茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
カテゴリ:本会議( 92 )
7.27第3回臨時会開催へ
 本日、全員協議会と定例行政報告会の前に、茅ヶ崎市側から議会に対して、7.27臨時会の開催の要請が出され、、全員協議会と定例行政報告会の後に、議会運営委員会で、提出議案の確認などが行われました。

 今回の臨時会は、公平委員会が、平成21年6月23日に茅ヶ崎市の懲戒免職処分を行った件について、その懲戒免職処分を受けた方からの不服申し立てを受け、口頭審理を重ねた結果、懲戒免職処分ではなく、停職6ヶ月にするということを決定しました。これを受け、当該職員の給与費を出すということで、補正予算での対応で、今回の臨時会となりました。

 補正予算として、職員給与費が、約4,150万円計上されています。週明けに議案に関する説明を会派で受ける予定です。

 この件に関する茅ヶ崎市の記者発表は、こちら

 臨時会は、7月27日(月)9時半~
  ※今回は、10時からではありません。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-07-17 22:00 | 本会議
平成21年第2回定例会 本会議最終日午後
 13時半から各派代表者会議、その後議会運営員会が行われ、議会運営委員会で追加議案が本会議にて委員会を省略して審議し、採決することが確認されました。

 14時から、本会議が始まりました。

 追加議案は補正予算と議会議案(意見書2本と決議1本)です。

 補正予算は、約5,730万円を追加するもので、これは全額が国庫支出金(国から使途指定のお金)によるもので、3つの事業に使われます。

  国庫支出金 約5,730万円
   使用内訳
    1.定額給付金等相当額給付事業      約 230万円
    2.女性特有のがん検診対策推進事業費 約5,220万円
    3.プレミアム付商品券発行事業補助金   約  280万円

 になります。

  各事業については、以下の通りです。

  定額給付金等相当額給付事業
   定額給付金と子育て応援特別手当は、住民票ごとに世帯で受け付けることになっていますが、DV被害により配偶者等から逃れ、住民票が移動できないままに別居している人は、もらえないという事態になってしまいます。この事態に対して茅ヶ崎市も対応しようということで今回補正予算を計上し、対応していくというものです。

  女性特有のがん検診対策推進事業
   茅ヶ崎市では、9月から子宮頸がんと乳がんの検診を無料で実施します。この女性特有のがん検診について、対象者に無料クーポン券と検診手帳を送付するものです。

  プレミアム付商品券発行事業補助金
   茅ヶ崎市内8つの商店会が、プレミアム付商品券を発行します。この商品券の発行などの補助に使われるものがこの補助金です。

   8つの商店会
    ・茅ヶ崎銀座商興会
    ・東栄商店会
    ・高田商店会
    ・ラチエン通り商店会
    ・(協)茅ヶ崎ショッピングセンター
    ・西浜サービス会
    ・左富士通り商店会
    ・浜見平商店会
です。

 その後、意見書・決議も全会一致で採択され、6月議会が終わりました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-29 17:53 | 本会議
平成21年第2回定例会 本会議最終日午前の部
今日は、6月議会最終日です。

午前中は、まずは、各常任委員会の議案と請願についての審議報告が行われました。

次に討論が行われ、私は、改めて、地方議会議員年金の廃止を含めた検討を求める請願について賛成の意見表明をさせていただきました。

私は理由も述べさせていただきましたが、反対の方は、反対すると発言されるだけで、なぜ反対なのかはわかりませんでした。

請願は、我が会派3名と山田議員の4名だけが、賛成で、後は反対の結果のようでした。

残念な結果ですが、私はこれからも議員年金廃止を含めた抜本的見直しを求めたいです。

その後、土地開発公社などの報告があり、午前は終了です。

午後からは、追加議案です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-29 13:45 | 本会議
請願:地方議会議員年金の廃止を含めた検討を求める!
 わが会派では、この6月の市議会定例会において、地方議会の議員年金について、廃止を含めた検討を求める請願を提出しました。

 請願代表議員は、わが会派の吉野のぶこ議員が担当し、審議については、私が所属する総務常任委員会で行われました。

 皆様、地方議員にも議員年金が存在していることをご存知でしょうか?共済という形で、地方議員の報酬から差し引かれる形で納められているのですが、市町村合併で自治体が減り、加えて、議員定数削減が進む中、この年金の財源は、国民年金以上に危ない状態にあります。

 地方議会議員年金は、議員の在職期間が合計12年以上で退職したときに支給される年金です。国民年金とは別にもらえる年金です。
 ※若くして退職した場合に、その退職してすぐもらえるわけではありません。

 この議員年金について、私たちが請願を出した背景には、議員年金が危機を迎えていること、そしてこの議員年金の給付に当たっては、公費負担(自治体からのお金)が入っていることが問題だということがあります。

 ちなみに、茅ヶ崎市においては、その公費負担分は、
<茅ヶ崎市の公費負担>
  ・平成18年度 約1700万
  ・平成19年度 約2500万
  ・平成20年度 約2670万

 そして、今年度の平成21年度予算においては、約2700万が計上されています。

 このような自治体にも負担増を強いる。つまりは皆様の税金を使う地方議会の議員年金を見直すべきではないでしょうか?

 このままいくと
  議員年金の削減や、議員の掛け金増に加えて、更なる公費負担増(つまりは、皆様の税金の投入)が行われることとなります。

 総務委員会においては、わが会派以外すべての会派が請願を否決しました(自民・民主・公明・共産など)。

 29日最終本会議でもこの請願が出ます。地方議会議員年金の公費負担増を防ぐためにも、29日最終本会議でも戦いたいと思います。

 私は、地方議会議員の年金については、以前、任意加入だとも聞きました。したがって任意するか、国民年金に加えて年金を求めるならば、民間の年金保険に入るなどすべきだと思っております。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-26 17:14 | 本会議
平成21年度第2回定例会 本会議3日目
 今日は本会議3日目で、今日も一般質問です。

 4名の議員(和田議員、岩田議員、金子議員、伊藤議員)が質問をしました。
 
 その中で、今回自治基本条例についての質問がありました。

 自治基本条例について、茅ヶ崎市において、市民の方々で構成された自治基本条例市民検討会において3年7カ月、90回もの会議を重ねて、この2月末に市長に対して、自治基本条例の骨子案が提出されました。その後、茅ヶ崎市側の調整会議で検討が重ねられ、自治基本条例の概要案が作成されました。

 市民検討委員会の骨子案と茅ヶ崎市側の概要案は、かなり違いがあります。それは、私も議会の自治基本条例研究会でも指摘したんですが、本当にかなり違います。

 議員の質問で、茅ヶ崎市概要案と市民検討会骨子案が違うこの2案を広く市民に提示して、市民の声を聞くべきだということでした。私自身は調整すべきとも思っていましたが、調整が困難であるならば、両論だして市民の声を聞くのも一つだと思います。

 そこで、思い切って市民に、どちらが茅ヶ崎市の自治基本条例としていいのかを選んでもらうのもいいのではないかと思います。

 ただ、その場合において、もし、市民検討会骨子案のほうがいいとなった場合は、どうなるんでしょうか???

 6月20日・21日・23日と自治基本条例案の概要説明会が開催されます。自治基本条例は、その制定した自治体の基本的なあり方や運営のルールを定めるものです。ぜひ、皆さまお越しいただき意見を述べていただければと思っております。

 茅ヶ崎の自治基本条例に関するHPは、こちら

 自治基本条例概要(案)説明会 すべて市役所大会議室
  6月20日(土)10:00~12:00
  6月21日(日)14:00~16:00
  6月23日(火)19:00~21:00
です。

[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-12 23:49 | 本会議
6月議会の議案 一般会計の補正予算
 茅ヶ崎市では一般質問が終わった後、各議案の審議が常任委員会で行われます。

 一般会計の補正予算が2本出されます。
  一本目は、約6,160万円が追加されるものです。
   この6,160万円がどのように調達されたのか?
    ①県支出金  (約4,430万)←県から交付される使途限定金
    ②前年度繰越金(約1,630万)
    ③その他   ( 1,000万)←コミュニティ助成事業助成金

  で、茅ヶ崎市自身の負担としては、②の前年度繰越金部分です。

  ①の県支出金は、大半が「緊急雇用創出事業臨時特例交付金」というもので、茅ヶ崎市が、この夏から11計画と3事業において、合計で49名の雇用を生み出すものです。

 この件の記者発表は、こちら

 中には???と思われる仕事もあり、常任委員会において確認していきたいと思っております。

  茅ヶ崎市自身のお金ともいえる②の部分のお金の大半を使うのが、「住宅用太陽光発電システム設置費補助事業」です。
  この事業が、1630万円中1200万円を占めます。
  
 「住宅用太陽光発電システム設置費補助事業」の記者発表は、こちら

  その他に、駐輪場の増設のための整備費への2/3補助 約250万
     ツインウェーブ駐車場廃止に伴うリース契約解除の精算金
                           約200万
  ※合計額がオーバーするのは、他の事業で逆に使わなくなったのでその分だけ減額される事業もあるので、この範囲においては合計額のほうが多くなっています。

 という形になっています。

 もう一本については後日

 これらの議案審議は、6月16日~19日に行われます。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-11 23:06 | 本会議
定例会二日目など
 今日は、本会議の定例会二日目で、一般質問です。今日も6名の議員が質問に立ちました。

 午前の部、3名(高森議員・岸(正)議員・松島議員)
 午後の部、3名(小磯議員・山田議員・吉野議員)

 でした。

 昼休みに、日本青年会議所神奈川ブロック協議会が28日に松沢成文神奈川県知事のマニフェスト検証大会を開催するのですが、その件で、意見を求められ、いろいろと意見交換をしていました。

 終了後は、今日も歯医者に行き、一応いったん今日で終了ということになりました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-11 22:35 | 本会議
一般質問しました。
 今日から茅ヶ崎市議会は、平成21年第2回定例会です。

 ※平成21年度としては初めての議会なのですが、議会の定例会の数え方は、年度くくり(4月~翌3月)ではなく、年くくり(1月~12月)のため、3月を第1回定例会と数えま。

 今日から12日金曜日までが、一般質問です。

 私は初日の午後一番の質問でした。その前に今年は、茅ヶ崎アロハ委員会でNEWバージョンの茅ヶ崎アロハ(これまでとかなり雰囲気を変えました)が出ていたんで、それに着替えて質問しました。

 今回は、
  ユニバーサルデザインについて
  指定管理者制度について
  たばこの害について
 です。

 一問目以降は、相手の回答内容を聞いてから考えて質問なので、回答を聞いている間は本当にあたふたしながら、メモを取り質問を考えます。

 個人的にはやりとりをしてしまえば、最後まできれいに水が流れるがごとくのやり取りができるんですが、そんなことするなら、文書交換してしまえばいいだけで、一般質問する必要ないのではとも思ってしまいますし、一問目から最後まですべてお互いにやりとりをしてしまっている議会もあるそうで、片山元鳥取県知事の学芸会という批判もごもっともと思ってしまいます。

 私見は、おいときまして、質問しました。二問目以降はとにかくばたばたしながらですが・・・

 ユニバーサルデザインについては、下半期から各課で取り組んできたことをまとめながらその指針作りに入っていくということで、これは前進と思いました。

 指定管理については、方向性のこと、協定書のこと、指定管理者にインセンティブを与えるには、官と民の役割分担などについて確認させていただきました。

 たばこの害について、受動喫煙防止について、神奈川県の条例や厚生労働省の受動喫煙防止に関する報告書や、別名「受動喫煙防止条約」ともいえる国際条約のことなどを中心にしながら、ビーチクリーンなどでとにかく季節柄を問わずに目立つタバコの吸殻やフィルターごみについて、質問しました。

 茅ヶ崎市においても、たばこのポイ捨てに関して、たばこだけに限らないのですが、愛称の「きれいなちがさき条例」において、空き缶やたばこのポイ捨てには2万円の罰金が科せられるのですが、制定後、実際にこのような罰金を取るケースが発生したのかについて聞くと、今までまったくなしということでした。

  「きれいなちがさき条例」は、こち


 罰金を定めるのはいいんだけれども、運営体制ができていなければ、罰金規定も空文なんですけども・・・

 受動喫煙は、タバコをすうと選択した人や、吸ってもいいと許している人は、そのタバコの健康被害の可能性について、自ら選択したといえるので、しかたがないと思うのですが、吸うことを望まない人や吸っていると思っていなかった人にとっては、本当に迷惑なことだと思います。

 たとえ、吸う権利というのがあったとしても、逆に、願ってもない煙を吸わされない権利もあり、こういった権利は、相手の権利を侵害しない範囲でこそ成立しうるものだと私は思います。

 厚生労働省の2009年3月の報告書には、屋内だけでなく、特に子どもたちが通うその通学路においても、子どもたちが受動喫煙しないように勤めなければならないと書かれています。受動喫煙について、マナーだけで片付けずに、人々の健康を考えれば、真剣に取り組まなければならない課題だと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-10 18:13 | 本会議
一般質問の意見交換
 文化会館での茅ヶ崎のこころの劇場「人間になりたがった猫」をスタッフとして手伝った後、所用を済ませて議会に戻り、2時半から、10日の私の一般質問について関係部署との意見交換を行いました。

 今回は、大きく分けて3つのことを質問します。

 ユニバーサルデザイン
 指定管理者制度
 受動喫煙やポイ捨てタバコ


 各テーマについて30分から40分前後、こちらの意図や確認したいことついてまずは話をし、その後担当部署からいろいろと考えを述べてもらうなどをしていました。

 あまりに手を明かしすぎると、10日が完全にセレモニーのようになってしまい、緊張感もないし、そんなセレモニーなら一般質問なんかせずに、文書で関係課に質問を出し、文書で返してもらえればいいので、どこまで手を明かしながら、本番に臨むのかを考えながら、やりとりを行いました。

 今回のやりとりも含めて、これから原稿を作成します。

 2問目は、ほとんど明かしていないので、2問目でどうやろうか思案しながら書こうと思っております。

 私の一般質問は、初日の10日の午後予定です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-05 20:24 | 本会議
一般質問締切
今日は10日から始まる定例会の本会議での一般質問の受付締切日です。

茅ヶ崎市議会は一般質問については、議会運営委員会前日のお昼12時までに、質問のタイトルだけな感じの通告書を議会事務局に提出して、受理されると質問できます。

今回は質問者が16人と少なめで、一般質問の日程は3日間となりそうです。

ちなみに私はくじ引きの結果、初日の10日になりそうです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-02 12:59 | 本会議


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧