総務常任委員会(暴力団排除条例について)
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。今日は私が副委員長を務めます茅ヶ崎市議会の総務常任委員会でした。

 総務常任委員会の今回の議案は、補正予算がすでに茅ヶ崎市議会の初日に常任委員会審査省略で可決していたため、条例修正と条例新設のみの3本でした。

 その中で、茅ヶ崎市が神奈川県と連携する形で、暴力団排除条例を制定するとのことで、これが茅ヶ崎市議会に上程され、そして総務常任委員会での審議となりました。

 茅ヶ崎市の暴力団排除条例については、担当課の趣旨説明として、暴力団に対して地域社会としてNO!をということで、取り組んでいくということがありました。その趣旨は分かるのですが、実行があるかどうかが私は疑問でした。

 質疑として
  (質問)茅ヶ崎市内に暴力団事務所や暴力団員の数を把握しているのか

  (回答)市内に暴力団事務所はない。暴力団員については、神奈川県警は、神奈川県全体の人数を発表しているが、茅ヶ崎市内に何人というのは分からない。

  →これを見ると、暴力団員を排除するのは分かるのですが、それが誰かわからなければどうやって排除していいのかが分からないのではないかと思います。

  (質問)茅ヶ崎市自身が、暴力団や暴力団員に対し、給付金の交付や公の施設の管理にかかわらせないようにするとあり、茅ヶ崎市が行うことは分かるが、対地域社会との中での取り組むということにおいては、市、警察、住民どういった形で行うのか、協議体のようなものを作って、取り組んでいくことも考えているのか?

  (回答)地域の盛り上がりによっては、そういった合議体のような組織も考えていきたい。

 他の委員からも質問がありましたが、問題としては、暴力団排除条例はその思いはわかるのですが、暴力団が誰か分かるのか?分からない中で現実面において本当に排除できるのかということだと思います。

 茅ヶ崎市としては、神奈川県警に必要あれば問い合わせるとの回答もありましたが、この必要あればというのはどうやって判断するのか難しい問題だと思います。


 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議選は間近! 茅ヶ崎市議会議員海老名けんたろう  
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-03-11 12:04 | 常任委員会
明日からの茅ヶ崎市議会は常任委員会審査です。
 茅ヶ崎市議”えびけん”海老名けんたろうです。茅ヶ崎市議会議員選挙も近づいてきていますが議会も行われています。

 予算審査は今日終わり、明日からは常任委員会審査となります。

 8日(火)環境厚生常任委員会
10日(木)教育経済常任委員会
11日(金)総務常任委員会
14日(月)都市建設常任委員会

が開催されます。私の出番は、11日の総務常任委員会です。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-03-07 18:38 | 常任委員会
総務常任委員会 本庁舎建替絡みの補正予算繰越明許を否決
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。本日の茅ヶ崎市議会は、わたくしが副委員長を務める総務常任委員会でした。

 総務常任委員会には、補正予算関係の議案が2本、工事請負契約締結2本、工事請負契約内容の変更1本、そして、陳情1本が審査対象となりました。

 今回の最大の目玉は、補正予算議案の繰越明許議案です。

 9月に茅ヶ崎市議会は、市役所本庁舎建替の基本計画と地区計画策定の委託の補正予算を約1,400万円計上しました。私は建替反対の立場から、この補正予算に反対し、そして本会議最終日のこの予算を削除する補正予算の修正案に賛成しました。しかし、修正案は否決され、原案可決ということで、建替えに向かって大きく進んでいくことになったわけですが、12月に結局この9月の補正予算を年度内では使用できないとのことで繰越明許という形(今年はこの予算を使わず、来年持越しという意味)で、議案が提出されました。

 理由としては、
  ・庁内で、部長・課長・担当レベルなどで検討会議を設けて、検討してきたが、基本計画策定にあたって、まだまだ整理しなければならない課題が多いこと
  ・市民への周知、説明がまだまだ必要であるとのこと
ということでした。

 市民への周知について、市としてはあくまでも建替でということでの周知ということで、市民の意見の多くが建替え反対であっても、ぶれずに説明していくという回答をいただきました。

 また、委託については、コンサルに委託して、基本計画や地区計画の策定を進めていくんだそうですが、すでに11月8日に委託の契約は締結しているとのことでした。支払いについては、当初は今年度末3月でとのことでしたが、この繰越明許が認められると、それが来年度になるとのことでした。

 いろいろ質疑が行われ、採決については、9月補正予算を賛成した立場、反対した立場(わたくし)それぞれその理由は違いますが、総務常任委員会全員で否決になりました。わたくしは、そもそも建替ではなく、約80億円近くを、
   本庁舎の免震(40億)
   文化会館の大規模改修&耐震補強(40億)
との考えですので、そもそも存在を認めていないことから否決いたしました。

 中には、予算は認めるが今回のプロセスがおかしいので否決や、市役所本庁舎の安全性確保のため早急に進めるべきという意味での否決と理由は様々なでした。

 これら一連の議案の後、

 陳情「非核三原則の法制化を求める議会決議・意見書採択に関する陳情」の審査が行われました。これについて、私の考えです。

 現在核兵器がどんどんと広がっていこうとしています。北朝鮮だけでなく、すでにさまざまな国がうちうちには所持しているという話もあります。この核兵器の廃絶について、核兵器使用国であるアメリカのオバマ大統領が、2009年4月5日プラハで廃絶に向けた演説を行い、そしてその演説が評価を受ける形でノーベル平和賞を受賞しました。私は被爆国日本こそが、核廃絶に向け、積極的に取り組むべきであり、「非核三原則」を改めて世界に高らかに示すべきであると思います。その取り組みの一環として、この陳情には賛成することを決めました。

 ※オバマ大統領 プラハでの核廃絶演説要旨は、こちら

 結果から書くと、採択3 不採択4で不採択となりました。採択の2名(うち1名はわたくし)は、賛成理由を述べましたが、不採択側はその理由表明はなしということでした。
にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-12-09 16:22 | 常任委員会
総務常任委員視察2010 多賀城市その2 経営アドバイザー
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。今日は、総務常任委員会で多賀城市の視察でした。

 多賀城市での視察は以下の2項目
  1.行政評価制度の構築に向けた取り組み
  2.多賀城市地域経営アドバイザー&行政経営アドバイザー

 すでに1については、前の日記で書いているので、今回は2についてです。

 2.多賀城市地域経営アドバイザー&行政経営アドバイザー
  多賀城市は、
   平成18年3月 多賀城市集中改革プラン
   平成18年9月 緊急再生戦略構築のための取り組み方針
を策定する中、以下のことが急務であるとの認識に至ったとのこと
   ・迅速で確実な行財政改革
   ・行政経営システムの再構築
   ・地域経営に向けた新たなコミュニティ創成

  加えて、平成16年5月 「アウトソーシング推進指針」を策定し、指定管理者制度をはじめとするアウトソーシングに取り組んできたが、保育所の民営化で、相手方の破産そして辞退という問題が、発生し、アウトソーシングについてのリスク管理の強化が求められていた。

  また、地域経営の観点から、市民の参画と協働による運営が望ましいとする施設が多くあるも、行政独自の視点による管理運営体制が続いていた。

  そんな中、三位一体改革で財源が縮減される中、平成18年度経常収支比率が100を超えるという硬直化した財政状況に至ってしまった。

 ここで、「新しい公共」の形成が必要となり、そのためにあとバイザーが設置されることになった。

  地域経営に関するアドバイザーとして、「地域経営アドバイザー」が
  行財政経営に関するアドバイザーとして、「行財政経営アドバイザー」が
どちらも平成19年10月より、一人月52,500円という形で、非常勤ではなく、顧問弁護士のような形での契約でアドバイザーとしての関わりをしてもらった。

 もともと、多賀城市で職員の間に危機感があり、有志で勉強会を行い、その講師として招いたり、また、その方の勉強会に参加していた関係から、「地域経営アドバイザー」として、NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター代表理事の加藤哲夫氏にお願いしたとのこと

 「行財政経営アドバイザー」については、多賀城市が民間シンクタンクに人材派遣をした時の縁から、多賀城市にさまざまな形でかかわっていただいていた宮城大学名誉教授の天明茂氏にお願いしたとのことでした。

 両アドバイザーで、市民や職員に対す手の啓発活動の取り組みや、各種研修会の企画・実施をしてもらうなど幅広く使い、レベルアップを図っているとのことでした。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-10-26 23:05 | 常任委員会
総務常任委員会視察2010 多賀城市その1 行政評価制度の構築に向けた取り組み
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。今日から総務常任委員会の視察です。多賀城市→石巻市→花巻市の予定です。今日は初日で多賀城市に視察でした。
 
e0110824_221389.jpg

 視察項目は
  1.行政評価制度の構築
  2.地域経営アドバイザーおよび行政経営アドバイザー


の2項目です。多賀城市は、仙台市と隣接していることもあり、その住宅都市的な意味があるのだと思うのですが、人口は国勢調査ごとに確実に増加しています(茅ヶ崎市も市制移行、年単位で見るとずっと増え続けています)。そんな多賀城市も財政状況が厳しい中、「あれもこれも」から「あれかこれか」に転換しなければならないとの思いで、こういったことに取り組んでいるとのことでした。

 まずは、行政評価制度の構築について
 あらためて平成18年度から取り組みを開始し、まだ道半ばとのことでした。
 そもそもは平成10年度~取り組みを開始し、このときの第4次総合計画において行政評価制度導入を明言し、シートの作成や住民満足度調査をしていたそうですが、その手段(シート作成)が目的化してしまい、迷い中断したとのことでした。

 それが、平成17年の秋に、日本能率協会の行政評価研修を受け、なぜこれを導入し、どのように取り入れていくのかを再確認し、改めて取り組もうということになったとのことでした。

 それが、ある意味、第2期(平成18年度~ )の取り組みになります。
 平成18年度 各係1事業を対象(74事業)に対して行政評価を以下のサイクルで行う。
  Plan(目的・手段の企画) → Do(手段の実施)
    →See(目的達成度の評価・手段妥当性の評価→改革・改善) →Plan →Do →See

  また、この行政評価については、大きく分けて2種類あるが、まずは、「事務事業評価」に取り組むことを決めました。
     (1)施策・基本事業評価
        市全体でどうなったかを評価 部課長レベルの評価
        ・まちづくりがどれくらいすすんだのか?
        ・まちづくりの達成度を高めるためには、どの事務事業を優先すべきか?

     (2)事務事業評価
        担当職員レベル
        ・目的はまちづくりにつながっているか?
        ・成果をより向上させる方策はあるか?
        ・成果を落とさずにコストを削減できないか?

 (1)の「施策・基本事業評価」は、総合計画との連動が必要で、それがまだできるレベルではないこと、そして(2)の事務事業評価は、まず全職員が関わることから、この(2)を先に実施することを決めたとのことでした。

 事務事業評価の3つの視点
  (1)目的妥当性
      目的はまちづくりにつながっているか?
      税金を支出すべき目的か?
  (2)有効性
      活動に見合った成果が出ているか?
      成果をより向上させる方策はないか?
  (3)効率性
      成果を落とさずにコストを削減できないか?
      受益者負担は適正か?

ということで、平成18年度から取り組みを開始し、平成19年度、平成20年度と1サイクル1年半回してみて、平成29年度に事務事業評価を公表し、決算議会にも提出、また一般にも公開したとのことでした。

 この1サイクル(Plan → Do →See)と回してみてわかったこととして
  ・P→D→S よりも、D→S→Pの方が実際には適している。
  ・単年度事業は、このサイクルで動きやすいが、複数年かかるプロジェクトや建設事業にはなじみにくい。
   ※複数年度では、まだ進行中であるため、その年度ごとに区切ってサイクルを回せない
    建設事業は、完成後にその建設事業自身をやり直すことができないので向かない
     建設事業は、税を使うことの説明責任や進行管理が重要との認識

 また、1年半という1サイクルの中、法改正などで計画策定時の事業と実際にやっている事業が変わってしまっているケースがあり、それをどうするのか?もともとの計画なのか、それとも現実なのかという中で、目的を達する意味での内容変更であるため、現実を評価しようということになったそうです。

 今後は、800に及ぶすべての事務事業を対象にし、また、これまで取り組めなかったもう一つの評価(「施策・基本事業評価」)とまちづくり報告書を公表するうこと

 そして、予算についても、組織=部ごとの予算から、施策ごと(例えば、子育て支援など)に予算を配分していきたいとのことでした。そのために予算の単位を見直し、予算の単位を事務事業単位にしていくとのことでした。

 こういった取り組みもあり、10年前の第4次総合計画の基本計画は、何が成果となるのかわからない言葉だけの計画だったのが、今回の新たな第5次総合計画の基本計画では、現状値と目標値を設定し、具体的に検証可能なものにしたとのことで、本当にわかりやすくなっていました。

 まだ、道半ばということですが、改めてこれらの仕組みがほぼ完成したところで、また話を聞くことができたらと思いました。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-10-26 22:20 | 常任委員会
総務常任委員会にて本庁舎再整備事業費を含む補正予算を反対!
 茅ヶ崎市議”えびけん”海老名けんたろうです。今日は、私が副委員長を務める総務常任委員会でした。

 この総務常任委員会が終わるまでは、ブログに考えを書くのをやめていました。ブログは誰が読んでいるのか分かりません。書くことで私の手の内が漏れてしまう可能性もあるので、総務常任委員会までは書かないことにしていました。

 この総務常任委員会において、ついに市役所本庁舎建替の方向に大きく進んでいく予算の第一弾が、補正予算として挙がりました。基本計画策定などのための委託料という内容です。

 この補正予算について、私は反対に回りました。それは以下の2点についてです。

 1.周知の問題、「あれか、これか」の時代、単に市庁舎建替だけで判断すべきではない
 
 すでに様々な議員からも指摘が出ていますが、各地で説明会(当初6ヶ所でしたが自治会連合会の申し入れで12ヶ所に)も行われましたが、数人とか10人前後というような少ない出席者の中で行われていることや、パブリックコメントも多くの方の声が寄せられたわけではありんません。

 また、茅ヶ崎市は税収が落ち込んでいます(茅ヶ崎市だけに限りませんが)。恐らく景気回復の兆しが見えない中、来年度も税収は落ち込むでしょう。そんな中この市役所本庁舎が70億を超える事業費が掛かります。その影響は大きいといえます。実際に次期総合計画の第1次実施計画は、その中ですべてができる状況にはなく、すでに優先してやるもの、できたら、そして延期という選択を茅ヶ崎市はしようとしています。

 「あれも、これも」の時代ではなく、「あれか、これか」の時代において、市役所建替えも、市民への説明はその単体の説明だけでは不十分です。他の事業実施にも大きな影響を与えることを考えると、それらへの影響も含めて検討する。市民にも情報を提供して、その上で考えるべきだと思っています。

 2.3F以上の階層は建替え終わるまではそのままで特段の対策を考えていない

 本庁舎自体の危険性は、昨年度実施の耐震診断において、1Fと2F部分において、Is値<0.3というデータが出て、非常に危険なことは分かっていますし、その緊急対応として、1Fにある障害者福祉関係の部門を分庁舎に移転し、そして、今日より北側仮設庁舎に2F部門を移転させて対応してきました。1Fや2Fは、職員だけでなく一般市民の利用も多く、その安全性を確保の対応としては評価しています。しかし、その本庁舎が危険だと市は主張しているにもかかわらず、3Fより上の階は、移転もなく、そしてハード面については何ら対応しない(荷物を整理して荷重低減を図る程度)とのことでした。

 3F以上の大きさを満たすだけの移転先はないというのは理解できるのですが、市役所本庁舎は全体として一体であり、1Fと2Fの危険なままに3F以降は乗っかって業務しないといけないことは、職員にとっても、またそこを訪れる市民にとっても危険です。建替えできるまでの事実上の放置に近い状態は、危険性を主張することからはかけ離れています。

 最後に、来年4月には市長選もあります。正直私は、そこで争点として争う形で進めるべきではないか、そこで信を問うべきではないのかと思っています。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村

 茅ヶ崎市議会議員海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-09-21 22:55 | 常任委員会


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧