茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2009年 04月 ( 54 )   > この月の画像一覧
市役所建て替え問題の勉強会
夜は勤労市民会館で、「市役所建て替え問題等を考える会」の勉強会に参加しました。
基本構想のパブコメのことが、まず話題になりました。今回茅ヶ崎市のHPには、公開されているのですが、参加者の方から、情報公開コーナーには、パブコメの結果は置いていないとのことで、これは問題ではないかと思います。
また、職員や市民への告知・啓発のニュースやチラシについての意見交換しました。

その後、茅ヶ崎青年会議所の総務広報委員会の公益社団法人格取得推進会議のリハーサルでした。

その間、憲法タウンミーティングに、マニフェスト検証大会の相談を受けました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-30 22:11 | 視察・勉強
交渉会派 新政 ゆめみらい・ネット
 今日、会は変更の届出を提出いたしました。

 2007年から2年間、渡辺はるじとともに2人で会派を結成して活動してまいりましたが、茅ヶ崎市議会では、各派代表者会議や、議会運営委員会などに議員を出すには3人以上の会派(これを交渉会派と呼びます)でなければならなりませんでした(交渉会派の人数設定は各議会によって異なります)。

 従って、基本的には傍聴だけで、ときに意見を求められたら言えることがあるくらいでした。また、予算特別委員会や決算特別委員会も3人以上の会派でなければ割り当てられなかったので、特別委員会も傍聴だけでした。

 しかし、今回、神奈川ネットワーク運動の吉野議員と組み、3人の会派として今日よりスタートすることとなりました。

 これに伴い、会派の名称を「新政 ゆめ・みらい」から、「新政 ゆめみらい・ネット」に変更し、また、代表を渡辺はるじ、副代表には吉野伸子、そして、会計として私、海老名けんたろうといたしました。

 交渉会派になることで、議会内で発言できる場所が増えることとなります。明日、さっそくその利点を生かして、ある提案をしようと思っています。つい先ほどまでそれを調べ、代表と意見交換をしてまとめました。

 より積極的に議会改革を進めるために、3人でがんばってまいります。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-30 16:20 | 告知・報告
2009年4月に読み終えた本④ ベーシックインカム入門

ベーシック・インカム入門 (光文社新書)

山森亮 / 光文社

スコア:


 1年以上前に、この「ベーシックインカム」という言葉を本屋で見かけて、そのときはスルーしてしまいましたが、リーマンショック以降、貧困問題に関心があり、学ぼうと思い、一連の書籍を読む中で、新たな考え方として再度出会いました。

 「働かざる者、食うべからず」という言葉が、広く流布しており、日本の古来の勤労観からすると、かなり考え方が違うので、戸惑いも覚える部分もありますが、ある意味、日本の公地公民制度などもよくよく考えていくと、このベーシックインカム的なものだとも思えます。

 また、この考え方自体は、最近日本ではちらほらと見かけるようになりましたが、その歴史は古く、欧米で見れば200年以上もの時間の経過があること、また、ノーベル経済学賞を受賞したエコノミストも、呼称はどうあれ、ベーシックインカムを提唱していたり、認めているということは、この書籍を読むまで知りませんでした。

 生活保護については、日本では捕捉率が20%程度(必要だと思われる人の20%程度にしか支給されていないということ)であることや、申請主義であることの受けることのスティグマ(恥辱感)を与えること、支給に関しての事務手続きや、支給後の不正受給のような問題などを確認する事務などの制度自体についても経費がかかっていることなどからも、ベーシックインカムの方がいいのではないかと思わされる面もありました。

 ただ、これを本格的に採用するという場合には、現在の福祉国家の制度設計に関する前提となる考え方の変更や、労働観の変更など、パラダイムチェンジをしなければいけないので、実際にはかなりの抵抗があるのではないかとも思います。しかし、考え方としては興味深く、ベーシックインカムについて広く・浅く知るという意味では、その入門編としてはいい1冊ではないかと思いますし、私自身、もっとこのベーシックインカムという考え方についての理解を深めたいと思いました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-29 22:27 | 読書記録
<告知>茅ヶ崎市 新型インフルエンザ対策本部設置
 昨日の夕方、議員あてのFAXが届きました。

 今、豚インフルエンザそして新型インフルエンザという表現で報道されているインフルエンザについて、茅ヶ崎市でもその対策本部として「新型インフルエンザ対策本部」を設置したとのことです。

 新型ゆえに、また明確な潜伏期間がわからないといった報道もなされますが、まずは、ご家庭において、基本的に例年行われているインフルエンザ予防に取り組んで、アメリカ・メキシコから帰国された方やそういった方と面会したかたなどで、体調に不安があり、インフルエンザと同じような症状が出ている場合は、茅ヶ崎市や茅ヶ崎市の保健福祉事務所などにご連絡ください。

 茅ヶ崎市健康づくり課(休日も開設) 8:30~17:00
  0467-82-1111 内線2247・2248
 神奈川県茅ヶ崎保健福祉事務所   9:00~17:00
  0467-85-1171

 新型インフルエンザ対策本部設置は、こちら
豚インフルエンザ相談窓口は、こちら
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-29 18:25 | 告知・報告
打ち合わせと打ち上げ
 昨日はNPO法人湘南スタイルの観光部会の打ち上げでした。21年度は、湘南スタイルは「食と農」がメインテーマになるということで、観光部会という部会自体は、いったん吸収される形になるので、打ち上げという形で、サンゴ食堂で打ち上げでした。

 また、今日は、朝からNPO法人ゆいの方と、ゆいの茅ヶ崎海岸の植生のTシャツの話や、漁業などの話および意見交換を行いました。Tシャツについては昨年の中ごろくらいから相談を受け、それが、ひとつの形になったというのは、よかったと思っております。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-29 18:06 | その他
2009年4月に読み終えた本③ 新平等社会

新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)

山田 昌弘 / 文藝春秋

スコア:



 キーワードは「希望格差」

 格差について、格差がなぜ悪いのかという議論があります。私の周りでもそういった意見を聞きます。イギリスの政策学者ミリバンドが指摘している「格差を生みだす自由な経済市場を肯定すること」と「市場の自由の結果生じた格差を肯定すること」は別次元だということは、「格差」とひとくくりにして考えるがゆえに議論が混乱してしまうのだと思います。人間が自由に行動した結果、生じた格差が社会として許容できるものでないなら、社会が是正しなければならない。その格差が社会において許容できるかできないかを考えなければならないと整理できます。

 格差拡大について、「ニューエコノミー」の進展により、日本だけでなく世界で、先進国でその拡大が進んでいることが、さまざまなデータで示され、世界を知ることができます。

 私が幼き頃から社会人になるくらいまでの間、「勉強して、いい大学に入れば、いい会社に入ることができて、豊かな生活をおくることができる」ということをよく耳にしましたし、親にも言われました。ただ、今やこのイメージも大きく崩れ、努力しても報われるのかわからない状況が発生し、報われないと思う人たちは、希望を失う。という形で、希望を持てる人と持てない人に分かれてしまう格差が生じることの説明がなされます。

 「ニューエコノミー」が進展する中、世界中で、人々の欲求をうまくとらえ、形にすることのできる少量の専門中核労働者と、決まった作業をこなす大量の定型作業労働者に分かれ、少量の前者は、さまざまなスキル開発も進み。、どんどんと収入が増え、大量の後者は、定型作業のために、スキル開発も進まず、収入は低いまま、また、仕事もさほどスキルを要するものではないため、いつでも替えが利くため、失職の恐れもあり、失職してしまうとスキル開発がなされていないため、好条件の仕事に就けるわけもなく、どんどん上に上がる人と、下に底抜けになる人に分かれてしまっていく現状が描き出されています。

 この本で何度か登場する社会心理学者のランドルフ・ネッセの言葉、「希望とは努力が報われると思う時に生じる。絶望は努力してもしなくても同じだと思う時に生じる」という言葉は、まさにその通りであり、今、政治で、努力しても報われる可能性のある社会に変えることが求められていることを実感します。

 家族格差・教育格差・仕事格差・結婚格差さまざまな格差の分析が行われるとともに、日本では、「パラサイトシングル」といった言葉が一時期メディアなどをにぎわしたときは、最大の社会保障は「家族」だと揶揄された現状が崩れ、そういった家族主義的ではない方向での政策の必要性が説かれ、非常に学ぶところの多い1冊でした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-28 12:55 | 読書記録
NPO法人湘南スタイル企画会議とJC会員活動
 夜は、NPO法人湘南スタイルの企画会議と、茅ヶ崎青年会議所の会員拡大活動でした。

 まずは、19時から茅ヶ崎商工会議所2階で、NPO法人湘南スタイルの企画会議で、21年度最初の会議ということで、これまでの活動の振り返りとともに、21年度の活動についての説明を理事長から受けるとともに、どのような体制でやるかなどについての意見交換を行いました。

 もともと午後に前もって理事長と会って、話をしていたために、自分の考えについてはある程度伝えていましたが、今年度のNPO法人湘南スタイルは、食と農が主な活動テーマとなるような形の事業が目白押しです。

 20時半で途中退席し、茅ヶ崎青年会議所の会員拡大活動へ

 JCルームに行くと、すでに鍵がかかっている・・・あれっと思い連絡をすると、訪問活動にすでに向かっているということで途中合流し、一緒に訪問活動をし、23時前に帰宅しました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-27 23:41 | その他
社会福祉法人 ひざしの丘後援会 総会
e0110824_16531982.jpg

午後からは、社会福祉法人ひざしの丘後援会の21年度総会でした。

市議という来賓の立場でもありますが、市議になる前からいろいろ講演会など手伝っていましたし、理事でもあるので、開会よりも早く来て、後援会の皆様と設営をしていました。

e0110824_16531991.jpg 13時半から開始で、市長も見えられ、ご挨拶をいただきました。


e0110824_16531965.jpg総会も滞り無く行われ、無事に終わりました。後援会長挨拶で、ひざしの丘つつみ苑の知的発達障害をもった利用者が、その親亡き後の場所として、グループホームやケアホームなど研究、検討したが、つつみ苑の利用者のことを考慮すると、やはり入所施設だとのことで、これからもその目標に向かって、後援会は活動していくとのことでした。


 障害者福祉制度は、国の方針で短期間のうちに大きく変わりました。その混乱の中、後援会の人たちは、自らが親として親亡き後の生活の場所の確保のために運動を継続しています。国をはじめとする行政がこれをいかに支えるのか、大きな課題だと改めて実感させられた総会でした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-27 16:53 | 議員活動
湘南祭ビーチクリーン
e0110824_16254159.jpg



今朝もサザンビーチへ

e0110824_16254153.jpg 湘南祭実行委員会として、ビーチクリーンをしました。

昨晩もビーチクリーンをしましたが、暗がりの中だったので、やはり明るくなると、ゴミがよく見えます。初日が雨で途中打ち切り(25日は13時半まで)、そして二日目はかなりの強風なためだと思いますが、ゴミはかなりすくない感じでした(それだけ、屋台村の出店者の売り上げがなかったと予想され、心苦しい思いもあります)。

主に茅ヶ崎商工会議所青年部と職員が中心となり、小一時間ほどクリーンをしました。茅ヶ崎市の職員もクリーンに見えられていました。

メンバー以外にも、犬を連れた方がビーチクリーンをしていました。

e0110824_16254286.jpg 昨日までの湘南祭のゴミを茅ヶ崎市のゴミ収集車が収集していきました。


 これで湘南祭一段落です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-27 16:25 | その他
湘南祭2009 二日目風
e0110824_072718.jpg 湘南祭2009の2日目は、一転して晴れました。朝起きて晴れだラッキー!と思いサザンビーチに自転車で向かうのですが、風が強くて自転車が進みません。


 e0110824_09336.jpgサザンビーチに到着すると、風が強く、とにかくテントが危ないという状態のところが何ヶ所も、また幟も折れていたり、壊れていたりと、実行委員会メンバーや商工会議所職員、そしてレンタル業者とともに、テント補修や、幟撤去に追われていました。


 午後には、来場者でいっぱいに、多くの方がいらしていただいてうれしかったんですが、とにかく屋台村からの相次ぐ救援要請に、実行委員会メンバー一同、その対応に追われっぱなしで、遠くに、杉山清貴の「ふたりの夏物語」が聞こえているという感じでした。

 いつか風が弱くなるのではと期待していましたが、結局、風は弱くならず、逆に西から東への風が強くなり、テントが大変な状況になり、ぶら下がったりして耐えながら、杭を打つといったことをしていました。

 昨日は大雨、そして今日は強風と二日間天候に苦しめられましたが、まあ、どうにか無事に終わりました。
e0110824_0151330.jpg


 撤収作業後、レンタル業者の積み込み作業を見守り(途中、用事で1時間半くらい他所にいっておりましたが)、23時前位に、作業を終え、サザンビーチから帰宅しました。

 帰宅して、落ち着いて気がついたんですが、顔が焼けすぎて熱いです。そして痛いです。ひりひりしています。

 明日は、湘南祭実行委員会としてビーチクリーンです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-26 23:57 | その他


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧