茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
カテゴリ:予算・決算( 45 )
20年度決算 一般会計歳出 款別をマップ化
 平成20年度茅ヶ崎市一般会計決算の歳出(茅ヶ崎市本体のお金の使われ方)の款別をマインドマップ風に整理してみました。

e0110824_15532186.jpg


 茅ヶ崎市の一般会計歳出:約578億400万円(前年比 +24.3憶円)
  款別金額順    ※カッコ内は予算に対する執行率
     民生費:167.4 億(95.1%)
     総務費:101.26億(70.3%)
     教育費: 84.31億(96.1%)
     土木費: 67.82億(84.2%)
     衛生費: 60.93億(96.8%)
     公債費: 54.69億(99.3%)
     消防費: 23.58億(98.5%)
     商工費: 7.82億(98.3%)
     議会費: 4.02億(98.4%)
  農林水産業費: 3.45億(92.7%)
     労働費: 2.76億(95.6%)

 24億円が昨年よりも増加していますが、その増加の半分が、民生費の増加です。款別においてすべてが増加しているわけではなく、この一覧においては、総務費・労働費・農林水産業費・公債費は昨年度比において減少しています。
   
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-13 15:25 | 予算・決算
20年度決算の一般会計歳入をマップ化
 茅ヶ崎市の20年度決算については、継続となった病院事業会計を除き、一般会計から特別会計まですべての審議が終わり、基本的には全部認定ということになりました。

 まずは、一般会計(茅ヶ崎市本体)の歳入について、財政課の説明資料などをもとに、マインドマップによる整理をしてみました。
e0110824_2265574.jpg


 ちなみに茅ヶ崎市の一般会計の歳入は
  収入済額  605億589万1,129円
  不能欠損額  1億3,405万8,787円
  収入未済額  25億5,418万5,905円

  市税の収入済額 364億8,690万6,527円
         (前年 ▲1億3,678万4,420円)
   市民税 個人 170億1,133万4,799円
          (前年 +1億7,011万5,955円)
       法人  23億9,863万1,646円
          (前年 ▲6億4,865万4,750円)
   固定資産税  127億7,207万1,702円
   都市計画税   31億4,862万1,000円

   ちなみに、市民税の収入未済額 約14.9憶円
            不能欠損額 約8,660万円
        固定資産税の収入未済額 約7.6億円
              不能欠損額 約3,140万円

  茅ヶ崎市の借金という意味での市債について
   20年度借入額 38億6,670万円(うち、臨時財政対策債16億円)
    前年比 約14.2憶円の借入額増
   20年度末残高 約419億円(前年度比 約8.4億円減少)

となっています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-13 02:27 | 予算・決算
決算4日目など
 今日は茅ヶ崎市議会は決算審査の第4日目ということで、一般会計(茅ヶ崎市本体)の歳入と、総括質疑(全体にわたる質疑)、討論、採決が行われました。

 これが12時過ぎくらいまでかかり、その後、会派の控え室にて、決算の事業評価に関する評価のすり合わせを行いました。

 わが会派は今回は、都市建設部門と教育経済部門の10事業についてが対象でしたが、結構視点が違ったりと、いろいろと話ができてよかったんですが、一方で反省として、決算において事業評価をするには、茅ヶ崎市側が提出した事業評価シートだけではまったく足りないということになりました。これは、次年度の決算審査の事業評価の反省につながると思います。

 これらのことが終わってから、遅めの昼食をとり、そして、今度は、20日から始まるアロハスフェスタについて、総務部門長と電話でクリーン部門に関する打ち合わせを行うとともに、ゴミ箱の確認作業を行いました。湘南祭で使用しているゴミ箱をと考えていたんですが、残念なことに今年の湘南祭の大雨により使用不能となり廃棄されていたということで、新たにゴミ箱の確保という課題が突きつけられることとなりました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-11 17:36 | 予算・決算
特別会計の決算審査について
 今日は決算特別委員会3日目です。

 国民健康保険
 老人保健医療
 後期高齢者医療
 介護保険
 下水道
 公共用地取得

の特別会計の審査の後、茅ヶ崎市病院事業会計についてでした。

 病院事業会計については、すでに日記で書きましたが、決算書の貸借対照表において、監査より「条件付き適正意見」という意見の中で、未収金が、1.2億円過大計上されているという指摘を受け、その過大計上のまま議会に議案上程されていました。

 私としては、すでに副院長に聞いていましたが、貸借対照表上で、資産の部(左辺)で未収金が過大計上されていることに対して、右辺での過大計上としては、剰余金の「その他資本剰余金」が、同額過大計上されているということでしたので、この右辺の「その他資本剰余金」について、どのように精査したのかについて聞きたいと思っていました。

 また、監査法人の友人から、損益計算書で実際にどれだけ利益が出ているのかも加味した上で、未収金の過大計上が、本当に「条件付き適正意見」なのかを考えるべきだといわれました。

 ちなみに、損益計算書においては、

  病院会計は、20年度:当期純損失(19年度:当期純損失)
  20年度当期純損失額が、約4.45億円(19年度は約0.85億)
  ※当期純損失額が5倍以上に膨れている

 未収金過大計上や「その他資本剰余金」の過大計上とこういった関係についても聞いてみたいと思っていました。

 ただ、病院事業会計の審査に先立つ各派代表者会議において、いろいろな検討の中、未収金過大計上という間違った決算書を審議するのは、おかしいから、むしろ、今回は審議を継続とし、改めて修正して出し直させるということで、継続しようという話になりました。

 我が会派では、確かに決算書で未収金が過大計上されているが、茅ヶ崎市側はそれを知った上で出してきているのだから、それに対して審査をすべきである。継続すべきではないとの考えに至りました。

 正直、継続にするとかという話し合いをこんなぎりぎりの各派代表者会議で決めるのではないと思っています。決算書の未収金過大計上の話は、8月下旬にすでに発覚していたことであり、その時点で話し合ってもよかったわけであり、また、茅ヶ崎市側も発覚してから修正しようとしてこなかった経緯もあり、8月19日の各派代表者会議配布資料においても、21年度に同額を特別損失で処理するという書類も出しているので、だったらそれで審査をし、質疑を行い、敢然と否決するべきだと私は思いました。

 その後、病院事業会計の審査に入りましたが、すぐに継続動議が提出されました。私もこの動議に異議を唱えましたが、結局、湘風クラブと我が会派の新政 ゆめみらい・ネットのみが、継続を拒否し、あとはすべてが賛成に回ったために、継続となってしまいました。残念です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-10 21:55 | 予算・決算
20年度決算の決算特別委員会2日目
 今日は朝から決算特別委員会の二日目で、一般会計歳出(主に、茅ヶ崎市本体が行った事業の支出)についての審査が行われました。

 午前中は、第三分科会(教育経済)

 午後は、私が座長を務める第四分科会(都市建設)でした。

 午後は、各委員の皆様が事業評価にかなり燃えられているようで、とにかく質問の連続でした。座長として進行管理に終われ、私自身はメモを取る暇もほとんどない状態でしたが、それだけ活発な質疑が行われたことはよかったと思います。

 しかし、昨日とも共通するのですが、平成20年度の決算なんですが、どうしてもいつのまにか、それが今年度の取り組みや、さらに先の取り組みへと話が広がっていきます。決算という意味では、行おうとしていることの評価ではなく、行うための評価が大事である以上、やはり、20年度の取り組みがどうだったのかということを考えるべきだと思っています。

 第四分科会でもそういった質疑がなされてしまうため、ときどき注意するしかなく、そういった意味では大変でしたが、まあ、どうにか終わりました。

 その後、分科会の事業評価についての説明などを委員に行い、決算特別委員会の一般会計歳出の審議については終了しました。

 明日は、特別会計(茅ヶ崎市本体ではない下水道・国保・介護・病院など)の審議です。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-09 17:22 | 予算・決算
20年度の決算審査始まる。
 今日(8日)~11日まで、茅ヶ崎市議会は決算審査です。今年度からは事業評価も行うという新たな試みもいれての開催です。

 8日と9日は、一般会計の歳出(茅ヶ崎市本体の支出)
 10日    特別会計
 11日    一般会計の歳入(茅ヶ崎市本体の収入)
       総括・討論など

が行われます。

 今日は、第一(総務担当)・第二(環境厚生)の分科会による担当部分の歳出についての審議が行われ、それぞれ5事業の事業評価が行われました。

 明日は、第三(教育経済)・第四(都市建設)の分科会です。私の座長デビューは、明日午後からです。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-08 18:19 | 予算・決算
平成20年度茅ヶ崎市病院事業会計について
 平成20年度の茅ヶ崎市病院事業会計決算について

 今回議会に上程される病院事業会計決算について、未収金が約1.2憶円過大計上されています。

 この件について、8月19日の各派代表者会議において、資料が配布されました。
e0110824_02491.jpg


 未収金の中の窓口未収金(患者負担分の未収金)について、監査に提出した資料の金額と医事システムで把握している金額に差異があり、約1.2億円の過大計上がなされているとのことでした。


 その後、議会に決算の認定議案が上がってきました。そこには監査の意見が付けられていました。意味を監査法人の友人に尋ねると「限定付き適正意見」というものでした。
e0110824_032113.jpg


 「限定付き適正意見」というのは、「除外事項(適正では無い事項)はあるものの、重要性が高くなく、決算書全体としては適正である。」というものだそうです。


 ただ、監査の友人からは貸借対照表だけ考えてはいけないとのことでした。

 その後、病院の副院長が説明にやってきて、その主な原因については、未収金について、過年度分の未収金もすべて現年度分として処理してしまっていたことや、過年度未収金で保険修正分を過年度損益修正損として処理しなかったというとでした。
e0110824_035445.jpg

e0110824_042065.jpg


 なぜ、そのようなことが起こったのかについて確認をすると、医事システムと病院の会計システムがあり、医事システムは、過年度・現年度判定ができていたが会計システムにはできていなかったこと、それを病院の経理担当が照合することをしていなかったということでした。

 貸借対照表の関係においては、資産の部で過大計上があるなら、その右辺の負債・資本の部においても過大計上があるはず(なければ、1.2億円に過大計上分がなんであるのかわからなくなる)なのでどれかとの指摘には、剰余金のその他資本剰余金であるとのことでした。

 監査法人の知人にもアドバイスをいただきながら、もう少し調査をしたいと思っています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-09-06 23:59 | 予算・決算
平成20年度決算事業評価の事業についての説明
 定例行政報告会終了後、11時より、この9月の決算審査より事業評価を導入するので、その対象の20事業についての説明を受けました。
 ※個別の事業内容等については後日書いていきます。

 1.茅ヶ崎海岸グランドプラン推進事業
 2.市民活動団体・民間非営利組織の支援
 3.ゆかりのまち交流事業
 4.住宅用防災(火災)警報器の給付、補助事業
 5.消防ポンプ自動車等整備事業
 6.障害者地域生活推進事業
 7.待機児童解消等のための公立・民間保育園の整備拡充
 8.小児医療費助成事業の充実(対象年齢の拡大)
 9.基本健康診査等事業
10.焼却灰等有効利用事業
11.防災行政用無線屋外拡声子局整備事業
12.自主防犯ネットワーク活動への支援
13.地域職業相談事業
14.特別支援学級介助員事業及び通常級介助員派遣事業
15.青少年広場の整備
16.公共施設の長寿命化の推進
17.木造住宅耐震改修促進事業
18.狭あい道路整備事業
19.合併処理浄化槽の設置
20.コミュニティバス運行事業

 これらをお昼をはさんで担当課から事業内容、その成果や課題、そして自己評価についての話を聞きました。

 議会の評価は、9月議会の決算特別委員会にて開催されます。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-08-19 17:12 | 予算・決算
茅ヶ崎市議会決算審査改革
 茅ヶ崎市議会では、この9月から決算審査において事業評価を行うことになりました。

 1年以上前から、議会制度検討会において決算審査の在り方について議論を重ね、先行事例として多摩市議会を視察したり、また、多摩市議会の議会事務局をお招きしての議員全体の研修会などを行ってまいりました。

 昨年度に議会制度検討会において、
  議長・監査委員の議員を除く28名全議員で決算審査を行うこと
  決算審査において事業評価を行うこと
  事業評価を4つの分科会(茅ヶ崎市議会は4常任委員会)で行うこと
  各分科会で事業評価対象を5事業とすること

 などを決めましたが、昨年末行政側からは、準備が大変であることや日程の変更(追加)がしにくいということから、大幅な後退案が示されました。
  決算審査については現行通り
  事業評価は各常任委員会が終了後の各研究会にて行う
  事業評価対象事業は、1~2事業

 対象事業も大幅減少、加えて、常任委員会終了後の研究会では公式の議事録にも残らず、行政の今後の予算編成等に影響を与えるという点ではかなり低いという状態でした。

 その後、議会制度検討会座長と行政側との調整が行われ、若干変則ではありますが、ほぼ原案通りに進むこととなりました。

 28人全員を前年度決算事業評価特別委員会として組織し、委員長を選任し、その後、28人を7人ずつの4つの分科会に分け、各分科会において座長・副座長を選任という流れになりました。分科会の分け方のベースは、議論もありましたが、今回の常任委員会ではなく、前期2年間続いた常任委員会をベースに編成することになりました。

 一般会計については、4常任委員会相当の分科会それぞれに分割し、その費目内において、それぞれの分科会で5つの事業を選定する。分科会内において、担当費目と事業評価の審査をおこなうということになりました。

 事業評価については、基準を今後全議員に示すことになるのですが、5段階評価で行います。

 流れとしては、6月末に各分科会から5事業選定の報告があり、8月の全員協議会において、行政側から各事業についての説明や資料提供が行われる予定で、これをうけて9月の本番に臨むこととなります。

 特別会計・歳入・総括質疑・討論については、28人全員で行います。

 初めての試み故に、いろいろあるかもしれないのですが、まずは大きな一歩だと思います。私もこの改革の検討にかかわった議会制度検討会の一員として、また、第4分科会座長として頑張りたいと思います。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-07-07 11:10 | 予算・決算
前年度事業評価特別委員会が発足
 茅ヶ崎市では、議会制度検討会において、決算審査改革について1年くらいかけて検討が重ねられ、この平成21年9月の決算審査から、新たな方式を導入することになりました。

 これまでは、議長と監査委員を除く28人うちから10人くらいの決算特別委員会を選び出して、そこで、決算書に従い決算審査を行っていました。

 今回からは、議長と監査委員を除く28人全員で、前年度事業評価特別委員会を結成し、ここで行います。しかも、名前の通り、事業評価を行います。

 すべてを28人でやると収拾がつかない部分もあるので、実際には、7人ずつで4つの分科会を構成し、一分科会で5つの事業についての事業評価を行います。

 分科会については、常任委員会と同じ形で分けるということで、総務担当分科会、教育経済担当分科会、環境厚生担当分科会、都市建設担当分科会の4つの分科会で構成されることとなりました。
 
 4つの分科会については、前年度事業評価にちなみ、今回は今までの常任委員会を基本構成に分科会の配属を決めることになりました。したがって私は、都市建設分科会担当の配属となりました。

 まずは特別委員会の正副委員長を決めた後、今度は、各分科会の座長と副座長を決めることとなりました。

 私は、都市建設担当分科会の座長になることになりました。議会において初めての仕切り役です。結構大変そうではありますが、がんばりたいと思っております。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2009-06-13 00:02 | 予算・決算


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧