茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2009年 12月 ( 49 )   > この月の画像一覧
総務常任委員会にて修正案を出しました!
 今日は総務常任委員会でした。

 今回は、補正予算・自治基本条例・総合計画・組織変更・指定管理・工事関係などさまざまでした。

 この中で、私は今回自治基本条例についての修正案を提出しました。昨日から、この自治基本条例については、継続動議が出て、12月で決めてしまわないという動きもあり、継続となると私が出そうとする修正案も出しようがなくなる危険性もありました。
 
 しかし、継続については出るのかどうかわからないということなので、私は当初からの通り修正案を提出すると決めました。

 私は、今や、地方制度調査会などでも普通に「地方政府」という言葉が使われるようになりました。この地方政府として機能するためには、各自治体が、市民主権に基づいた運営が行われること、市民主権を制度的に満たせるものになることが求められていると思っています。

 茅ヶ崎市の自治基本条例については、それはまだまだ不十分であると思っています。前文において高らかに「市民主権」をうたっているわけではありません。

 また位置付けについても、自治基本条例は、市において定められた条例の中で運用上の最上位に位置するものであり、それゆえに最大限に尊重されるべきものであると思っていますが、茅ヶ崎市の自治基本条例はそれを明確に読み取れるものではありませんでした。

 こういったことなどから、私は、それを討論で今後そういった項目を入れてほしいという要望をする形ではなく、あえてそのように修正させるんだということで修正案を出しました。

 ちなみに、条例案の修正案が出されたのは、平成13年以来のことだそうです。

 修正案についての質疑は、賛同議員からのみで、私としては修正案を出したもう一つの理由として常任委員会という議事録がきちんと残る場にて議員同士でこの条例案についての議論をしたいという思いがありました。その議論をするためには、まずは私が前に出る。「出る杭は打たれる」というような言葉の通り、打たれはするが打ち返すぞ!という気持ちで出しましたが、残念ながら何もなく終わりました。

 修正案自体も結局否決となりました。

 しかし、私としては、議会においてわずかばかりですがいつもとは違う、予定調和的ではない形にしたという意味はあったと思います。ただこれからも一石を投じていきたいと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-08 21:23 | 常任委員会
JC 2月例会が見えてきた・・・
 茅ヶ崎青年会議所の2010年度のJC運動発信委員会の2月例会についての議案作成も最終局面に近づいてまいりました。

 当初、松下政経塾との共催案を模索しましたが、うまくいかず、その結果かなり苦しみましたが、今日一気に進めることができました。

 基調講演に、北川正恭氏(早稲田大学マニフェスト研究所所長)がほぼ確定しました。あとは詳細を詰めていくだけという段階です。

 パネリストについても、服部信明茅ヶ崎市長を考えていたところ、今日、議会が終わった後に服部市長に5分ほどお時間をいただき、お願いをしたところ快諾していただけ、日程についても秘書広報課と話し合いが終了しました。

 あとお一人方との交渉が残っていますが、これでかなり山を登っていくことができたと思っています。

 ここのところ、12月議会一般質問、そして今日の総務常任委員会での修正案の準備、そして、2010年の2月例会に、2009年12月卒業式例会に、加えて現在進行中の多重債務問題にとでなかなか大変でしたが、かなり片付けることができそうだなーという感じになってきました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-08 19:12 | JC&YEG
<報告>インフルエンザによる学級閉鎖情報 12.8
 インフルエンザ情報です。学級閉鎖のみです。

 学級閉鎖
 松林小学校 1年生1クラス 12月9日~13日

 柳島小学校 1年生1クラス 2年生1クラス 12月9日~13日

 円蔵小学校 4年生1クラス 12月9日~13日
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-08 18:40 | 告知・報告
地方議員年金について 全国市議会議長会独自案にNO!
 先日、総務省の地方議員年金制度の検討会について簡便にまとめた資料をいただきました。12月4日に開催されたそうです。

 検討会の結果は、結論先送りで、12月21日にまた改めて行われるそうです。

 この検討会で、全国市議会議長会からこれまでの総務省検討案とは別に独自案が提示されたということなんですが、この独自案には、私は驚きました!!

 全国市議会議長会の案は、なんと全国の市議会議員の掛け金は据え置き、しかし、自治体からの財政投入はアップというものでした。
 <全国市議会議長会 独自案>
  給付水準      カットなし
  掛金(月額報酬) 変更なし(16%のまま)

  負担金(公費・税金)12%→16%


  特別掛金(賞与) 変更なし(7.5%のまま)
  激変緩和負担金   4.5%→14%

 地方議員年金については、すでに各自治体から公費(皆様の税金)が投入されています。この投入額をさらに増やす!!という案です。

 正直おかしくありませんか?

 この各自治体の税金投入について我が茅ヶ崎市においては

 <茅ヶ崎市の議員年金に対する公費負担額(皆様の税金投入額)>
   平成18年度 約1,700万円
   平成19年度 約2,500万円
   平成20年度 約2,670万円
   そして、平成21年度には約2,700万円を予算計上


となっています。これをさらに増やそうというものです。しかも年金の給付水準を変えることなく、また掛け金も増やすことなく…

 私は、我が会派で6月に「地方議員年金の廃止を含めた検討を求める請願」を出しました(我が会派と会派に属さない議員1名の4名以外、みなこの請願には反対(自民党系・民主党系・公明党・共産党・無所属))でした。

 この地方議員年金について本当にこのままにしておくべきではないと思います。私自身、全国市議会議長会独自案については到底容認できるものではありません。あまりにも世間ずれしすぎた自らの利権を守ることにのみ焦点を当てた案だと言わざるえません。

 これからも私は地方議員年金廃止について声をあげていくですが、他の議員の方も声をあげていただければと思っておりますが…
 
 しかし、この独自案は、正直驚きです!!
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-07 22:53 | 議会制度
コミュニティバスについて(都市建設常任委員会研究会)
 都市建設常任委員会後、研究会が開催されました。テーマは「コミュニティバス」について

 茅ヶ崎市内には、コミュニティバスが4路線走っています。
  ・中海岸南湖循環市立病院線
  ・北部循環市立病院線
  ・鶴嶺循環市立病院線
  ・東部循環市立病院線

 ※ちなみに、茅ヶ崎市の乗合交通整備計画においては、計画路線は8つで、残り4つがまだということになります。
  計画の残り4路線
   ・柳島循環市立病院線
   ・西久保寒川循環線
   ・北部循環線
   ・中心部循環線

 バスについては、路線バスもコミュニティバスも運転士1人必要のため、一便あたり30名程度乗車しないと黒字に転換しないそうです。ちなみに、コミュニティバスは、8人~30人程度であるため、基本的に赤字になりやすいものであるということがわかります。
 
 ただ、この赤字についてどうするのかということが今の問題で、利用料金をどうするのか?公費負担をどうするのか?という検討事項が発生します。

 <中海岸南湖循環市立病院線>
 平成14年5月運行開始
 累計乗車数 133.5万人
 一便平均 19人程度
 県内で最も成功した例

  →一便平均19人程度が県内で最も成功した例であり、採算分岐点が30名程度だとすると、やはり「赤字」にならざるえないということなんだと思います。

 <北部循環市立病院線>
 平成18年3月運行開始
 累計乗車数 15.6万人
 一便平均 5人強

  →市街化調整区域を走り、沿線住民人口が1万人程度のため、利用者数があまり伸びていないとのことでした。

 <鶴嶺循環市立病院線>
 平成19年12月運行開始
 累計乗車数 4.2万人
 一便平均 4人弱

  →もっとも業績が悪い路線で、路線バスとも重複するルートが多い

 <東部循環市立病院線>
 平成19年12月運行開始
 累計乗車数 6.0万人
 一便平均 4人強
 松が丘コースと小和田・松浪コースの2つある

  →計画路線どおりに路線を通せず、生活圏が辻堂駅であるため、そちらに結ぶ必要があった。

 現在の市民から路線開設要望が多いのは
  ・赤羽根
  ・柳島、中島
  ・行谷
  ・辻堂駅

 しかし、現行4路線においても、その収支はかなり厳しい状況からすれば、すぐに開設というわけにもいかず、地域住民も使うことについてもっと参画して行政と一緒に考えていくことが重要なんだと思います。

 コミュニティバスを考える視点として、
   福祉という点から主に地域の高齢者の足
   政策投資という点から路線をうまく組むことでの地域活性
などがあると思います。しかし、実際にどこまで公費を負担するか(赤字を容認するか)という点もいまや無視できません。

 茅ヶ崎市の平成20年度コミュニティバス市負担額は、約1.1億円
 ※人口一人当たり約478円負担

となっています。

   また、民業との関係もあるので、自由自在に路線を組むことができるわけではない問題点もあります。

 公共交通をどのように育て、守るのか、行政だけでなく、市民自らがいかにしたら、自らが乗車するのかという発想や行政からのサービスという発想ではなく、自分達の公共交通であるという意識を強く持つことが大事なんだと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-07 14:27 | 常任委員会
<報告>インフルエンザによる学年閉鎖。学級閉鎖 12.7
 インフルエンザによる学年閉鎖・学級閉鎖情報です。

 学年閉鎖
  鶴が台小学校 2年生全クラス(2) 12月8日~12日

 学級閉鎖
  室田小学校 1年生2クラス 4年生1クラス 12月8日~12日

  今宿小学校 3年生1クラス 12月8日~12日

  東海岸小学校 1年生1クラス 2年生2クラス 3年生1クラス
         12月8日~12日

  浜之郷小学校 5年生1クラス 12月8日~12日

  第一中学校 3年生1クラス 12月5日~9日
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-07 13:10 | 告知・報告
<報告>インフルエンザによる学級閉鎖等 12.4
 先週末のインフルエンザ情報です。

 学級閉鎖
  松浪小学校 3年生1クラス 12月4日~7日
 
  鶴が台小学校 3年生1クラス 6年生1クラス 12月5日~9日

  柳島小学校 2年生1クラス 12月5日~8日

  室田小学校 2年生1クラス 12月5日~9日

  東海岸小学校 4年生1クラス 12月5日~9日

  第一中学校 3年生1クラス 12月4日~8日

  中島中学校 1年生1クラス 12月4日~6日


 施設の部分閉鎖について
  茅ヶ崎市心身障害児通園施設つつじ学園
   児童デイサービス事業部門 12月4日~8日

  ※10月27日に引き続き2回目の閉鎖
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-07 09:32 | 告知・報告
明日の総務常任委員会で修正案を出します。
 明日は、私も所属する総務常任委員会です。

 明日の総務常任委員会は盛りだくさんです。
  ・平成22年度から始まる次期総合計画
  ・自治基本条例
  ・耐震が問題となっている本庁舎の緊急耐震対応
  ・補正予算の総務分
  ・指定管理の総務分
などなど

 その中で、私は自治基本条例について修正案をぶつけることにいたしました。以前から他の会派の議員と意見交換をしていたのは、大半がこの自治基本条例についてでした。

 今日は議会に行き事務局とその手続きを行い、総務常任委員会委員長にも伝えられることになります。

 議会で議案に対して修正案が出されるのは、茅ヶ崎市議会の先例集で見ると、平成13年以来のようです。

 議会では、討論(※皆様がイメージする討論と違います)で要望という形で「こうしてほしい!」ということも言えるのですが、やはり変えるべきと思うのなら討論で「変えてほしい」と伝えて、変えてもらうことを期待するよりも、変えるべき個所を修正案で出すほうがいいのではないかと思っています。

 ※茅ヶ崎市議会での行われる討論は、あくまでも議案などに対しての賛成・反対の理由を述べたり、賛成するにしてももっとこうしてほしいという要望を述べるもので、茅ヶ崎市側からその討論に対しての明確な回答がその場で与えられるわけではありません。あくまでも議事録上では、議会の個々の会派・議員から一方的に言いっぱなすものです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-07 09:15 | 議員活動
地方議員年金の廃止を求める市民と議員の会
e0110824_2031877.jpg

夜は高田馬場へ
地方議員年金制度について廃止を求める市民と地方議員が結集して運動を興す会の結成総会が行われ、それに参加してきました。

6月に我が会派は茅ヶ崎市議会に「地方議員年金の廃止を含めた検討を求める請願」を提出しました。

自民党系、民主党系、共産党、公明党すべてが反対で不採択になりましたが、私はすでに破綻に等しい状況かつ厚遇ともいえる制度内容を持つ地方議員年金は廃止されるべきと思っています。

というわけでこの会の運動に参加することを決めました、

まずは年内に要望書を、年明けに街頭署名かデモをやることになりそうです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-06 20:31
若手看護士の皆様と勉強会
今日は日中、松下政経塾で、塾生と神奈川県内で勤務する若手看護士達との勉強会に参加しました。

看護って何だろうということについと意見交換をしたりしていました。

産科、救急、精神さまざまな看護士の方と意見交換をしました。

産科はつねにではなく待ちぼうけのときもあるけど、生まれるタイミングが計画的にはならないから大変ということや、やはり訴訟リスクは他よりも高いとのことでした。

皆さん、仕事をしながら、中には夜勤明けで勉強会に駆け付ける人もいて、えらいなーと思います。

私も一緒に地域医療の在り方を学ばさせていただいています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-12-06 16:53


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧