茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2008年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
今日の日記
 今日は朝から議会へ

 いろいろと書類の整理、その後すぐに左肘の骨折の経過検査で整形外科へ

 午後からは、まずは「開かれた議会をめざす会」のアンケート入力と漏れ等について市議会の議会事務局に確認を入れたり、議事録から集計作業を行ったりしていました。

 作業終了後は、この都市建設常任委員会視察の報告書作成を、私は向日市が担当だったのでその作成をして、担当職員に提出しました。

 その後、道路管理課にペデストリアンデッキについての確認や、一方通行の解除関係の報告、先週以来を受けた件についての進捗確認、OMOIYARI Villageについて中学校へ連絡、ユニバーサル音楽祭の出演者への連絡などなどをこなしました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-31 21:43
常任委員会視察 向日市
e0110824_21352195.jpg 常任委員会視察最終日は、京都府向日市です。北・東・西を京都市に囲まれ、南は長岡京市と、市域面積は西日本最小の7.67平方キロメートル(茅ヶ崎の5分の1)、人口は5.5万人、人口密度は茅ヶ崎市よりも多い7,180人(京都府内一位)という自治体です。もともとは向日町で、JRの駅も向日町駅と、”町”が駅名に入っています。市町村合併をせずに市制移行を果たしているとのことです。京都の桂川の右岸地域に位置しています。


 長岡京が、水害にも悩まされたことも大きな要因の一つとして10年くらいで遷都が行われたように、この桂川右岸地域全体は昔から水害に悩まされていたとのことでした。
 
 向日市は、その人口密度が茅ヶ崎よりも高いことが表すように、市街化率の進展が高いために、市域内での保水効果が減少し、毎年雨で床下浸水などの水害に見舞われていたとのことで、桂川右岸の地域(京都市・向日市・長岡京市・大山崎町)などでの地域としての対策や、向日市自身としての対策が行われているとのことでした。

 向日市自身としては、河川改修をしたかったが、市域が狭く、人口密度が高いように、河川改修を使用にもそのための拡幅のための用地買収がかなり困難なことや、事業が長期化してしまうこと、京都市との関係などから、さまざまな方法で貯留していく方法を採用したとのことでした。市道の下をシールド工法で掘ることにより通行の影響を最小限に抑えながら、そこの貯留管を通す形や、そのままより大きな川、そしていずれはちいき全体で取り組んでいる流域下水道雨水幹線(完成すると20万t貯留可能)につなげて流したいという意向があるとのことでした。

 それ以外にも、公共施設は浸透枡を設置、また民間の開発行為についても浸透枡の設置などを指導する形で17,000立方メートルの雨水流出抑制を実現するなどの努力を重ねてきています。

 現地視察として、石田川一号幹線とその幹線に貯留されている雨水を寺戸川に排出するポンプ場のある深田橋公園に行きました。

e0110824_21363431.jpg 石田川一号幹線の中を見せていただきました。深田橋公園はポンプ場設置に伴い再整備が行われ、その再整備にはワークショップにより市民の声が反映されたとのことで、ポンプ場とは言え、それらしからぬ普通の公園のようなたたずまいになっていました。こういった形での整備は、いろんな利用用途を付けることになるのでいいことだと思いました。

[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-31 21:37 | 視察・勉強
都市建設常任委員会視察 芦屋市
 今日は、都市建設常任委員会視察2日目芦屋市です。

 芦屋市は、前々回の統一地方選挙で兵庫県の県議会議員選挙を手伝って以来です。

 今回の視察項目は大きく分けて2つ

  ・震災時の下水道の震災復興事業
  ・芦屋市のまちづくり:六麓荘町地区地区計画区域

です。

 下水道について、芦屋市は下水道普及率&水洗化率は、19.3.31で100%達成、阪神・淡路大震災当時は、下水道普及率99.4%とのことでした。

 地震が発生すると、マスメディアでライフラインの普及についていろいろと報道がなされていましたが、このライフライン、実は下水道はライフラインに該当していないとのことで、知りませんでした。水道・電気・ガス・下水道では、下水道はライフラインではないので復旧が一番遅れてしまうということでした。

 下水道関係については、マンホールが沈下したり、地盤の水平移動により下水道管とのつながりがずれてしまったり、下水道管もずれたり、破損したりと、カメラなどで探っても分からない場合もあり、詰まってあふれだす形で対応せざる得ないところが多かったとのことでした。

 下水関係で、災害復旧は、総費用は約81億、管渠が約72億、処理場が約8.8億とのことで、この大災害の対応について、80%を国が、市は20%を負担する形(災害でなければ50:50)で行われたとのことでした。

 その後地区計画についての説明と説明後実際に六麓荘町地区へ

 芦屋市は、特別法の指定を受けている数少ない自治体で、「芦屋国際文化住宅建設法(S26)」が制定され、国際性と文化性あふれる住宅都市を目指すべくまちづくりを進めてきたとのことで、いわゆる工業系の地域はゼロ、商業系もJR芦屋駅周辺のみと、市街化区域はとにかく住居系ばかりです。
 
 六麓荘は、S3年から民間の開発が始まり、その地域住民で任意の建築協定を結び、町を守ってきたそうです(ちなみに、この六麓荘は、関西の本当にお金をもたれている方が住まわれるところです)。代替わりなどの中で、マンション計画が持ち上がり、それをどうにか話し合いで分譲住宅に変えることができたが、また、起こる可能性があり、建築協定は任意であるため、より強制力のある地区計画を、しかも最低敷地制限だけでなく、建蔽率も30%や、色彩や擁壁の制限などもあり、さまざまな制限を掛けた地区計画を実現しました。
 
 茅ヶ崎でもマンション問題が発生しますが、それを防ぐためとなると地区計画などがありますが、そのためには住民の合意が必要で行政側から一方的にやることはできません。また、制限することはその制限により不動産価値が下がる可能性もあります。逆にうまく制限を掛け、地域住民が行政と連動する形でまちづくりを進めれば不動産価値が上がる可能性もありますが、その効果が分かるまでには時間がかかるのではないかと思いますが、六麓荘町は、もともとがいわゆるお金持ちの方々が住むエリアであり、民間がそのレベルでの開発を行ったので、もとからの雰囲気をみなで守ろうということで進めることもできたんだと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-28 17:37 | 視察・勉強
都市建設常任委員会視察 東大阪市②
 東大阪市の市役所に着き、担当者から東大阪市の下水道事業全般と雨水排水対策(校庭貯留・流域調節池・増補管)などについての説明を受けました。

 東大阪市は、東西は、生駒山と大阪城のある上町台地に、南北は、淀川と大和川で四方を囲まれた盆地のような地形で、その中心を寝屋川が走り、多くの川も流れ込んでいる地のため、水害が多かったとのことです。そのため、下水道の整備は、水洗化率を高めるというよりも、浸水の対策として雨水をどのように排水するかから始められたとのことでした。ただ、その寝屋川を挟んで西は大阪市に合わせた、東は寝屋川流域での対策となるそうです。なぜ分かれてしまうのかというと、その雨水排水の見積もりの計算方法が異なるが故にそうならざるえないとのことでした。

 対策については、河川を広げるにも用地買収が必要であることなどから、貯めることで対応することを基本方針としているようで、市内各地に特に、校庭に雨水を貯める対策、すでに18校で実施済みで、今後も増やしていくとのこと、また河川氾濫対策として、東大阪市といえば、ラグビーの花園ですが、この花園の公園に恩智川の水をためることができるように対策をしているとのことでした。

 説明の後は、現地視察へ

e0110824_071725.jpg 盾津中学校の校庭を見学です。ここは30センチ校庭を掘り下げ、その分雨水を貯めることができるようになっています。作るのは下水道部でしたが、実はこの貯めて、排水するところにはどうしても校庭の土が貯まっていくことになるので、このメンテナンスが必要で、それは学校と下水道部で維持管理協定を結び、学校が管理するんだそうですが、やはり大変らしく、学校側としては、市にお願いしたいようでした。


 その後、ラグビーの聖地、花園の花園中央公園へ

e0110824_064266.jpg ここでは、恩智川(一級河川)が、雨で大増水したときにこの講演自体を遊水地として使うことになっているそうで、本当に最悪の場合は、ラグビー場の一つ(一番奥のゾーン)も遊水地になってしまうそうです。ただ、全体で32万㎥ためることのできるもので、昨年も一昨年も一番手前のゾーンまでが1回だけで、今年はまだないとのことでした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-28 00:08 | 視察・勉強
都市建設常任委員会視察 東大阪市①
 今日から都市建設常任委員会視察で関西です。基本的には雨水対策を中心とした項目を視察します。第一弾は東大阪市です。

 まず、資料で驚いたのは、市役所19階で説明を受けるということでした。19階!!です。驚きの高さです。どれだけ市役所大きいんや!って感じです。実際には22階建てとのことでした。

e0110824_23233330.jpg 5年前に立て替えられた庁舎で、とても綺麗かつ、いろいろ驚きのある庁舎でした。議場の見学もさせていただいたのですが、議員の質問、理事側の返答も議会事務局員がパソコンでタイミングよく操作することなどの装備の驚き。



e0110824_23245560.jpg どちらの席にも電気コンセントとLANが接続できるようになっていました。これも驚きです。 ただ、LAN接続できるようにしていますが、議場でパソコン使って調べたりできるのですか?と聞いたところ、できるけど誰も使ったことがないとのことで、先を見越して設置したということでした。うーーーん。宝の持ち腐れ・・・



e0110824_23261714.jpg トイレでも、トイレの横に良く分からないものが、とボタンを押してみると、液が吹き上がりました。なんとうがい液だそうで、うがいができるようにとの配慮でしたが、正直ここまで設備としているんかと思うくらいでした。かなり豪勢な設備・・・けどいるんかなーこの設備というのもありました。しかし立派です。東大阪市で一番高い建物とのことでした。

[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-27 23:26 | 常任委員会
昨日の日記
昨日は、まずはジャスコで行われているB玉ライブin湘南を見学、茅ヶ崎で次世代を担うミュージシャンを発掘、育成しようというイベントで私も一員として関わっています。

途中、文化会館の手芸展を見学し、またライブにもどりました。

その後、夕方は、また茅ヶ崎青年会議所の次年度の資料作りでした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-27 17:43
議会活性化等アンケート入力の続き
 今日も、「開かれた議会をめざす会」のアンケート入力作業を行っていました。今日は、まずは各市議会の未入力部分を整理し、それを各市議会HPで調べ、それでも分からない箇所については、各市議会の議会事務局に電話を入れて直接話を聞き、埋めていきました。

 判断が付かないところもあるので、それは会に投げて判断をお願いするつもりです。かなり片付いた感じです。

 他県の市議会を見ると、いろいろ見えるものがあり、楽しいです。たとえば、あたりまえのように思っている「議会だより」について、それを出していない市議会もありましたし、逆に議会での説明会を行っている市議会もありましたし、勉強になります。

 その後は、月曜日から都市建設常任委員会視察で関西です。視察項目についての資料は議会事務局から頂いていましたが、その他に、該当自治体の決算カードや財政比較分析表や歳出比較分析表をプリントアウトしました。行きの新幹線の中でゆっくり読もうと思っています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-24 20:58 | 議員活動
議会活性化等アンケート入力の続き
 今日も、「開かれた議会をめざす会」のアンケート入力作業を行っていました。今日は、まずは各市議会の未入力部分を整理し、それを各市議会HPで調べ、それでも分からない箇所については、各市議会の議会事務局に電話を入れて直接話を聞き、埋めていきました。

 判断が付かないところもあるので、それは会に投げて判断をお願いするつもりです。かなり片付いた感じです。

 他県の市議会を見ると、いろいろ見えるものがあり、楽しいです。たとえば、あたりまえのように思っている「議会だより」について、それを出していない市議会もありましたし、逆に議会での説明会を行っている市議会もありましたし、勉強になります。

 その後は、月曜日から都市建設常任委員会視察で関西です。視察項目についての資料は議会事務局から頂いていましたが、その他に、該当自治体の決算カードや財政比較分析表や歳出比較分析表をプリントアウトしました。行きの新幹線の中でゆっくり読もうと思っています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-24 20:58 | 議員活動
23日の日記
今日は昨日に引き続き、開かれた議会を目指す会の全国市議会のアンケート調査の打ち込み作業。私は三重県、長野県、佐賀県の市議会を担当しています。一通り入力終了ですが、入力漏れなどがあったので、明日から電話連絡です。

午後からは、サポセンでユニバーサル音楽祭の打ち合わせ、出演者のすりあわせを行いました。

夜は、茅ヶ崎青年会議所の次年度総務委員会

新年式典や新年総会などについて、まだ続いています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-24 00:17
福祉まつりに、市民フォーラムに
 朝から農協へ

 茅ヶ崎地区社会福祉協議会の第24回福祉まつりに市議として参加してまいりました。

 地区の高齢者の方が、毎年集い、マジックショー、落語、日本舞踊などを楽しみ過ごされるそうです。

 午後からは、市役所7F大会議室でへ

 「行政拠点地区の再整備と新たな市役所のあり方を考える」

と題した市民フォーラムに参加してまいりました。

 まずは、行政側より施策説明「茅ヶ崎市公共施設整備・再編計画の概要(平成20年3月策定)」「行政拠点地区の再整備」がなされました。

 その後、パネルディスカッション??でした。

 行政拠点の再整備については、「新たな市役所本庁舎複合施設のあり方市民検討提案会議」と「茅ヶ崎市行政拠点地区再整備事業手法検討会」があり、今回そのそれぞれの会から2名の方がパネリストとして出られていました。
 
 それぞれの2名の方から、各会の検討内容などの発表がなされました。

 その後休憩が挟まれ、休憩中、パネリストの発表を聞いた聴衆側からの質問が集められ、パネリストの方々が自らの部分に該当する質問について回答していくという形で行われました。

 パネルディスカッションというと、パネリストの意見交換があるのかなーと思いましたが、どちらかというと発表会という感じでした。

 しかし、かなり活発な意見交換がなされているようで、特に市民提案会議はすでに5回行われているとのことで、どんな意見が出ているのか知りたいと思いました。
 
 その後、市民の方から先日相談を受けたことについての調査やヒアリングをしていました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-10-19 21:07 | 議員活動


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧