茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2009年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧
地方議会で与党?野党?
 2日間、北川先生をはじめとする講演を聞いたり、各地の議員の方と党派という前提などを越えて議論をしていく中、確信に至った答えがあります。
 
 それは、地方議会が、二元代表制で、市長と両輪というならば、与党や野党という表現はおかしい!!ということです。
 ※自分の立場が市議なんで市という形で話を進めます。

 市長と議会を構成する議員はそれぞれ別個の選挙で選ばれます。それは、二元代表制で、市長という大きな力(権限・実施部隊など)を持つ者に対して、その力を使うことのチェックなどの存在としての議会があります。

 しかし、地方議会でも与党や野党という表現がありますし、厳然たる事実として存在しています。

 与党とはじめからその前提で接してしまうのが過半数だったりすると、それはまさに議会が批判を浴びる「市長の追認機関」ということになってしまっても仕方がない。議会側が自らの手で二元代表制を否定しているともいえると思います。

 与党・野党という意味においては、確かに、国会は、国会議員が選挙で選ばれ、その中から内閣総理大臣を選ぶので、内閣総理大臣を選び出した側が与党で、選びだせなかった側が野党というのはわかるのですが、地方政治は違います。

 二元代表というならば、是々非々で接するべきで、つまりは、与党や野党といった表現はおかしいのです。与党なんて自らが言うと、それは自らが二元代表制を否定しているともいえるのではないでしょうか?

 市長与党と宣言せずとも、市長与党などとふるまう形が、そしてその勢力が過半数を占めている全国各地の状況が、ある意味議会不要論を生みだす一因だとも思っています。茅ヶ崎でも、市民集会などで、市民の方から、市長が議員定数を減らせというように、あたかも部下である市職員と同じような位置づけでの話をされる方がいますが、これこそ二元代表制であるならば、提案できても、実際に減らす減らさないは議会で決めるべきことなんですが、市民からすれば、市長と議会という形に見えていないから、こういった意見が出るんだと思います。それは市民が悪いのではなく、この市長与党や市長野党という形が悪いんだと思います。

 二日間、学ぶ中で、改めて、こんな表現おかしい!!そして自分は、市長与党とも市長野党とも言わないし、そんな態度も絶対取らない。二日間学ぶ中で、二元代表制のその姿を追求していきたいと思いました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-31 23:08 | 雑感
マニフェストスクール神奈川終わる
 2日間のマニフェストスクール神奈川が無事に終わりました。

 私も20分間、議会活性化等に関するアンケート報告の考察などを語り、また朝日新聞の神田編集委員にも、議会改革についてお話をいただいたあと、11時からは、「理想の議会・議会改革」についてのワークショップでした。

 全国各地の議員が、立場や党派を超えて議論をするというのを視界の補佐でタイムキーパーなどの役割をしながら見守っていました。というよりも白熱する議論を見ながら、自分もかかわりたかったな~と思ってみていました。

 昼食もランチミーティングと位置付けて、議論を続けていただき、

 14時前くらいから発表をしていただきました。

 いろいろ参考になる意見もあって、とても楽しい2日間でした。

 15時前くらいに終り、片づけをして、16時半から実行委員会メンバーでの打ち上げでした。

 私は途中、青年会議所(JC)の神奈川ブロック協議会の行動プラン実践委員会委員長から、神奈川県知事のマニフェスト検証大会について、至急打ち合わせをしたいことがあるという連絡があったので、それを受けて途中退席しました(結局、その後電話打ち合わせとなりましたが)。

 2日間、ドミナントロジックとの戦い方や、会派マニフェストの作成に、首長マニフェストとの戦い方、そして2日目の全国議会の取組比較に、理想の議会についての議論など盛りだくさんでとても楽しい2日間でした。

 また、こういったことやってみたいなーと思っています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-31 22:39 | 視察・勉強
マニフェストスクール神奈川で報告
今朝も横浜です。マニフェストスクール神奈川二日目

私は、朝一番で、報告者として、議会活性化等に関するアンケート報告をもとに、全国市区議会の動向報告や茅ヶ崎市議会との比較などについて20分ほど話しをしました。

昨晩からその準備をし、今朝も早朝からデータ読み込みをしていました。

20分は思ったより短く、途中、急いで話しました。
その後は、ワークショップで司会補佐として活動しています。

全国データでみると、自らの議会を比較することができて、とても刺激的です。茅ヶ崎の議会を変えていくツールになると思いますし、参加された地方議員の皆様にも役立てればと願っています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-31 13:04 | 視察・勉強
来るべき総選挙へのメッセージ
  日本インターネット新聞JANJANの「ザ・選挙」というサイトで、次期総選挙へのメッセージをということで、今日のマニフェストスクール神奈川の開催前に収録していただきました。

 近日公開予定だと思います。

 1分くらいでということで、かなりコンパクトですが語らせていただきました。って本当に1分だから、ほんの少しばかりです。

 ちなみに、今でも「忙中閑話」で、私もリレーエッセイを書かせていただき、掲載されております。

 忙中閑話は、こちら
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-31 01:01 | 告知・報告
マニフェストスクール神奈川初日
 今日から横浜関内の情文ホールにて「マニフェスト・スクール神奈川」です。

 年明けくらいから実行委員会が立ち上がり、他のマニフェストスクールのことを参照したり、神奈川としての独自性を追求したりという中で、2日間の内容を決め、準備をしてきたこの企画がついに初日を迎えました。

 初日の私の役割は、パソコン操作で、講師の先生方のパワーポイント資料の操作をしていたりしていました。

 松田神奈川県議会議員(前議長)に、ご当地の中田宏横浜市長、松沢成文神奈川県知事の挨拶も途中で入ったりしました。

 マニフェストといえば北川正恭先生で、誰もが当たり前だと思い込んでしまっているドミナントロジックをいかに破るのか?破るためには立ち位置を変えることの大切さを教わりました。また、そのドミナントロジックを疑うことの大切さも教わりました。

 次に、会派マニフェストの動向として西尾真治先生が、日本全国各地のさまざまなレベル(都道府県、政令市、一般市)のマニフェストを使い、それがいかにして作られたか、作るにあたり、どのような工夫がなされたのかを豊富な実例を元に話があり、非常に刺激的でした。

 最後は、昨今、知事や市町村長選挙で候補者がマニフェストを掲げることが本当に多くなりました。市議の立場の私として、ここでふと疑問を持ち出したのが、マニフェストを掲げた首長候補は、これができなかったら首にしてくれということを選挙戦で言うことを聞きます。そして当選した以上、こだわるのですが、有権者が短い選挙期間で、マニフェストの政策項目が100を軽く超える場合に本当に全部を理解してOKとして投票しているわけではないと思いますし、それゆえに、かたくなにこだわられることもと思っていました。しかし、首長選に掲げて当選したという事実が、ある種「威光」のように働いてしまうのではないかという懸念が沸いてきました(ちなみに、茅ヶ崎市は明確な形でのマニフェストは現職市長は掲げられていなかったと思います)。だからこそというわけで、私自身強く希望して、議会・議員の首長マニフェストとの付き合い方を組んでいただきました。

 どのように付き合うのか、その付き合い方というか戦い方を教わることができ、これはマニフェストに限らず、議案に対しても使えると思いました。

 終了後は、中華街で懇親会でした。

 明日は、私の出番です。2日目の一番バッターとして事例報告を行います。

 というわけで、今も明日のことをちょっと思案中

 写真は後日
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-31 00:31 | 視察・勉強
マニフェストスクール準備と政務調査費締め準備
 午後からは、明後日からのマニフェストスクール神奈川の準備で、31日に私は、参加地方議員の前で「開かれた議会をめざす会」の議会活性化等アンケート報告を行う予定なので、その資料作成と人数分の印刷作業を行っていました。

 同時進行で、会派の政務調査費(20年度分)の締め準備で帳票の整理などを行っていました。まだ、週明けに支払があるものもあるので、完全にできたわけではないのですが、95%位の作業は終了しました。

 茅ヶ崎は昨年度分まで領収証については、コピーで添付(1円からです)していましたが、今年度分からは、コピーではなく原本添付提出となりました。確かにコピーよりこちらのほうがいいのは、まちがいないと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-28 20:33 | 議員活動
憲法タウンミーティング打ち合わせ
 夜は、日本青年会議所関東地区神奈川ブロック協議会の行動プラン実践委員会の全体委員会でした。

 前回は茅ヶ崎で、今回は藤沢での開催でした。

 私は茅ヶ崎青年会議所から出向で神奈川ブロック協議会のこの行動プラン実践委員会に所属しています。

 19時半から全体委員会、20時前くらいから3つの小委員会に分かれての打ち合わせでした。私は憲法タウンミーティングの担当小委員会に所属しており、今回、青年会議所は、日本各地で憲法タウンミーティングを5月3日の憲法記念日に、この憲法タウンミーティングを開催いたします。

 来年から国民投票法が施行つまりは実施可能となります。すなわち憲法改正の具体的な手続きが定まったということになります。神奈川ブロック協議会では、この国民投票法の施行前に、まずは憲法を知るべきではないかという趣旨でのタウンミーティングを企画して進めています。ようやくパネリストも完全に決まったということで、後は中身の詰めというところです。

 22時前に打ち合わせが終了し、その後は0時過ぎまで懇親会でした。

 帰ってきたら、すでにとっくに1時を過ぎていました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-26 01:52 | その他
マニフェストスクール神奈川実行委員会
今朝は関内の労働プラザへ

30日と31日に行うマニフェストスクール神奈川の実行委員会でした。

本番前最後の実行委員会で、役割分担などの確認を行いました。

私は2日目朝一番に全国市区議会のアンケート調査報告を行うので、その原案と流れを報告しました。

ワークショップの全体進行も担当します。

本番まであと少しです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-25 12:31 | 議員活動
マニフェストスクールかながわの資料作成
 議会終了後は、パソコンルームと自宅で3月30日と31日のマニフェストスクールかながわの資料を作成していました。

 31日(火)の二日目にワークショップを行います。その大テーマが「理想の議会」というタイトルで、各地の議員が党派を乗り越えて、議論をし合おうというものです。その前段階で、私は「議会活性化等に関するアンケート」の報告と考察について講演させていただきます。ワークショップの際の議論のタネとなるように項目をセレクトして話すのですが、その原稿を急いで作成していました。

 この「議会活性化等に関するアンケート」は、私も所属している「開かれた議会をめざす会」が昨年秋に全国市区議会に対して行ったアンケート調査で、情報公開と活性化を柱に行ったもので、私の集計作業で三重県・長野県・佐賀県を担当していました。

 こういったアンケートで他の議会を知ると、とても刺激になります。他を知らないとどうしても自らの議会の慣例があたかも当たり前のようにとらえてしまいます。そういった常識を崩すのには本当にいい刺激になり、その刺激をマニフェストスクールかながわに参加される議員の皆様にも受けていただいて、それぞれの議会の在り方を考えてもらえればと思っておりますし、また、ワークショップの語りあいの中で、実際の声でその違いを教えていただき、茅ヶ崎市の議会運営にも持ち帰りたいと思っています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-24 21:49 | 議員活動
茅ヶ崎市所有施設の吹き付け材のアスベスト調査結果報告
 茅ヶ崎市の3月24日付の記者発表として、茅ヶ崎市所有施設のアスベスト調査報告がなされました。

 調査の結果、茅ヶ崎小学校と第一中学校の2施設で、吹き付け材に0.1%を超えるアスベストの含有が確認されました。

 茅ヶ崎市では、平成17年度に吹き付け材の使用が確認されている茅ヶ崎市所有施設を対象にアスベスト含有調査が実施されていましたが、その後、以下の新たな事象が発生したので、20年度に改めて調査をしたということです。
 <新たな事象>
   ・アスベスト含有率の基準変更(1% → 0.1%)
     (平成18年9月の石綿障害予防規則の改正)
   ・国内で使用されていないとされてきたアスベスト3種類の発見

 <アスベスト含有調査> 平成20年11月~平成21年1月
   ・調査するアスベスト(全6種類)
     これまでの対象(3種)
       クリソタイル、アモサイト、クロシドライト
     新たな対象(3種)
       アンソフィライト、トレモライト、アクチノライト

   ・調査対象施設 茅ヶ崎市所有の一般施設・教育施設 52施設

   ・調査結果   2施設で吹き付け材に0.1%を超えるアスベスト
           の含有を確認
     茅ヶ崎小学校:北棟の1・2階廊下、西側1・2階教室 天井裏
     第一中学校 :北棟の1階ポンプ室、天井

   この調査結果を受けて、茅ヶ崎市ではアスベスト室内環境調査(飛散)調査を行ったとのことです。

   調査結果については、安全性を確認したとのことです。

 <今後の対応>
   茅ヶ崎小学校の北棟
    以下の2つの理由により、定期的な室内環境調査を行いながら、
    改修時または悲惨の恐れがある場合は、除去の措置を講じる。
     ・室内環境調査の結果、安全性が確認されたこと
     ・吹き付け材が天井裏にあり囲い込み状態であること

   第一中学校の北棟
    吹き付け材が天井面に露出しているため、除去工事を実施。
    実施時期は、長期休暇となる平成21年8月を予定
    ※この場所は生徒が立ち入れない密閉された場所であり、かつ
     室内環境調査の結果から安全性は確認済み

 ということだそうです。安全性が確認されたのは、よかったと思いますが、できる限り早いタイミングでの除去工事を行い、安心安全に学ぶことのできるようにすべきだと私は思います。

 この記者発表を見て、アスベストもいろいろあるというわけで、本当に日本国内で使用されているのは、この6種類なのか、はたまたまた別のアスベストが現れるのか、頭の痛い問題だとも思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-03-24 21:30 | 告知・報告


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧