茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2009年 05月 ( 74 )   > この月の画像一覧
新人議員勉強会 耐震改修の話
 今日は15時から、小磯議員とともに企画した新人議員の勉強会でした。

 今回は、立川在住で日本設計出身(すでに定年退職)の平館孝雄氏をお招きして、耐震改修についていろいろとお話を聞かせていただきました。

 15時からの勉強会の前に、14時半前に平館氏がお見えになられたので、小磯議員とともに、茅ヶ崎市役所本庁舎の1F~7Fまでをざっと30分とかなり端折ってですが、ご案内させていただきました。

 その後、6名の新人議員が参加する形で、15時過ぎから耐震改修についてご講義していただきました。

まずは、地震について、海溝型地震と活断層型地震についての簡単なメカニズムの説明が行われ、地震に関しては、「地震期待値マップ」というものがあり、海溝型・活断層型ともに全国各地でマグニチュードの大きさとその確率についての地図があるということでした。

 つけられた資料のMAPの中期によると(神奈川県と関係ありそうなものに限定)
  <活断層>
    神縄・国府津・松田断層帯 M7.5程度 0.2~16% 
    三浦半島断層帯(武山断層帯)M6.9程度かそれ以下 6~11%
         (衣笠・北武断層帯)M6.7程度かそれ以下 0~3%

  <海溝型>
    相模トラフ沿いのM8程度の地震(大正関東大震災)
       M7.9程度 0~1%
    茨城県沖や相模トラフ沿い以外の南関東地震
       M6.7~7.2程度 70%程度
というように出ていました。
 
 また、震度マップもあるとのことです。
 茅ヶ崎市の震度マップは、こちら 

 これらの話の後、具体的に耐震について大きく分けて5つの方法について、平館先生が絵を描きながら説明をなされました。

 ①耐震壁・ブレース(筋交い)
 ②免震装置
 ③耐震装置
 ④部材補強
 ⑤外付けフレーム

 これらについて一通り説明を受けた後、耐震改修のプロセスの話についての説明も受けました。

 その後、質疑応答、終了後は、飲みながら、さまざまなことについての意見交換を行いました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-28 00:00 | 視察・勉強
議会基本条例の検討 その①地位・役割・機能
 茅ヶ崎市議会は、議会制度検討会において議会基本条例についての検討を行っています。

 現在は、部分分けして、その部分においてどういった内容を盛り込むのかという議論に入りました。

 その具体的な第1回目として、議会の地位、役割・機能について考えてくるという宿題が与えられており、今日、議員のパソコンルームでたたき台として作成し、事務局に明日の資料としてお願いしました。

 私が作成し、提出した資料は以下の通りです。

まずは、地位について
 ・選挙によって選ばれ、市民から負託を受けた議員により議会が構成されていること
 ・日本国憲法92条の地方自治の本旨(住民自治と団体自治)の実現のため、日本国憲法において、地方自治の二元代表制の一翼を担う合議制の議事機関として設置されていること
 ・二元代表制について、市長と議員がともにそれぞれの選挙で市民から選ばれた存在であり、それゆえに市民を代表していること

役割・機能についてです。
 ・独任制の執行機関としての市長、合議制の議事機関としての議会、それぞれが市民からの重い負託を受けていることを十分に認識し、それぞれの特性を生かしながら、市民全体の生活・福祉の向上のために、競い合い、協力しあいながら市政運営を行っていくこと
 ・議会の機能として、自由な討議を通して議事機関として以下のことを行う。
   ・独自の政策立案及び提案
   ・議員立法
   ・茅ヶ崎市から提出された議案や市民などから提出された陳情や請願
    の審議や審査
   ・市長等の執行機関の事務の執行の監督と評価
 加えて、地方分権時代にふさわしき地方自治を機能させるために、議会は、市民生活に関わることに関する論点や争点を発見し、市民に公開することに取り組む。

懸案事項
 議会基本条例は、公開され、市民・住民に広く読んでいただくものであることから、言葉の定義が必要ではないか?
  ・議員とは?
  ・会派とは?
  ・執行機関とは?
  ・市民とは、
  ・住民とは?  など                     
 大学生や、一般の市民にそういった言葉についての定義の必要性についてのヒアリングをかけることも必要かと思われます。

 明日、どんな議論になるのか楽しみです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-27 23:06 | 議会制度
茅ヶ崎市における学校施設の耐震化率について
 教育施設課長より、議員に対して学校施設の耐震化率についてのデータが文書で交付されました。

 茅ヶ崎市の小学校・中学校の校舎棟及び体育館(屋内運動場)について、平成19年度までにすべて耐震補強工事を完了しています。したがって、耐震化率100%となるのですが、文部科学省の基準変更がありました。

 文部科学省が実施する耐震改修状況調査において、今年度より基準が変更され、「給食施設(給食場)」が建物区分の「校舎」に含まれることから、茅ヶ崎市の耐震化率が変わることとなりました。

 小学校:校舎棟  97.1%
     体育館棟 100.0%

 中学校:校舎棟  100.0%
     体育館棟 100.0%


 小中学校合計 98.6%
 小学校の校舎棟について、鶴嶺小学校給食場と柳島小学校給食場の2棟が、新基準において「耐震診断未実施の棟数」として加算されることにより、耐震化率が下がりました。

 ちなみに、柳島小学校給食場については、平成21年度に耐震診断・耐震補強設計、平成22年度に耐震補強工事を予定しています。鶴嶺小学校給食場については、平成23年度から行われる大規模補強工事に併せて耐震補強工事等を実施するとのことで、小中学校に耐震化率100%になる予定です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-27 22:56 | 茅ヶ崎データ
今日の日記
今日は朝から議会へ

昨年度の政務調査費の最終精算と学務課に資料請求を行ったり、保育課に広域保育について聞いてみたりしていました。

その後、茅場町へ

日経グローカルセミナーに参加して参りました。今回のテーマは、指定管理制度についてです。

茅ヶ崎市でも今回指定管理について勤労市民会館に市外の民間企業が参入するなどの動きがありました。
いろいろ考えなければいけない課題があると思い、この勉強会に参加しました。

次に、東京に移動、生涯現役社会づくりに取り組む日本生涯現役推進協議会とNPO法人ライフベンチャークラブを訪問し、生涯現役社会づくりについての意見交換を行いました。

これから二宮に移動して、NPO法人CS21湘南の総会に出席です。総会の議事録作成担当です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-26 18:13
茅ヶ崎市の新型インフルエンザにかかる保育園の対応
 今日、茅ヶ崎市保健福祉部保育課長から自宅にFAXが届きました。

 茅ヶ崎市でも「茅ヶ崎市新型インフルエンザ対策本部」を設置し、対策を講じていますが、今回、新型インフルエンザが市内等で発生した場合における保育園の対応についての説明が書かれていました。

 基本的には、国の新型インフルエンザ対策行動計画に基づき、集団生活の場での感染拡大を避けるため、全保育園を閉鎖する可能性があるそうです。

 しかし、保護者が社会機能維持の仕事(医療、警察、ライフラインに関する業務等)やその他のやむを得ない事情により家庭保育ができない場合には、国のガイドラインを勘案し、指定した公立保育園6園を拠点として「緊急保育」を実施するとのことでした。

 ちなみに、この「緊急保育」の申し込み希望者は、5月21日現在で574人とのことで、現時点では申込者全員を「緊急保育」として受け入れる予定とのことです。

 茅ヶ崎市の新型インフルエンザ対策行動計画(暫定改定版)は、こちら
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-25 22:19 | 告知・報告
会派会議などなど
 総会出席の後、会派の控室へ

 11時過ぎから、代表渡辺、副代表吉野、そして私の3名で会派の打ち合わせを開催しました。

 議題としては
  各派代表者会議の報告
  29日の全員協議会・定例行政報告会の議題
  6月議会の補正予算関係

について打ち合わせを行いました。

 打ち合わせ終了後、いったん歯医者へ

 詰め物がとれてしまったため、くっつけてもらいに行きました。すると、歯垢も取ったほうがほうがいいですよとのことで、くっつけてもらいましたが、歯垢除去でちょっとの間通院することになりそうです。

 その後、議会に戻って、いろいろと調べ物をしていました。

 企画調整課、市民税課、資産税課、納税課、教育委員会学務課などに連絡を取り、今調査していることについていろいろ教わったり、また資料請求をさせていただいたりしました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-25 22:08 | 議員活動
茅ヶ崎地区自閉症児・者親の会総会
 今日は10時から茅ヶ崎市役所分庁舎5Fへ

 茅ヶ崎地区自閉症児・者の会総会に出席してまいりました。

 上杉桂子会長が、会長挨拶の中で自閉症児・者の福祉がどのようになるのかについて話をされていました。

 1年6か月以内に
  利用者負担の見直しが行われ、応能負担になること
  障がい者の定義に、発達障害者も含むことが明記されること

 また、24年4月から、障害程度区分から障害支援区分にかわるとのことでした。これは、これまでのその人の障害の程度で決めていた障害程度区分を、どれだけ支援が必要なのかということでみる障害支援区分になるとのことでした。

 同じく、24年4月から、各都道府県に機関型相談支援センターが設置され、特定相談支援事業が行われるとのことでした。

 また、神奈川県の動きとして、障がいを持った子どもを育てながら働く親の方にとっては朗報である「障害児放課後活動支援事業」が、始められる可能性が高く、21年度神奈川県の教育委員会と神奈川県の福祉担当部署が、話し合いをしているとのことでした。

 この「障害児放課後活動支援事業」は、養護学校で日中一時支援事業を行うというものです。

 働く親の皆様にとっては、学童保育も子育て支援として必要な政策だと思います。障害を持ったお子さんを育てながら働く親の皆様にとってもそれは同じであり、そういった意味で、この事業が実施されると本当に助かると思います。

 また、来賓挨拶で茅ヶ崎市の担当職員の方が、19年度に特別支援学級の適正規模と課題を検討し、21年度に新たに西浜小・小出小・西浜中の3校に開設したことを報告していました。

 また、19年12月国連総会において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」と名づけ、各国でその啓発イベントが開催されているそうです。

 世界自閉症啓発デーHPは、こちら
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-25 21:08 | 議員活動
茅ヶ崎のクールビズはアロハビズ!
 今年も茅ヶ崎の夏は、アロハでということで、
 「茅ヶ崎のクールビズは、アロハビズで!」と銘打ち、オープニングイベントが開催されます。
 
 6月1日(月)12時~13時
 茅ヶ崎市役所本庁舎南側前庭
 市役所に懸垂幕を下ろし、そして、Temiyanのライブや、カロケメレメレフラスタジオのフラショーで盛り上げます。

 記者発表は、こちら

 また、市の職員も毎週水曜日と金曜日にアロハシャツをして業務にあたります(すべての職員ではありません)。

 議会も6月3日の議会運営委員会にて正式決定ですが、昨年に引き続いて「アロハ議会」になると思います。

 記者発表は、こちら
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-25 20:21 | 告知・報告
NPOロビー展開催中
e0110824_15501746.jpg

茅ヶ崎市役所2Fロビーにて、茅ヶ崎市内で活動するNPOや市民団体の活動内容が展示されています。

e0110824_15501775.jpg 市内に環境、まちづくり、教育、障害者福祉、高齢者福祉、児童福祉など様々な分野で活動する団体のパネル展示です。


皆様も市役所お立ちよりの際にぜひご覧ください。
私も所属している団体も展示をしていました。
e0110824_15501735.jpg はまけいは、今年は昨年からい引き続いて、茅ヶ崎のシンボル烏帽子岩について、いろいろ調査をします。利用に、歴史に、地質に、鳥類、植物にと、多角的に烏帽子岩を調査する予定です。


e0110824_1550171.jpg NPO法人湘南スタイルは、「おいしい茅ヶ崎」を手掛けたりと地域のポータルサイトとしての活動や、WEBだけでなく、具体的なまちづくり活動にも関わっている団体です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-25 15:50 | 告知・報告
28日の議会制度検討会
 5月28日13時半から議会制度検討会が開催されます。

 今回の内容は、以下の3つです。
  1.決算の外部評価
     ・決算特別委員会での評価方法(具体的な審査方法)について
  2.議会基本条例について
     ・議会の地位、役割、機能について
  3.一般質問と委員会審査の順番について

 まずは、1の「決算の外部評価」については、議会制度検討会で1年以上でしょうか、議論をし、また、先進事例である多摩市議会の決算の評価方法などを学び、その方向性を決めました。これからは、茅ヶ崎市側といかにして運営していくかという具体的な方法の話に入っております。

 2の「議会基本条例」については、茅ヶ崎市では、(仮称)自治基本条例について、市民検討委員会が3年7か月の議論を重ね、この2月末に市長に答申を出し、ただいま茅ヶ崎市において(仮称)自治基本条例案の作成が行われていますが、この流れを受ける形で、茅ヶ崎市議会でも議会基本条例を制定すべきだということで、議会制度検討会にて検討が重ねられています。

 3の「一般質問と委員会審査の順番」については、茅ヶ崎市においては、定例会(3・6・9・12月)で、一般質問が行われたあと、各常任委員会が開催されます。

 その際に常任委員会に付託される議案に触れるようなことを一般質問で行うことが、常任委員会の議論にも影響を及ぼすことになるので、「事前審査」に当たるからダメだということになります。この「事前審査」の危険性を回避するということで入れ替えてはという提案がなされています。この件についての話し合いです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-05-24 19:05 | 告知・報告


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧