茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2010年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧
昨日の日記
 昨日は日中はJCの理事会資料作成

 そして夜は、まずは藤沢のレディオ湘南での収録でした。4月12日の朝9:10~10分間の番組で、今回は新入会員をメインに番組を作成しました。

 私も、サポートとして出演し、大岡越前祭や湘南祭のJCのかかわり等をPRしてきました。

 その後急いでUターンし、湘南祭2010の本部打ち合わせ

 本部は、茅ヶ崎商工会議所女性会が担当しております。その女性会の皆さまに湘南祭全体の説明と本部業務の進め方などの確認をしました。

 その後、帰宅し、朝4時まで書類作成でした。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-04-06 11:28 | その他
2010年3月に読み終えた1冊 井沢式「日本史入門」講座②

井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)

井沢元彦 / 徳間書店

天皇家のルーツを探ろうとする1冊、この巻で刺激を受けたのが、天皇の名前、謚号です。

この謚号があたかも現役時代の名前のように錯覚していましたが、基本的にお亡くなりになられてから学者たちが集まり、ふさわしき名前を付けたということでした。そしてその名前に込められたメッセージがあるということでした。

それを研究したのが森鴎外であり、その研究の中で、驚いたんですが、天智天皇と天武天皇の関係について、蘇我氏を倒した天智天皇は、ある意味英雄のように思ってしまいましたが、その謚号に託された意味はあまりに悪く、また、天武天皇との関係においては、中国の殷から周への王朝交代のような意味合いがこもっていたということには驚きました。

謚号から日本史を考え直してみるという視座を与えてくれた上で非常に刺激的な1冊でした。

スコア:


[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-04-06 11:10 | 読書記録
若林参議院議員問題に思うこと
 3月31日に自民党の若林正俊参議院議員の「なり代わり投票」が問題になっていますが、私はこの件について、「なり代わり投票」も確かに問題ですが、もう一つ問題視されていないとはいえ問題があると思っています。

 まずは、若林正俊氏の問題については、すでに様々な指摘がなされているように、隣で席をはずしている青木幹雄参議院議員の分について、NHKの予算承認と9つの法案の10件についてボタンを押していたということについては、はっきり言えば許されることではないと思います。国民より託された議員個人がその国会議員としての責務を果たす上で採決は非常に重要なものであり、その議員個人においてなされるべきです。頼まれたのか頼まれていないのかの事実については分かりませんが、どちらにしても、「なり代わり」自体は許されるものではないと思います。

 この「なり代わり」ばかりがクローズアップされていますが、私はもう一つ大きな問題があると思っています。この問題が発生したのは、そもそも青木幹雄参議院議員が、参議院本会議中において、他の会合があるから席をはずしたことに端を発しています。

 市議会で本会議で議案の採決の時に、他の会合でその間いなくなるというのは、正直考えられません。本当にやむえない事情がない限り、採決を行わなければなりません。

 法案や議案は、採決されることにより実施されることになります。それだけ国民や市民生活に様々な影響を与えます。そして、採決できるのは議員のみです。この大事な「採決」のときに席をはずしてまで出席しなければならない会合とはどんな会合なんでしょうか。それほど重要な会合なんでしょうか。

 会合の種類が私には分からないので、比較できないのですが、原則論的な立場に立てば、「採決」のときに他の用事で席をはずすのは、本当にやむえない事情がない限り許されるべきではないと私は思います。私自身、茅ヶ崎市議会の最終日の「採決」のときは、確かにその日何時に採決になるのかはわからないのですが、議会が終わりそうにない時間において会議を入れるようなことはしません。会議で採決を休むことはできないと思っています。

 正直、議員の大切な職務、ある意味議員しかできない「採決」を、会議で抜けることが許されるのかというのが問題ではないのだろうかと、一連の報道を見ながら私の思うことです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-04-03 15:41 | 雑感
昨日の日記
 昨日は朝から神奈川県庁へ

 政治団体の決算ということで収支報告書を提出してまいりました。その後、茅ヶ崎市議会に戻り、政務調査費の会派の決算作成のための資料整理に

 途中、茅ヶ崎JCの仲間がやってきて、4月入会予定のメンバーの推薦理由を書いてくれないかとのお願いを受けて、書いていました。


 17時からは、自治基本条例市民検討委員会の方々の打ち上げに参加しました。市民検討委員会の皆さまの約5年に及ぶ活動が昨日終了ということで、茅ヶ崎市から解職式というものが行われたそうで、その解職式の後、委員会の皆さまで打ち上げということだそうです。

 打ち上げで、茅ヶ崎の自治基本条例が今後どうなっていくのかについて見守っていこうということになりました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2010-04-01 10:02 | その他


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧