茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
2011.06.30 構想日本フォーラム「飯館村から日本の政治を考える」
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。昨夜最後は、都内に

 構想日本の第166回フォーラムに参加してまいりました。

 今回は、計画避難の対象となった福島県飯舘村の萱野典雄村長と、毎日新聞の斗ヶ沢秀俊さんの話を聞かせていただきました。

 その中でも、今回のフォーラムの主人公ともいってい萱野典雄村長の話について書きます。
e0110824_12153342.jpg


 福島県飯館村
  人口 約6,500人
  畜産がさかんで、3,000頭の牛がいる。
  飯館牛というブランドも

 福島県飯館村(人口、約6,500人)は、福島第一原発から北西に半径30~50キロ
  ※半径20キロ圏内ではない
  4月11日に、国より1カ月以内を目安に原則全員避難(計画的避難)するよう要請を受けた。
  放射線量が、年間20ミリシーベルトを超える状況になるとのことで、おおむね1ヵ月でと
  
 
 萱野村長としては、村がゴーストタウンになってしまうので、全村避難は避けたいと考えていた。人によって違いはあり、子どもや妊婦などは、早く避難させるべきであるが、全村避難となると、完全に村が、コミュニティーが壊れてしまう。村民の生活も崩壊してしまう。3,000頭の牛もどうするのか???

 全村計画避難を避けることを選択するが、そのことで村外から非難の嵐を受ける。
 しかし、全村でばらばらに避難すると村が崩壊してしまうから、車等で1時間以内のところに避難する形で対応を進めた。
 ※対応としては、乳幼児・子ども・妊婦と、いわゆる成人を分けており、乳幼児や子ども、妊婦は急いで、いち早く隣町などに避難させた。

 国の基準 年間20ミリシーベルトの基準を、逆に使って、避難先から村に通勤(戸外でなければ、被ばく量は少なくなる)で、働くという形で、9事業所550人がそうやって働く(雇用を失わない)形になり、また、治安の問題ついて、国からの緊急雇用を使って、村の臨時職員として防犯パトロールを村民400人が三交代の24時間体制で行う形で雇用を生み出したとのことでした。

 飯館村は、東日本大震災のときは、津波の被害もなく、建物の倒壊もほとんどなかったとのことで震災当初は、約1,200人の避難民を受け入れていたのが、4月11日に全村での計画的避難の指示を国から受けることになった。

 飯館村の放射線量
  4月上旬 5マイクロシーベルト/1時間
  今   2.7マイクロシーベルト/1時間

 震災当初は、44マイクロシーベルト/1時間

全村での計画的避難ならば、4月上旬の5マイクロシーベルトのときよりも、震災当初からではなかったのか、国の対応の遅さを指摘されていました。確かに、客観的に数値を見ると、そういわざるえないと思います。

 また、避難先の福島市などでも、その後の経過の中で、ホットスポット問題が発生し、飯舘村から福島市に逃れるも、また、そこから先に逃れなければいけない事態がということで、国の対応の遅さも指摘していました。

 計画的避難で、250軒3,000頭の牛については、崩壊してしまったそうです。7軒140頭については、村外で畜産を続けていくのですが、残りは廃業で、セリで販売されてしまったとのことでした。

 改めて、原発のリスクのあまりにも大きすぎることや、国の対応の遅さ、コミュニティを守ることのむずかしさなどを学んだフォーラムでした。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-30 23:59 | 視察・勉強
茅ヶ崎一般飲食店組合「使用済み天ぷら油回収」を見学
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。
 
 茅ヶ崎市内の障がい者の地域作業所等の作品の展示&即売会の「ふれあい作品展」の後は、茅ヶ崎の保健所に行きました。そこで午後から、茅ヶ崎一般飲食店組合さんが、「使用済み天ぷら油回収」を行っていたので、その見学に行きました。
e0110824_11143919.jpg

 2か月に1回、回収しているそうです。この大きなドラム缶に集めます。

e0110824_11153786.jpg

 持ち寄せられた使用済み天ぷら油を、ドラム缶に移し替える作業です。

e0110824_111626100.jpg

e0110824_1116509.jpg

 集められた使用済み天ぷら油です。これを精製し、再利用できるようにします。

e0110824_11174727.jpg

e0110824_11181060.jpg

 茶色の使用済み油を精製すると、このように緑色の油に代わります。

e0110824_1119244.jpg

 その緑の精製油で、この車が動いています。エンジンをかけていただきましたが、それほど天ぷら油だったというようなにおいはしませんでした。

e0110824_11201416.jpg

 終わって、片付け風景です。次回は8月29日の午後からを予定しているそうです。家庭用の使用済み油も回収していただけるようですので、もしありましたら、皆様もぜひ持参していただけると幸いです。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-30 23:58 | 議員活動
2011.06.30の日記 その1 ふれあい作品展
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 昨日の6月30日は、まずは市民ギャラリー(北口交番横の長谷川書店のビル4F)の平成23年第1回ふれあい作品展に行ってまいりました。
e0110824_10581799.jpg


 このふれあい作品展は、茅ヶ崎市内の障がい者の作業所などのさまざまな作品が展示&販売されているものです(作品展に参加しているところの一覧の書いてあるチラシ)。
e0110824_111695.jpg


 私の義父が所長を務める楽庵も出店してました。

 さまざまな作品が並んでいました。
e0110824_1125523.jpg

e0110824_1133083.jpg

e0110824_1135126.jpg

e0110824_1142060.jpg

e0110824_1144767.jpg

e0110824_1151126.jpg

e0110824_1153920.jpg

e0110824_116156.jpg

e0110824_1164149.jpg


 ふれあい作品展は、27日から始まり、今日1日16時までとのことです。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-30 23:57 | 議員活動
茅ヶ崎市内の避難マンション協定について現在15件締結
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今朝の神奈川新聞で報道されていますが、茅ヶ崎市では、2011年3月11日の東日本大震災発生の後、市民等が津波から一時的に身を守るための緊急退避場所として利用できるように該当するビルやマンションと協定(いわゆる、避難マンション、避難ビル協定)を結んでいます。

 茅ヶ崎市では、防災対策課にこの協定締結のために専属でうごく職員を配置して、積極的に取り組んでいます。

 2011年6月24日現在 15件の事業所&マンションと締結しています。
  5つの事業所と10マンションと協定を結んでいます。
   <5つの事業所名>
     ・パナソニックリゾート湘南(中海岸4丁目)
     ・茅ヶ崎迎賓館(中海岸4丁目)
     ・医療モール湘南(本村1丁目)
     ・アルバック(萩園)

  <10のマンション>
     ・マンション茅ヶ崎(中海岸2丁目)
     ・ちがさきニューハムレット(中海岸4丁目)
     ・クリオ茅ヶ崎中海岸壱番館(中海岸1丁目)
     ・サザンマンションA棟(中海岸1丁目)
     ・サザンマンションB棟(中海岸1丁目)
     ・レゾン茅ヶ崎中海岸(中海岸4丁目)
     ・茅ヶ崎シーサイドパレス(中海岸4丁目)
     ・ライオンズガーデン湘南緑が浜(緑が浜)
     ・茅ヶ崎緑が浜シティハウス(緑が浜)
     ・パークスクエア湘南茅ヶ崎(矢畑)

です。

 私も、自分が住んでいるマンションについて、マンションの自治会の総会で締結について提案させていただきました。今後、周辺自治会と茅ヶ崎市と話で、浜須賀地区でもと考えています。
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-29 21:05 | 茅ヶ崎データ
「地方議会議員年金制度廃止に伴う公費負担を軽減することを求める請願」の結果と討論原稿
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今日、私が総務常任委員会で紹介議員になった請願第一号「地方議会議員年金制度廃止に伴う公費負担を軽減することを求める請願」について、結果については、賛成少数で負けてしまいました。

 私は、今回紹介議員ではありましたが、本会議の議事録でこの問題がきちんと残るようにするために討論することにいたしました(本来、紹介議員は討論は自粛という議会運営委員会の取り決めがあるのですが、総務常任委員会の委員長報告で、この請願自体についての報告が行われましたが、質疑内容等については、質疑が行われたという報告しかなく、どんな質疑があったのかが分からないんで、ちゃんと議事録に残さなければと思い、敢えて、急きょ行うことを決めて討論原稿を書いて行いました)。

 私のこの請願の賛成理由について

 平成23年6月1日地方議会議員年金は廃止されましたが、総務省の試算によると、廃止後の年金・一時金等の過去債務の支払には、今後60年をかけて、1兆1,400億円という多額の費用が必要で、それは国民の税金で清算が行われます。

 茅ヶ崎市議会でも、議員を2名減らし、議会費の精査などをして、経費節減に努めましたが。、今回の処理について、茅ヶ崎市でも新たに1億1,300万円計上させらることになってしまいました。この負担については、交付税交付団体で、この1億1,300万円は交付税措置を受けることになっていますが、いつまでもこの措置が続くとは考えられません(実際に、国の交付税特別会計は、数兆円の赤字状態です)。


 また、他市においても、前年比で5倍くらいの負担増となっています。負担について国が行うべきとの声もありますが、やはりこの多額の負担の原因は、地方議会議員年金の年金額をまったく削減せず、一時金については、継続していたときよりも多く受け取ることができるような状況にもなっています。


 衆参の両総務委員会では、新しい地方議会議員年金制度の検討を求める内容を含めた付帯決議も行われています。


 各自治体が苦しい財政運営の中、やはり年金や一時金の削減に踏み込み、国民が負担する1兆1,400億円の軽減を行うべきであると考え、この請願に賛成する。

と討論(意見表明)をさせていただきました。

 自民党・民主党・公明党・みんなの党・日本共産党は、反対でした。

 正直、皆様はどちらを向いているのでしょうか?

 今の総務省の地方議会議員年金の廃止内容では、60年、長い時間をかけて1兆1,400億円もの負担を国民にさせるわけです。しかも、この議員年金のお金は、まったく市民の生活向上につかえるものではありません。

 公務員の給与削減は、主張していても、なぜ、地方議会議員年金の削減となるとだめなんでしょうか?結局自分たちに対しては踏む込めないということを証明しているにすぎないと思います。

 加えて、今回の選挙で、議員報酬の削減を掲げて当選された方がいますが、なぜ、議員報酬なら削減だけど、議員年金の削減はダメとなるんでしょう???私にはその理屈が全く分かりません。

  議員報酬 削減 ○  議員年金 削減 ○
  議員報酬 削減 ×  議員年金 削減 ×

なら、論理の整合性がありますが、議員報酬削減○ 議員年金削減×は、なぜなのか?

 推測されるのは、議員年金だと、自分たちの組織のすでに退職した議員や、すでに年金受給権のある議員のことを考えて、ダメとしているとしか思えません。つまりは、そういった方々の年金を守るためであるならば、国民に60年1兆1,400億円負担させても構わないということになります。地方議員も最低でも国民年金はもらえます。私は国民年金保険料を支払っています。それにプラスされるのです。

 私は、議員の待遇を考える際に、報酬や政務調査費だけでなく、年金も考えるべきです。60年1兆1,400億円です。これは、国が負担しても、自治体が負担しても、結局は皆様の税金です。私は改めて、年金や一時金の削減に踏み込むべきだと思いますが、茅ヶ崎市議会では応じていただけなくて残念です。

 結局、地方議会議員年金の過去債務支払いの軽減(地方議員年金額の削減、一時金の削減)については、民主党、自民党、公明党、みんなの党、共産党と国政政党は、新しい政党にしろ、以前からある政党にしろ、NGというスタンスでおんなじなんですね。残念です私は…

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-29 16:20 | 議員活動
28日の日記「デンマークの医療・福祉・教育を学ぶ講演会」に参加
 28日は午後に勤労市民会館で開催された千葉忠夫先生をお招きしての「デンマークの医療・福祉・教育を学ぶ講演会」に参加してまいりました。

 千葉忠夫先生は、1941年生まれで、もともとは自衛隊でパイロットを目指していたそうですが、自己の身体の関係でなることができなくなり、その後の方向転換の中を図る中、住みよい国があり、それがデンマークと知り、1967年に、デンマークにわたり住んで、バンクミケルセンの薫陶を受けられたとのことでした。

 千葉先生の講演会は、千葉先生がデンマークの教育が対話で行われることから、一方的に講演をし、その後質疑をするというよりも、千葉先生が講演しながら、聴衆にも考えてほしいことを投げかけ、答えさせて、その答えからまた展開していくというスタイルが特徴的でした。

 <講演内容>

 幸せな国とは何なのか?

 幸せな国=生活しやすい国=生活大国
  生活大国であって、経済大国ではない。
  デンマークは、生活大国である。

 生活大国=社会福祉・社会保障が充実した国=社会福祉国家
  デンマークは、社会福祉国家である。日本は、社会福祉国家とは言われない。

 社会福祉国家とは、国民すべての生活を保障している。
  社会福祉制度の充実を表す言葉として、”ゆりかごから墓場まで”
  デンマークは、ゆりかご以前から、生活の保障がなされている。
  また、葬式費用についても、負担してもらえるそうです。
  教育費について、小学校~大学まで無料(幼稚園や保育園は有料)

 デンマークの高齢者福祉について
  千葉先生が1967年にデンマークにわたったときに、いわゆる特別養護老人ホームのようなところにおいて、デンマークの高齢者は個室に住んでいたんだそうです。

  デンマークの高齢者に対する見方の変化
   以前は、福祉の対象となる高齢者(高齢者全体の20%)=病人
     病人だから、医者と看護師で対応する。

   1970年代:高齢者=退職者 だから生活を見守ってあげよう

   1980年代:高齢者=第三の人生を送る人
         病人でも、退職者でもない
     ※第一の人生:教育を受ける人生
      第二の人生:仕事をする人生
      第三の人生:生きがいをまっとうする人生

     かつては、高齢者も体が悪くなると、特別養護老人ホームのような施設へだったが、今では可能な限り、在宅で対応するということであった。
   
   高齢者福祉の三原則
    ・継続性    :できる限り今の生活を続ける
    ・自己決定   :自分のペースで
    ・自己資源の開発:自分の持っている技能や技術を生かす

    介護でも、手伝った方が早くても、持っている能力を奪ってしまわないように、できることはできる限り、自分でやらせる。

   年金について、65歳からだが、日本と大きく異なるのが、掛け金がないということ
   日本円でいうと、月額20万円くらい

という福祉についての話の後、政治を巡る話になりました。

   社会福祉国家=民主主義
    民主主義とは何か?これを日本人は理解しているのか?

    民主主義=主権在民(国民主権)
     主権を行使するのは、選挙
      デンマークは、国政だと投票率90% 地方だと最低でも75%
      ※日本と大違いです。茅ヶ崎市はこのまえの市長選は50%未満

   民主主義の構成要素
    ・自由
    ・平等
    ・博愛=共生

   ここで千葉先生より、日本はどうなのか? 自由は?平等は?博愛は?

   千葉先生から、日本の介護保険について、その保険料について40歳以上であれば財産の多寡に関わりなく、一律の保険料を徴収するのはおかしいとのことでした。それぞれの状態に応じて、負担も、受けるサービス料も変わるべきであり、それがデンマークの病棟の考え方でもあるとのことでした。

   日本は、経済大国である。この経済力を生かせれば、生活大国にもなれると千葉先生は主張されていました。

   日本は、病気・教育・老後に備えてと個人や家庭で貯蓄して対応する。

   デンマークは、上の理由での貯蓄は行わない、それを国に税で渡して、社会福祉・社会保障で対応する。
   
   ここが大きな違いということでした。ただ、ここについては税金に対する国民観、それは国や政治に対する国民観の違いがあることが如実に表される部分です。

 本当は最後まで聞きたかったのですが、中学生たちとの打ち合わせもあり、ここで途中退室でしたが、今後は、千葉先生の本を読んで、理解を深めたいと思いました。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-28 23:58 | 視察・勉強
追加議案の説明 木造住宅耐震改修&次世代型住宅建設促進
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 今日は、午後から29日の最終日の本会議での追加議案についての説明を受けました。
  ・木造住宅耐震改修促進事業
  ・次世代型住宅建設促進事業
の2つの促進事業についての増額の補正予算でした。

  木造住宅耐震改修促進事業 1,427万円
   茅ヶ崎市では、平成18年6月より木造住宅における「耐震診断」及び「耐震改修」に対して補助金を出していますが、3月11日の東日本大震災に端を発して市民の耐震に対する意識の高まりにより、当初想定していたペースを上回る申請があったので補正しようとするものである。

   ※補助額の内容
     耐震診断費用 9.9万円のうち6.6万円を補助(高齢者世帯かつ非課税世帯は全額補助)
     耐震改修費用 総費用の1/2 & 上限50万円+診断還元3.4万円+低所得等割増20万円

e0110824_1591269.jpg


 続いて、次世代型住宅建設促進事業の増額補正についてです。
 茅ヶ崎市の次世代型住宅建設促進事業は、こちら

 次世代型住宅促進事業
  旧耐震基準(~1981年5月31日以前に建築)の住宅で、倒壊の可能性があると判定された住宅で、一定の要件を満たした住宅に建て替える場合に補助金を交付する制度で、平成21年4月から補助がスタートしています。
   ・一定以上の耐震の安全性の確保
   ・環境に配慮

  1件当たり 一律50万円
  こちらも、想定を上回るペースでの申請があったため増額補正を行うとのことです。
  8件分=400万円

  年度別申請件数
   平成21年度 28(20)
   平成22年度 22(25)
   平成23年度 09(14)
  ※( )内の数値は予算計上件数 平成23年度実績は6月末現在の数値 

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-27 15:26 | 議員活動
26日の日記(自治会総会、マジックショー、魔裟斗講演会)
 茅ヶ崎市議”えびけん”海老名けんたろうです。

 26日(日)についてです。まずは、朝はなぎさ事務所の会議室にてマンションの自治会の総会でした。私は監査をしているのでそれで出席と、今回は「津波マンション協定」について提案したかったので、そのことも合わせての総会出席でした。

 総会で一連の議案の後、その他の議案として、「津波発生時の一時退避所に係る協定書(いわゆる津波避難マンション)」について、提案させていただき、いろいろと議論しました。というよりも、住民の皆様からは、津波の想定のことなどの質問を受けていました。

 協定については、私がマンション側の担当者として行政などと話し合いをしていくことになりました。

 総会の後、南本通りに新しくできた認可外保育所「すまいるステーション」さんのマジックショーを観に行きました。正式オープン前に地域の方や、保育所に関心のある方に知っていただこうという試みとして行われているそうで、7月3日には給食試食会も行うんだそうです。食事は子ども達の発育に非常に重要なので、どのような食事が給食として提供されるのか重要だと思いますし、こういった試みはそれを知ることができてよかったと思います。

 その後、午後からはコミュニティホールへ

 (社)茅ヶ崎青年会議所の6月例会でした。今回は公開例会で元K-1世界チャンピオンの魔裟斗氏を招いての講演会でした。今でもS-1でテレビに出ていられることもあり、多くの方にいらしていただきました。

 講演会の後は、懇親会でした。私は今回ゲストを連れていましたので、その人の案内をしていました。
  にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-26 23:59 | その他
市役所建替えの賛否を問う住民投票条例案の提出
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 すでに神奈川新聞でも報じられており、また、今朝(2011年6月24日)のタウンニュースでも掲載されましたが、今回、私も市議会議員有志の一人として、「茅ヶ崎市役所本庁舎の建替えの賛否を問う住民投票条例」の提案議員に加わり、筆頭の花田議員が今日、議会に議員議案として提出いたしました。

 市役所の整備について民意がどこにあるのか、確かに服部市長の当選は市役所再整備に関してだけの評価ではありません。また、落選した二氏についても建替え反対だけが評価されたわけではないのですが、その訴えのほとんどが建替え反対であったことからすると、建替え反対が評価された主要因であるといっても言い過ぎではないと思います。

 加えて、服部市長も当選ののちの神奈川新聞の取材で、「行政が進めてきたことを市民に分かりやすく伝えることが、まだまだ足りない。市民の理解が深まっていないということが実証された。」というコメントを出しています。

 この理解を深めること、そして民意を確かめること、その2点を満たすものは、住民投票であると思います。

 私自身は、首相や知事・市長村長は、組織のリーダーとしてさまざまな問題に立ち向かわなければならないので、小泉首相のような「郵政解散」といったワンイシューで選挙をすることは、いいことだとは思いません。
 なぜなら、ほかにも重要なことが忘れられてしまうor見えなくなってしまうからです。実際に、皆様も小泉郵政選挙の時に、福祉政策はどうなのかということはわからなかったのではないでしょうか?見えなかったのではないでしょうか?

 大きなワンイシューで争わなければならないときは、イタリアの国民投票のように、そのネタだけで賛否を問う形がいいと思います。

 また、住民投票を設定することにより、より多くの方に市役所の諸課題を提示することができます。もう一歩進めることができるならば、建替え・他の手法の比較でどれがいいのかが投票できるスタイルがいいのかもしれないのですが、住民投票を通じて、市民の理解を深め、また民意をはっきりさせることができます。

 最後に、議会制民主主義(間接民主主義)について、私は、民主主義は本来であるならば直接民主主義であるべきだと思っています。しかし、日常忙しい現実、また、問題の高度化・複雑化、そしてさまざまな課題に対応するには、直接民主主義では難しいゆえに、私は便宜上としてというか、運営上の理由から間接民主主義をとらざるえないんだと思っています。だから、普段は議員に託し、行政の監視や民意の反映に動いてもらうべきなんですが、本当に重要な問題については、市民一人一人が決定すべきと考えるからこそ、住民投票が必要だと思います。そしてその重要な問題が市役所建替えであると考えます。

 茅ヶ崎市議会では、6月29日(水)の最終日に審議が行われます。ぜひご注目ください。

 ちなみに、明日はその住民投票に関しての街頭活動を行う予定です。

 神奈川新聞は、こちら 
 タウンニュースは、こちら 

  にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-24 20:13 | 議員活動
情報提供:7.31津波対策避難訓練(自治会&自主防災組織への協力依頼)
 茅ヶ崎市議”えびけん”こと海老名けんたろうです。

 茅ヶ崎市防災対策課長より、平成23年度津波対策避難訓練についての情報提供を受けました(文書としては宛名が自治会長や自主防災組織会長になっていましたので、そのルートから回覧されると思われます)。

 平成23年度津波対策訓練を自治会や自主防災組織に

 日時:平成23年7月31日(日)11時~12時
 場所:
  市立第一中学校
  市立東海岸小学校
  市立西浜小学校

 避難誘導訓練の内容
  当日、7月31日(日)11時00分に津波警報発表(訓練)のサイレンが鳴らされる
  サイレンが鳴ったら、第一中学校、東海岸小学校、西浜小学校に避難
  学校に避難し、校舎3Fに上がったら解散
  自治会や自主防災組織で、避難経路や避難場所を各自で想定されているが、その想定に従って避難訓練を行う。
  学校の校舎には靴を履いたまま上がる

  <茅ヶ崎市が協力を呼び掛けている自治会や自主防災組織>
  ・東海岸南1~6丁目の自治会&自主防災組織
  ・中海岸自治会&自主防災組織
  ・パシフィックガーデン茅ヶ崎自治会&自主防災組織
  ・中町自治会&自主防災組織
  ・下町自治会&自主防災組織

という形で自治会や自主防災組織に24日付をもって依頼が出されるそうです。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茅ヶ崎情報へ
にほんブログ村
 ボタンを押していただければです。

 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう
  
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2011-06-24 19:47 | 告知・報告


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧