茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2009年 04月 ( 54 )   > この月の画像一覧
湘南祭2009 一日目雨
今朝から湘南祭2009スタートです。起きたら雨だろうと思い眠ったら、起きるとまだ雨が降っていませんでした。これはラッキーだと思い、しかし、雨予報だから防寒具兼レインコートを着て、サザンビーチへ

 本部の荷物搬入や、本部設営をしていると、7時くらいでしょうか、雨がついに降ってきました。雨量はどんどん増えるばかり、メインゲートからすぐが本部なのですが、ここは坂になっているので、一気に雨が川となって本部に流れ込んでくるということで、これは急いでということで、降雨を逃がす水路を作っていくことに、ここから、一日の大半の仕事が、ショベルで水路作りに

e0110824_20242845.jpg しかし、雨はどんどん降る。他の地域にもどんどん雨の川が・・・海側に流そうとだが、そうすると、海側にはビーチサッカーコートがということで、急いで別の対応に、何人かとリヤカーを使って、台上なところの砂をどんどんと運んで、とにかく山を作って堰きとめながら、降雨の川の流れを変えるために、コンパネを外したりと、また、雨で決壊していくところの補修や、とにかく海に流していくために、延々と水路を、市の職員や商工会議所職員、商工会議所青年部などと一緒に取り組んでいました。

 10時くらいに開会式で一度離れ、ステージへ

 その後は、水路作りと、苦情対応などをしながら本部へ

 すると、茅ヶ崎市職員から、午後からより本格的に雨が降るということで、冠水対策のために、12時から市の下水道担当職員を召集・待機させるようになるとの情報を得る。また、店を閉めたいという話も、また、ビーチサッカーも午前中で終了や、ビーサン跳ばし選手権も中止となったので、実行委員長と4人の副実行委員長で、25日の一日目については、午後のある時点での打ち切りについての意見交換と意思統一を行い、その後、他の実行委員を集めて、全体会議をする。ステージの関係で、13時半に終了するということを決定。各自分担して、フリーマーケットと屋台村のお店に事情説明と、13時半で閉会、撤収作業手順についての説明に、私は、サザンビーチ東側の連絡を担当しました。

 13時半を過ぎたところで閉会、フリーマーケットから撤収

 今日は、フリマも屋台村も、おそらくまったく売上がたたなかったと思います。大変申し訳ないと思っておりますが、この天候には勝てませんでした。ただ、明日は、以前と違い、晴れマークも出ているので、明日、屋台村の皆様には取り返していただけたらと思っております。
 
 早朝から、ずっと雨の中での水路作りなどの作業でかなり疲れてしまいました。すぐに風呂に入った後は、かなり意識を失ったかのように深ぐっすりと眠ってしまいました。

e0110824_202505.jpg 写真は、JCOM湘南の「湘南まるごと!~どっちすき!?」の収録風景、あと、テレビ神奈川の「あっぱれ!KANAGAWA大行進」の収録もありました(デビット伊東さんも見えられました。ただ、こちらは撤収がかなり進んでいるところだったので、映像的には???)なんですが、どうなるのかなーと思っています。


e0110824_2025359.jpg

[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-25 20:24 | その他
憲法タウンミーティングの講師略歴作成
 湘南祭の前日設営から帰宅し、夕食後、今度は、5月3日の憲法タウンミーティングの講師の略歴作成を求められていたんで、急いで作成に入りました。

 今日作らないと、明日明後日は湘南祭で余裕がないし、27日は、すでに朝から晩まで予定が入り、28日もそれなりに予定が入っているので、本当に作成するタイミングがなさそうなので、というわけで急いで作っていました。

 小林節慶応義塾大学法学部教授

 平沢勝栄衆議院議員(自由民主党)
 
 阿部知子衆議院議員(社会民主党)

の3人のパネリスト(小林先生には基調講演も)の略歴を、ネットで調べながら作成していました。

 ただいま終了し、副委員長に提出です。

 湘南祭が終われば、次は、その翌週に憲法タウンミーティングです。こちらもスタッフと、まだまだイベントが続きます。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-25 00:23 | その他
湘南祭2009設営など
 今日は午前中は、議会へ

 20年度の政務調査費の会派決算を議会事務局に提出しました。議会事務局のチェックを受け、その後清算作業を行う予定です。

e0110824_21505686.jpg 午後からは、湘南祭2009の前日設営&搬入でした。


 私はすぐに会場入りではなく、茅ヶ崎商工会議所でいろいろと整理作業などを行ってから、13時過ぎから、会場への荷物をトラックに積む作業をしていました。その後、2回目のトラックへの荷物積み込みの後、14時半くらいにサザンビーチに行きました。

e0110824_21524723.jpg まだ、湘南祭会場のテントはすべて立った状態ではなく、業者がテントを立てているという状況でしたので、商工会議所女性会が仕切っているフリーマーケットの杭打ち作業や、幟作成を商工会議所青年部やサザンビーチフェスタ実行委員会の人たちと行っていました。16時過ぎくらいに茅ヶ崎青年会議所のメンバーがやってきて、以前からお願いしていた幟つけの作業をしていただきました。

 その後、いろいろと確認をしているうちに、真っ暗に・・・20時過ぎくらいに会場を出て帰宅しました。
 
 明日から本格的な雨との戦いです。

 
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-24 21:55 | その他
雨との戦い 湘南祭前哨戦
 夜は、湘南祭全体会議でした。
 
 25日・26日の湘南祭にかかわるさまざまな部門の方々が一堂に会しての全体会議です。

 すでに土日で、特に土曜日は、雨予報(ネットで降水確率90%)ということで、雨にどのように対応するのかという戦いが始まりました。

 湘南祭は、相当なことがない限り、雨天決行ですが、各イベントについては、各イベントで決行・中止の判断を任せる形にしました。

 ただ、その場合にでも、雨よけとしてのテントの要望が出てきて、急きょの対応として、どうにか確保することができました。確かに雨よけも必要なのでということで、雨との戦いが始まった感じです。

 その後、場所を移しての懇親会でした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-23 23:27 | その他
2009年4月に読み終えた本② なぜ世界は不況に陥ったのか

なぜ世界は不況に陥ったのか 集中講義・金融危機と経済学

池尾 和人 / 日経BP社

スコア:



 アメリカ発の世界同時不況について、どうしてアメリカから世界に広がったのか?その理由について、短期的な見方だけでなく、30年スパンでのアメリカの産業構造の転換や、金融工学による複雑化、投資銀行の性質の変化についての解説が、池尾・池田両氏の対談により行われます。

 日本では、最近「ケインズ」に関連する書籍を目にするようになりましたし、「ケインズ」の名前を聞くようになりましたが、この書籍においては、相変わらずケインズと報じるメディアや、引き合いに出す政治家に対して、世界においては、もはや「ケインズ」か「ケインズではない」のかではなく、もっともっと新しい経済学が興っていて、それを理解していないことへの痛烈な批判とともに、その新しい経済学についての流れも解説されています。

 また今回のアメリカでの金融破たんと日本の破綻は、性質がかなり違うから、必ずしも日本がお手本になるというわけではないこと、その違いとして、日本は銀行が直接の貸しているために、貸し手と借り手の距離が近かったが、アメリカの場合は、金融システムが、証券化とその証券を組み合わせていくという形で超複雑化し、キャッシュフローを提供する人とそれを受け取る投資家の間があまりにも開きすぎていて、トレースできずに追いかけることができない状況であるということで、必ずしもいい手本になるわけではなく、ただ、ぐずぐずと先送り的な対応をしていると、「失われた10年」などのように長期化してしまうという反面教師であるという話が展開されます。

 金融商品事態については、私自身専門ではないので、その詳細についてはわかりづらかった部分もありましたが、90年代のバブル崩壊の日本とは異なるということは十分にわかりました。

 また、日本については、確かにこの金融破たんにより不況になったことについて、そのアメリカの金融破たんの影響というよりも、長年、長期的な展望に立ち、産業構造の転換を図ってこなかったこと、日本の労働生産性が、OECD調べで、2007年、G7諸国中最低であり、その中でもサービス産業の生産性があまりに低いことについて、産業構造を転換させる構造改革の必要性など、日本の問題は今回のアメリカ発の金融危機の問題とは異なり、いまだ古い体制であるという指摘については、確かにそのとおりだと思う反面、産業構造の転換、働いている労働者をどのように転換させるのかは政治の課題であるが、同時に難しさも実感しました。

 現在の世界で語られている新しい経済学の動向や、今回のアメリカ発の金融危機による同時不況について、そのアメリカの金融危機について理解を深めたい方には、読んでいただきたい1冊です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-23 15:29 | 読書記録
「湘南百撰」が創刊されます。
 5月末に、「湘南百撰」という「相州・海の街、山の町の観光&タウン情報誌」が創刊されます。この情報誌は、茅ヶ崎、藤沢、平塚、大磯、小田原、箱根、鎌倉などの地域を対象にした観光情報と、タウン情報をみなさまに提供する情報誌です。

 以前から、この情報誌の編集委員の推薦を受けており、昨日、編集委員という前にまずはお会いしたいという編集長の方からの話があり、茅ヶ崎でお会いさせていただきました。

 「湘南百撰」の方向性などを確認させていただき、いろいろと意見交換をさせていただき、編集委員にならせていただくことになりました。茅ヶ崎、そして湘南地域の観光振興などに役立つことができたらと思っております。

 5月末に50,000部で季刊(春・夏・秋・冬)で発行されます。みなさまよろしくお願いいたします。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-23 15:22 | 告知・報告
22日の日記
 22日は、午前中は茅ヶ崎青年会議所の正副理事長会議の資料配信作業や、茅ヶ崎アロハ委員会の近隣挨拶文書作成をしていました。

 午後から、まずは会議所で挨拶文書を印刷してもらったのを受け取り、「湘南百撰」という鎌倉から箱根にまたがる形での観光情報誌が創刊されるのですが、その編集委員の推薦を受け、編集長の方とお会いして、いろいろと意見交換をさせていただきました。

 次に、茅ヶ崎アロハマーケットのパナソニックリゾート湘南(旧松涛荘)に隣接するシーサイド茅ヶ崎の住民の皆様に、アロハマーケットの作業日程などの説明文書をもって、あいさつ回りへ、もう5年くらい連続してお伺いしているのですが、楽しみにしていますと言われるとうれしくなります。

 その後、パナソニックリゾート湘南の支配人にご挨拶と意見交換

 夕方からは、茅ヶ崎商工会議所で、湘南祭の設営・レイアウト部門長と24日と26日の作業関係の打ち合わせを行いました。途中JCの担当者も参加してくれて、人員配置などを決めました。

 続けて、湘南祭ステージの「海の上の君は、いつも笑顔」の映画PRについてのステージ出演者の確認や、湘南ガールコンテストへの映画チケット協賛のお願いなどの確認をしていました。

 これらの一連のものが終わり、続いて平塚へ移動

 夜は、日本青年会議所関東地区神奈川ブロック協議会行動プラン実践委員会の第5回全体会議でした。ここで私は、5月3日の憲法タウンミーティング担当の委員会に属していて、その打ち合わせに参加してまいりました。22時から懇親会で、ただいま帰宅です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-23 00:29 | その他
ユニバーサルデザインを学ぶ
 昨夕は、茅ヶ崎商工会議所4Fでハイテクメイト湘南の4月例会に参加してまいりました。

 第一部「ユニバーサルデザイン」
      新ビジネス創造部会長:星野朱妃子氏
 第二部「ユニバーサル食器開発の成果」
      講師:「庵福窯」主宰:柳川弘氏
    「TOTOのUDの取り組み」
      講師:TOTO UD課長:徳永成功氏

e0110824_9504425.jpg まずは、星野氏より、ハイテクメイト湘南で学んできたUDについての説明が、パワーポイントで写真をふんだんに使った形で行われました。星野氏は、曲がるスプーンや曲がるフォークなどの自助具に携わってきた中、スプーンやフォークだけでなく、食器も必要だ!プラスチック製のではなく、陶器などの食器が必要だということで、依頼したのが、二部で話す柳川氏ということでした。


e0110824_9472938.jpg その後、第二部から講師の講演ということで、まずは、星野氏の話を受けた形で、柳川氏が話を始めました。柳川氏は、TOTOのドロノワ倶楽部初代代表だったそうで、今は国府津で活動なさっているとのことでした。星野氏から、ユニバーサル食器の開発を急な話で受けて、奥様と相談して、手を縛ってみてどうなるのかや、ちょっと後ろに反っている形で、お茶などを飲むにはどうなるのか?というのを試しながら、改良を加えて、作られたということでした。


e0110824_9491410.jpg 実際にその食器も飾られていて、つかんでみると、握力がなくても持てるようにといった工夫もなされていました。

e0110824_9501245.jpg



e0110824_9494538.jpg 次に、TOTOのUD課長が、UDの取り組みについて、ますはバリアフリーとUDの違いといったところから、社内組織の取り組みの変遷や、取り組みの具体例についての話でした。具体例については、今、茅ヶ崎にUD研究所があるのですが、この研究所で商品のプロトタイプをさまざまな人に使ってもらい、その様子をさまざまな角度で映像記録し、それを見て気付きを得るという「生活シーン調査」をして、それで改良をくわえ、またその発見をセールストーク&セールスポイントに使うということをしているということでした。また、販売後も同じような調査をして、狙い通りの回答が得られているのかや、新たな気付きがないかを確認し、あれば、改良するという形で、どんどんスパイラルアップしていくという「UDサイクル」を展開しているということでした。


 質疑で、私はトイレのことで以前から疑問に思い、聞いてみたいことがあったので、それを質問しました。
 
 一つ目:トイレで排せつした場合に、さまざまな形態の「流す」方式があり、またその「流す」の位置もさまざまな場所にあるが、これを特に公共トイレについて統一できないのか?

 二つ目:トイレと正対したときに、右側に男性用があったり、また左側に男性用があったりといろいろあるが、これもどちらかに統一ということができないのか?

 ということを聞きました。一つ目については、TOTOとしても6年くらい前から取り組み始め、そして一昨年にようやく結論が出て、JIS規格になったということでした。非常にいいことだと私は思っています。

 二つ目については、これは、TOTOの方ではなく建築士の方が、その考え方について、どちらに男性・女性トイレにするかについて、女性側が入口から入って見えない方とか、奥になる方といった考え方があるということでした。その視点は私は気づきませんでしたが、逆に気付かせていただけて勉強になりました。

 その後、いろいろと質問が出て、久しぶりにUDを学んだ2時間でした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-22 09:51 | 視察・勉強
議会制度検討会
 昨日は、議会制度検討会でした。

 まずは、決算審査改革について、議会制度検討会で昨年から本格的に議論をし、今までの10名前後での決算審査から、30名全員が参加する形で、20の事業についての事業評価も行う形での形式に変更することを議論し、私の認識では、議会制度検討会では、今年度の決算審査から本格導入するという思いでしたが、議会事務局案が、事業については、4~8つくらいの事業で、かつ、試行ということで、議論からかなり後退した案が提示されました。やり取りの中で事務局・茅ヶ崎市側の意見や現状も聞きましたが、やはり、これまでの議論を踏まえると、後退感がいなめずに、うーーん・・・という感じです。

 その後、議会基本条例についての、次回の宿題として「議会の役割」などを考えてくることになりました。

 一般質問と常任委員会の順番については、この問題は、そもそも事前審査という存在があります。議員が一般質問をする時に、常任委員会に提出されている議案に踏み込むことをさすのですが、この踏み込むというのが、実は基準があいまいで、30人の議員の中に明確な基準がありません。したがって、ある意味、「事前審査」というよくわからない存在が発言を委縮させるといってもいい効果を生み出しているので、こういったことがないようにということで、一般質問と常任委員会の順番を入れ替えようという提案でしたが、私としては、そもそも「事前審査」とは何なのか、一般質問と陳情の関係、一般質問と請願の関係、一般質問と特別委員会との関係などなど、具体的に詰めていかなければいけないと思っていますし、その考えを述べさせていただきました。

 最後に、Emailでの議会の開催通知送付について、選択制としての提案で、私も、以前提案したんですが、Emailだと届いた届かないという問題があるという意見もあるのですが、郵便も100%届くというわけではなく、また届いた届かないの確認としては、受信確認などを付けておけば、確認できなくないわけで、議会で仕事をしていると、本当にITに対しての取り入れ度合いが低く、自分が1997年に会社員になった時代よりもIT導入度が低いので、技術を取り入れることの差をもっとも感じる部分です。私自身もITについて、私よりも若い人と比べると遅れていることを感じることもあるのですが、その私から見ても、遅れていると痛感させられます。

 ただ、選択制になるということで、私はメールを選択したいと思っています。実際に、私は、議事録の確認や、議会だよりの原稿やりとりなどは、Emailでやっています。その方が、手書きでやりとりや、いちいち印刷して渡すよりも仕事が早く、どこでもできるからそうしています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-22 09:12 | 議会制度
21日の日記
 21日は、ようやく1時半前に帰宅です。

 朝は、湘南祭関係や茅ヶ崎アロハの関係の書類と茅ヶ崎青年会議所のFM番組の2009年企画案を作成していました。

 午後から議会制度検討会へ 内容は明日以降に書きます。

 議会制度検討会の前に、湘南祭で茅ヶ崎青年会議所へ24日の前日作業の人員の確認や、設営レイアウト部門の青年部の担当者に打ち合わせの日程確認をしました。

 その後、議会制度検討会(13時半~15時半)

 終了後、急いで茅ヶ崎商工会議所へ

 商工会議所女性会とともに本部関係の備品等の確認を行っていました。これが15時半から17時くらいまで

 その後、今日は夜が長いので、早めの夕食、途中、青年会議所の神奈川ブロック協議会のマニフェスト検証大会についての相談を受けました。

 そして18時から、今度は茅ヶ崎商工会議所ハイテクメイト湘南の4月例会に参加、今回ユニバーサルデザインがテーマだったので、お誘いを受けて勉強させていただきました。

 TOTOのUDの取り組みや、人にやさしい陶器による食器づくりの話を聞かせていただきました。

 20時に終了し、その後、茅ヶ崎青年会議所総務広報委員会へ

 途中、先輩議員から今日の議会制度検討会について意見交換を行いました。

 20時半まえくらいから、総務広報委員会で打ち合わせ

 テーマは、5月1日に行う「公益社団法人格取得推進会議」に、FMレディオ湘南「GO!GO!JC」の2009年スケジュール確認などでした。いろいろ打ち合わせをするうちに、終了し、今帰宅しました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-04-22 01:32 | その他


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧