茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2008年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧
神奈川県下白門会
 今日は午後から川崎へ

e0110824_23301814.jpg 川崎日航ホテルで開催された
  「第8回中央大学学員会 神奈川県下合同白門会」

に茅ヶ崎白門会として出席してまいりました。

 神奈川県下には、中央大学のOBとOGで結成された支部と白門会がいくつかあります。横浜支部、川崎支部、藤沢支部、逗葉白門会、茅ヶ崎白門会、平塚白門会、小田原白門会。そして相模原大和で白門会が結成されようとしています。


 今回は、川崎支部が担当で合同白門会が開催されました。茅ヶ崎も過去に既に行っているとのことでした。

 式典の記念講演は、中央大OBで日本テレビ箱根駅伝解説者
  碓井哲雄先輩
で、「箱根駅伝」を題材で話をしていただきました。中央大学も箱根駅伝に力を入れるべく、駅伝部員専用に寮を作り、選手集めを行って強くしていくとの事でした。しかし、今やブランド(伝統)だけでは学生が集まる状況ではなく、新興勢力も含めた形でのさまざまな面での条件闘争になっているとのことでした。もはやプロスポーツ顔負けという感じでした。

 講演の後は、懇親会

 他の白門会の方とも話をして過ごさせていただきました。

e0110824_2331756.jpg 現役の応援団もやってきていて、中大節の実演や、校歌・応援歌を応援団の太鼓に合わせて歌いました。伴奏なしで応援団の手拍子と太鼓に合わせて歌うのもまた質実剛健な感じでいい感じでした。


e0110824_2331516.jpg 最後に川崎支部でプロボクサーとして活動をしている臼井さんが挨拶をしました。大学卒業後もアルバイトをしながらプロボクサーとして戦っているとのことで、日本バンダム級1位となり、ついに日本チャンピョン戦に挑むとのことでした。応援したいですし、ボクシングを見る楽しみが増えました。

 来年度は、小田原白門会が担当されるとのことでした。

 川崎支部の皆様お疲れ様でした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-15 23:32 | その他
予算要望提出・議案説明・議会制度検討会
 今日は朝から議会へ

 まずは、10時から市長室へ

 正式に市長・副市長などに対して予算要望を提出し意見交換を行いました。今年度は私自身は、市の補助金制度について、一度ゼロベースでクリアにし、外部委員会を入れて、申請させて、その必要性を検討することをお願いしました。補助金の中にはすでに何十年も払われ続けているのではないかと思われるものがあると思います。それが実際に今の社会においてもその組織だけが担えるものであり必要なのかを考えなければいけないと思っております。

 たとえば、10年前を考えてみてください。恐らくNPOという組織がこれほどまでに公的サービスを担う存在になるとは考えられなかったと思います。今では本当に重要な役割りを担う法人格を持った組織になりました。補助金もそういったところに付け替え、社会的責任を寄りになっていただけるようにすべきではないかと考えています。

 次に、11時前くらいから12月議会の都市建設常任委員会正副委員長の議案説明を受けました。道路の認定と廃止議案の説明でした。廃止の一つだけ、うーーん、詳細を知らないといけないなーと思う案件がありました。それは委員長と共に現地に行きたいとお願いしました。

 昼食後

 議会制度検討会で、ここでは主に決算審査における事務事業評価実施に向けた試しの事務事業評価を行いました。行政側から5つの事業について豊中市の事業評価シートを基に行いましたが、年度としての目標が分からない故に評価できなかったり、そもそも広域行政関係で茅ヶ崎だけの取り組みではないので評価できないというものもありましたが、逆にそういった問題点が見えて有意義だったと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-14 23:18 | 議員活動
茅ヶ崎の農業を学ぶ ①
 今日は、茅ヶ崎市議会の有志で結成された「茅ヶ崎の都市農業を守る会」の第1回の勉強会でした。30名のうちの半数15名が参加しました。

 今回は、茅ヶ崎市農政課と農業委員会事務局の職員の方がいらして、茅ヶ崎の農業の現状などについての話がありました。

 茅ヶ崎市の農家(農業戸数)
  H 7年 総農家 817戸 専業農家 145戸
  H12年 総農家 746戸 専業農家 148戸
  H17年 総農家 688戸 専業農家 167戸
 
 農家数は減少傾向です。ただ専業農家はH12→H17で増加しました。この理由は、兼業でやっていた団塊世代が定年退職し、専業になったことによる増加が主な要因で、新規就労による増加ではないそうです。

 農地は、H17年 約320ha(H12年 約412ha)

 農家数の減少よりも農地数の減少率のほうが大きいという状態です。

 ちなみに以前書きましたが、カロリーベースでの自給率は茅ヶ崎市は2%です。ただこのカロリーベースというのは、曲者な部分があります。カロリーの高い作物を作った方がより高くなるというわけです。穀物類に転換すると同じ農地面積でもカロリーベース自給率は上昇することになります。といっても、2%は、やはり低いといわざるえにと思います。
 ※神奈川県のカロリーベース食糧自給率は、3%です。

 茅ヶ崎市の農作物の収穫量(トン数) ※H18年度
  1位:大根
  2位:ネギ
  3位:ほうれん草
  4位:カブ
  5位:小松菜

 神奈川県全体でみると、カブは2位で985トン(1位は横浜市の1010トン)※H17年度までは1位だったが、H18年度に抜かれた。

 ほうれん草は、3位(1位:横浜市、2位:藤沢市)

 茅ヶ崎の収穫物で神奈川県の神奈川ブランドとして指定を受けているものは、ネギ・ほうれん草・カブ・小松菜・トマト・ブロッコリー・きゅうり・ナスとやまゆりポークとやまゆり牛だそうです。

 畜産業については ※H18年度
  乳牛 11戸 470頭
  肉牛  2戸 940頭
  豚  4戸 1820頭
とのことです。

 茅ヶ崎市をカロリーベース自給率で、2%を神奈川県並みの3%にしようとすると、たった1%の上昇でも、野菜で行うと、1,000トン収穫量を上げなければいけないんだそうです。簡単に書くと、今のカブの収穫量985トンを倍にしなければいけないということです。大変です。

 これからも茅ヶ崎の農業について勉強していきたいと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-12 22:06 | 茅ヶ崎データ
今日の日記
 今日は朝から告別式

 その後は、はまけいの2月1日の総会等の会場の確認と、開かれた議会をめざす会の議会活性化等に関するアンケートの追加分の入力を行いました。

 茅ヶ崎では常任委員会の視察報告などは議長宛の文書で行うのですが、他の市議会では、議会だよりやら、全員協議会などで視察の報告が行われているということを知りました。確かに、情報を提供するのはそのほうがいいと思いました。

 私は長野県・三重県・佐賀県の入力担当です。各地域の市議会の運営状況をアンケートを通してみることができ、勉強になります。比較文化論ではないですが、比較してみると見えてくることがあるものです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-11 23:59
神奈川パナソニックファミリー会
 今日は、日中は茅ヶ崎青年会議所の次年度理事会の資料修正をし、その後は、横浜関内へ

 神奈川のパナソニックファミリー会の講演会と懇親会に出席してまいりました。講演会では、海老根靖典藤沢市長が講演をしました。藤沢を中心とした湘南地域の未来について語っていました。

 帰宅後、また次年度理事会の修正箇所があったので、その修正をし、それから「開かれた議会をめざす会」の追加データ入力処理を行いました。

 骨折で、ギブスをしている関係上、実は半そでしか着ることができないので、このごろの寒さが堪えます。寒いです。けど今週金曜日にはどうにかギブスとさようならの予定です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-10 23:16
予算要望と障害者とかかわるきっかけ講座
 今日、市長に対して会派としての予算要望を提出しました。昨晩からまとめをつくり、続きを控え室で行い、午後一番に提出しました。セレモニー的な手渡しは後日行うこととなりました。

 茅ヶ崎海岸・環境・福祉・道路関係・市民協働など30項目くらいださせていただきました。

 その後、分庁舎6Fコミュニティーホールにて「障がい者とかかわるきっかけ講座」に出席しました。

 身体障害の障害当事者、知的障害を支える方、精神障害のヘルパー事業を行っている事業所の方などが、日常生活について写真や映像を交えての説明がありました。特に身体障害の当事者の方は、自らの私生活(入浴、排泄関係、食事)を写真で出していることについては、本当に良く分かるんですが、とてもえらいことだとも思いました。

 障害について、やはり多くの方がその障害ゆえにとってしまう行動とかを周囲だけでなく、広く多くの方が知る必要があるのだと思います。別に悪気があって動いているわけではないことを知っていれば、お互いに別に何の気もなく過ごすことができると思います。ただ、それが一番難しいことなんだろうとも思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-07 22:25 | 視察・勉強
OMOIYARI VILLAGE贈呈式
今日は昨日の梅田中学校に引き続き、円蔵・鶴ヶ台中学校へ

8月3日実施のOMOIYARI VILLAGEの売上により、参加中学生達が選んだ中学校への寄贈品を茅ヶ崎青年会議所から中学生に贈呈しました。

円蔵は、はなみずきの苗木と残金を緑の羽根募金に
鶴ヶ台は、スリッパと電波の掛け時計です。

鶴ヶ台は、生徒らが引き続いて校長先生に渡していました。

梅田・円蔵・鶴ケ台中の3年生の有志が集まり、企画を考え、準備をし、そして真夏の炎天下の中で販売してみたOMOIYARI VILLAGE終了です。

3年生のみなさん、この頑張った経験を生かして、受験がんばれよーと祈っています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-06 16:19 | JC&YEG
梅田中の個人課題中間発表会
今日は茅ヶ崎青年会議所の関係で、梅田中学校へ

梅田中の総合学習として行われている3年生の個人活動の中間発表会にアドバイザーとして参加してまいりました。

3年生個人個人がテーマを設定し、企業訪問したり、行政機関にヒアリングしたり、実際に実験や調査をしたりして調べたことを発表しました。

音楽、国際関係、心理学、髪型などのファッション、仕事、スポーツや体、環境、言語、食とさまざまな分類です。

私は環境と言語グループで、ここは、主に茅ヶ崎の環境についての発表がありましたが、落語あり、鉛筆と消しゴムあり、方言あり、金魚の長生きのさせかたありとバラエティーに富んでいました。

みな、いろんなフリップを作り、できる限り暗記して発表する姿に感心させられた3時間くらいでした。

終了後、OMOIYARI VILLAGEの売上で参加中学生が選んだ中学校への寄附の品を参加中学生に渡す儀式をしました。電動鉛筆削りを渡しました。手動だと思っていたらしく、電動でよろこんでくれました。うれしい限りです。

個人活動の最終発表は3月とのことです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-05 18:08 | JC&YEG
今日の日記
 今日は議会に行き、資料作成やそれに伴う所管課への問合せなどをしていました。途中から先輩議員の方と総選挙について話をしていました。

 いつになるのか分からないので、視察とかいつにしていいのか難しいということをお互いに話をしておりました。

 その後、はまけいの総会等の会場予約の件について、まずは会場費の確認を撮るために連絡をし、帰宅後、8月3日の茅ヶ崎青年会議所のOMOIYARI VILLAGEの収益金で各中学校に中学生が選んだものを寄付するということで円蔵中学校にそのことについて担当の先生と連絡を取り、日程の確認などを行いました。

 その後は、開かれた議会をめざす会の議会活性化等に関するアンケートの整理を行っていました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-04 23:38
10月読み終えた書籍
政治学の名著30 (ちくま新書 655)
佐々木 毅 / / 筑摩書房
スコア選択: ★★★★

政治とは何かを、その制度論などではなく、根本的な意味で考えるうえで、その一つの案内板になる1冊。

 名著30冊の中には、古代からの中世・近代・現代にいたる書籍が選ばれていますが、いわゆる政治だけでなく、クラウゼビッツの「戦争論」や孫武の「孫氏」のような兵法関係もあれば、また西洋だけでなく、孔子の「論語」や福沢諭吉の「文明論之概略」に丸山真男にと豊富です。

 歴史的に政治がどのように考えられたのかも分かり、お手軽な1冊です

徳富蘇峰 終戦後日記ーー『頑蘇夢物語』
徳富 蘇峰 / / 講談社
スコア選択: ★★★★

 昭和史を知る上で貴重な1冊だと思います。昭和20年8月18日、ポツダム宣言受諾の玉音放送を聴いてから、大東亜戦争の敗北の原因や、GHQ占領で日本が変えられていく様子や、それにおもねる日本人への怒りをこめた日記です。

 徳富蘇峰氏が戦争に敗れた原因のもっとも大きなものは、昭和天皇が明治天皇のように天皇親政の体制で挑まなかったことを挙げています。ただ、そういっても徳富蘇峰氏は皇室中心主義であるということでその批判は、昭和天皇を明治天皇のように教育してこなかったことや、成人後も、昭和天皇をそういった場面から遠ざけた周りのものの責任であることを述べています。あくまでも周りがそうさせなかったと・・・

 その後、木戸孝一、近衛文麿、東条英機それぞれをこの戦争敗戦の原因の三大悪人的な存在として、それぞれの評価をしていきます。東条英機については、徳富蘇峰自身はかなり期待していたようですが、結果は裏切られたということでした。

 徳富蘇峰氏自身はかなりに自信家で、敗戦の原因として、自分の意見を東条英機も誰も受け入れて利用しなかったからだということを挙げていたり、また、文化勲章について自分が第一回の第一号でもらうべきものであり、なぜ第三回で受賞なんだ、第一回にもらえなかったのも侮辱だし、第三回でもらえるのも侮辱だということで、かなりプライドの高い方なんだという一面も分かる1巻でした。

 日本が敗戦により、GHQ占領行政の中、日本がまた立ち上がり向かってこないように日本人自身を殺さなくとも日本人の心やその基礎を崩そうとするGHQの思惑とその思惑におもねり協力する日本人の姿に本当に嘆いています。100年後の日本人に向けたものとしての思いもあるそうですが、恐らく、今の日本を見たら、徳富蘇峰氏は、ああGHQの思惑にかなりやられてしまったと嘆かれるだろうと思わされました。

時代を見通す力
副島 隆彦 / / PHP研究所
スコア選択: ★★★★★

 学校の日本史では教わることのない歴史の流れを知ることのできる1冊。自分の歴史の見方についてまた違う視点を得るという意味でも大変興味深い1冊でした。

 明治維新については、以前は単純に武士といっても下層の武士層が日本の未来を憂えてその若さと情熱と行動力で切り開いていったという感じに捕らえていましたが、だんだんとそんな単純ではないのではないかと考えるようになりました。

 そういった中で、副島先生の本は、単純ではない構造を教えてくれます。基本的には、歴史の流れとして特に20世紀は、ロスチャイルド家(ヨーロッパ)とロックフェラー家(アメリカ)の対立であり、その対立の構造が日本においては、前者が三井、後者が三菱という形で進展していること、そしてこれは日本だけに限らず世界の構図であるということがわかります。

 また、第二次世界大戦に巻き込まれていく過程も、日本ははめれたことや、よく陸軍悪玉・海軍善玉論が展開されていますが、そうではないことや、海軍の中にアメリカと通じる形で、日本軍を開戦にまで持ち込んでいったということが論じられ、米内光政や山本五十六がそれにかかわっていたという論証は、今までの教えられてきた歴史観を大きく変えるものだと思います。

 大きな世界の流れの中で、日本の歴史を考える上でいい1冊だと思います。知的好奇心も大いに刺激されました。

徳富蘇峰 終戦後日記IIーー『頑蘇夢物語』続篇
徳富 蘇峰 / / 講談社
スコア選択: ★★★★

 終戦後日記の第二巻です。

 二巻は、日本が無条件降伏後のあまりの変わり身の速さに嘆くとともに、この巻の特徴は、第二次大戦後の米ソの対立と、それに伴い、日本においても共産党が大いに活動を展開していることについて、皇室中心主義の徳富蘇峰は、大いに憂い、警告を発し続ける形で展開されます。なぜなら、共産主義は、天皇や国王のような存在、そして宗教を完全に否定するものだからです。

 日本共産党とソ連により日本がソ連化されるくらいなら、まだ、マッカーサーによる米化されるほうがましだが、そう言っても、日本であることを守って欲しいということを痛切に主張しています。

 83歳当時ということを考えると、日本だけでなく、世界にも目を向けるその視野の広さは驚きの1冊です。また、戦後の日本のことについて、新聞記事の引用もあり、当時のことが分かる1冊です。ただ、かなり徳富蘇峰氏の強烈なフィルターが掛かっていますが・・・
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2008-11-02 23:30 | 読書記録


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧