茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2009年 09月 ( 54 )   > この月の画像一覧
2010年 JC運動発信委員会 第1回委員会
 昨晩は、2010年から本格稼動のJC運動発信委員会の第1回委員会でした。ある意味委員長として初の仕事です。

 といっても、来年に向けてのライン会議(次年度理事長&次年度専務理事)もあり、基本的には次年度理事長の考えの確認と、委員会で予定されている仕事の確認を行った後、DENで懇親会でした。

 帰宅は0時過ぎてました。

 JC運動はこの10月からが結構大変です。今年度委員会と次年度委員会の両方が動くために・・・今年度の総務広報委員会は、卒業式が担当なので、まだまだ終わりという状況ではありません。

 まあ、ある意味JC運動の醍醐味を味わえる期間なのかもしれません。

 というわけで、とにかく今年度中の会議の日程だけロックしました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-30 13:55 | JC&YEG
<報告>インフルエンザによる学級閉鎖について
 茅ヶ崎市立小学校で9月30日から5日間の学級閉鎖の実施の発表がありました。

 小和田小学校 5年生1クラス
 鶴が台小学校 2年生1クラス

が、9月30日(水)~10月4日(日)まで学級閉鎖となります。

 みなさま新型インフルエンザの足音が聞こえてきております。ぜひご注意ください。

 これまでの学級閉鎖状況などは、こちら

 9月3日  浜須賀小学校 6年生1クラス
 9月4日  浜須賀小学校 6年生全クラス(学年閉鎖)
 9月17日  今宿小学校  5年生1クラス

という状況です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-29 16:07 | 告知・報告
9月議会終了
 今日は朝から議会へ

 9月議会(平成21年第3回定例会)の最終日の本会議でした。決算特別委員長、四常任委員長(総務・環境厚生・教育経済・都市建設)の報告の後、この報告の決算認定と議案について、各会派(会派に属さない議員は個人)による討論が行われました。

 その後、各認定と各議案の表決が行われ、追加議案の審議&表決、その後は、議会議案についての審議&表決が行われました。

 本会議の後は、全員協議会が行われました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-29 16:00 | 本会議
今日の日記
 今日は、お宅訪問でいろいろと市政についての意見交換を行った後、議会へ

 2010年1月から茅ヶ崎青年会議所の委員会の委員長になりますが、その2010年に向けて動き出しています。私の委員会も明日初めてメンバー全員を集めての委員会を開催いたしますが、その資料作成などを行いました。

 その後、レディオ湘南へ

 19時から3週間ごとに持ち回りのJC番組の収録に立ち合いました。今回は地域コミュニティ創造委員会の8月7日に開催したOMOIYARI VILLAGEについての振り返りをメンバーにしてもらいました。

 そして帰宅し、これから明日の9月議会最終日の準備などを行います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-28 22:06 | その他
総裁選・・・
 鳩山民主党政権が発足し、鳩山総理大臣の国連演説や、前原国土交通大臣の八ッ場ダムやJAL再建の取り組み、亀井金融・郵政担当大臣の徳政令と注目が集まる中、自民党では総裁選が行われています。

 正直どうなるのかと思っているのですが、本当に伝わってこないです。メディアの取り上げ方を見ると、やはりこれが与党と野党の違いというものであると思います。

 私の主観で書くと

   全員野球というまとまりを訴える本命の谷垣氏
   派閥解消を訴え自民党改革を掲げる河野氏
   いまひとつキャラが立っていない感じの西村氏

という感じです。

 河野氏が総裁になると、メディアの報道で行くと、派閥解消を訴え、古株批判を行う姿に、かなり自民党を変える意気込みが伝わり、おもしろくなりそうだという期待感があります。総裁になったら世代抗争が激化し、その中で自民党の分裂が進む可能性があると思いながらも、どんな自民党になっていくんだろうという思いもあります。

 谷垣氏が総裁になると、自民党の古株批判をしている河野氏をどう処遇するのか、処遇次第では、河野氏と河野氏を応援した国会議員が離党し、渡辺喜美氏のみんなの党に合流するという可能性が出てくるのではないかと思っています。もしくはこじんまりとまとまってしまうのではないかという不安もあります。

 ただ、それ以上にとにかく政権交代の現実が突きつけられていると思っています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-28 09:25 | 雑感
研究会 地産地消 その2 学校給食
 遅れましたが教育経済常任委員会の後に開催された研究会についてです。

 学校給食における地産地消です。

 1.食育推進(法律・計画など)
    食育基本法(H17.7.15) 第5条
    食育推進基本計画(H18.3.31) 学校給食における地場産の割合増加
    神奈川県食育推進計画(H20.3) 学校給食における地産地消の推進
    茅ヶ崎市学校給食地場産農産物使用推進検討会(H16.2.1)

 2.学校給食を利用した地産地消推進事業(神奈川県環境農政部農業振興課)
   H20年度「かながわ産品学校給食デー」地場産デーを年1~3回実施
    茅ヶ崎小  年1回
    松林小   年3回
    西浜小   年1回 鯵の干物ができる過程を提示
    小出小   年2回 学区内で生産された野菜を使用
    松浪小   年1回 事前に干物工場を見学
    梅田小   年1回
    浜須賀小  年3回
    鶴が台小  年1回 市内産ゴボウを使用
    柳島小   年3回 児童が作った野菜と地元農家が作った野菜を使用
    東海岸小  年1回 地場産品を紹介
    室田小   年3回 地場産米を使用、地場産農産物を放送でPR
    浜之郷小  年1回 米、手作り味噌、県内産品を使用
    緑が浜小  年1回 干物工場の様子を印刷物で紹介
    共同調理場 年2回 市内産米を使用

 3.地場産野菜類使用実績
    H18 15品目 18,461㎏ 6.2%(地場産比率)
    H19 11品目 14,680㎏ 6.2%(地場産比率)
    H20 9品目  9,131㎏ 3.8%(地場産比率)
  地場産が市場に入らないために、減少傾向となっているとのことです。小学校の中には生産者方直接納入しているところもあるとのこと
    平成20年度の地場産野菜 9品目
     いんげん、かぶ、さやえんどう、ブロッコリー、ほうれん草、小松菜
     人参、大根、長ネギ


   地場産使用について、
    ・給食の発注が1~2週間前であること
    ・茅ヶ崎市の青果市場にすべての市内農家の生産物が入っていないこと
    ・規格にあったものが必要であるものがあること
    ・地場産はやはり値段が高いこと
    ・葉物は年間生産可能だが、他は期間があること
    ・農作物が時期によってずれること
 などから、取り入れていくことのむずかしさがあるとのことでした。

 4.市民提案型協働推進事業
   学校給食の残さを使用し、堆肥を作り、その堆肥で野菜を作り、給食に提供するという食資源の循環を目指した事業。
   給食残さ提供校 :共同調理場、柳島小学校
   給食残さ回収  :週2回
   残さでできた野菜:ほうれん草、小松菜

 5.米飯給食の地場産使用
   茅ヶ崎産のキヌヒカリの新米を使用
   平成16年11月から生産者、さがみ農協、農政課の協力を得て始める。
   平成20年度 全小学校で2回実施 約1,920㎏

 6.栄養士による食育に関する指導
   (1)給食の時間に生きた教材として「ミニ給食ニュース」で紹介&配膳室前に実物展示
      地場産野菜類、生産者、生産地(地場産だけに限らない)
   (2)クラス指導の中で地場産野菜類を紹介
   (3)給食だよりに地場産農産物を掲載し、保護者にも周知
   (4)給食展示会で給食に使用している農産物の種類及び生産者を紹介
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-27 11:59 | 茅ヶ崎データ
岡山政経塾の皆さまに
 昨晩からとにかく資料作成に追われていました。

 午後から久しぶりに松下政経塾へ

 毎年岡山から岡山政経塾の方が合宿に見えられます。普段は私はその懇親会要員なんですが、今日は講演をということが急きょ2日前に決まったんで、それで急いで資料を作成し、2時前に松下政経塾へ

 資料の印刷とプロジェクタ使用のことを伝え、準備をし、15時~講演ということで茅ヶ崎市のことについての説明をさせていただきました。

 4月に30期生たちにやっていたパワーポイントデータがあったんで、これをもとに修正ということで、元があったんで助かりました。

 1時間半ほど話をし、その後30分ほど質疑をしました。

 17時半くらいに帰宅して、晩御飯を食べた後、いつもの通り懇親会に参加します。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-26 18:09 | 松下政経塾
公共施設整備対策特別委員会 簡易公募型プロポーザル方式の報告
 公共施設整備対策特別委員会の続きの最後です。

 この夏に、茅ヶ崎市では3つの公共施設について「簡易公募型プロポーザル方式」を導入し、請負契約者が決まったということで、その件に関する報告がなされました。

 1.(仮称)中海岸・共恵地区地域集会施設及び保育園建設に伴う基本設計・実施設計業務委託
 応募は21者、そこから一次審査、二次審査を行い、最終的には茅ヶ崎市の株式会社洋建築企画が請負契約者に
 契約請負 株式会社洋建築企画
 契約金額 5,040万円
 契約期間 平成21年7月29日~平成22年7月23日

 2.茅ヶ崎市民文化会館耐震補強及び改修工事に伴う基本設計・実施設計業務委託
 一回目の公募では応募者なしのため、応募条件の見直しを行い、再公募を行った。5者の応募があり、一次審査、二次審査を経て、新宿の株式会社エイアンドティ建築研究所が契約請負者に
 契約請負 株式会社エイアンドティ建築研究所
 契約金額 1億3,125万円
 契約期間 平成21年8月5日~平成22年10月29日

 3.(仮称)茅ヶ崎市営小和田住宅外複合施設建設に伴う基本計画・基本設計業務委託
 応募は6者、一次審査、二次審査を経て、茅ヶ崎市内の株式会社洋建築企画が請負契約者に
 契約請負 株式会社洋建築企画
 契約金額 1,953万円
 契約期間 平成21年8月19日~平成22年3月19日
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-24 22:19 | 公共施設特別委員会
公共施設整備対策特別委員会 整備プログラム&新規事業について
 公共施設整備対策特別委員会の続きです。

 整備プログラムの再検証についての報告がなされました。

 8月末までにおいて整備プログラムの再検証を行ったとの報告でした。内容については、公共施設等再編整備基金について、当初毎年度5億円積み立てることから、平成24年度から積立金を毎年2億円にするということでした。理由としては、ただいま進んでいる次期総合計画についてその財源確保を進める中、財政見通しから積立額を減額するとのことでした。
 また、これに関連し、計画期間についても当初10年を12~13年にするとのことでした。

 新規事業の追加&変更については、以下の2つでした。
 
 1.常磐町地区県有地における地域集会施設及び公共施設整備の検討
   常磐町地区県営住宅廃止後の跡地を複合型地域集会施設及び消防署小和田出張所の移転整備
   消防署小和田出張所は、昭和40年からで市内で一番古い出張所という老朽化と住宅地にあるという点から、この場所に移転整備するということでした。ちなみに、消防署小和田出張所が移転後のその跡地については基本的には売却し、売却代金を施設建設に充てていくという方針であるということでした(ただ、これは原則であり、この跡地を具体的にどうするかは未定)。

 2.学校給食共同調理場廃止の検討
   小和田小学校、円蔵小学校、今宿小学校における自校式給食を実施していくことに伴い、この学校給食共同調理場は廃止を検討するとのことでした。平成23年度から順次始めて、平成28年度にすべて完成するとのことでした。
   この廃止後の跡地については、まだ協議しておらず、平成28年度までに協議してきめるとのことでした。

 ちなみに、本庁舎再整備方針の決定は、平成22年4月下旬
      公共施設整備再編計画整備プログラムの決定は、平成22年5月中旬 とのことです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-24 21:52 | 公共施設特別委員会
公共施設整備対策特別委員会 本庁舎について
 今日は、公共施設整備対策特別委員会でした。

 市役所本庁舎について、耐震診断が平成3年当時のものであったために、今年度改めて最新の状況での耐震診断の速報が出されました。

 診断については速報値ということで、この後、第三者機関の外部評価委員会による評価により最終確定となります。その時期は平成22年2月末とのことです。

 しかし、確かに数値はかなり悪化した現実でした。平成3年度の調査では、最低値が、3階の0.48でしたが、それが今回の調査速報で、すべての階で悪化し、特に1階部分が、 最低値0.24という値になりました。

 ちなみに、このIs値について、震度6以上の場合、その数値によって建物がどのような状態になるのかを表すものです。
 0.6~   「倒壊、崩壊する可能性が低い」
 0.3~0.6 「倒壊、崩壊する可能性がある」
 ~0.3   「倒壊、崩壊する可能性が高い」 


 ということで、今回の調査で、1階の最低値が0.24、2~7階の最低値が0.3台と、本庁舎はかなり危険な状態にあるということになります。建替の検討よりもとにかく急いで耐震補強をしなければいけない状態にあると思います。

 9月末に、この耐震診断を行った業者から、このIs値を0.6にする耐震補強工事費の見積もりも提示されるとのことです。

 本庁舎再整備の方針については、平成22年4月下旬までに決定されるとのことでした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-24 21:29 | 公共施設特別委員会


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧