茅ヶ崎市議”えびけんの政治”日記 by 茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう

茅ヶ崎市議会議員”えびけん”こと、海老名けんたろう(松下政経塾出身)の茅ヶ崎市議活動日記。メールはebiken72@gmail.comまで
<   2007年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧
3.11事務所開き
 昨日・今日・明日と3日間で、事務所開きの案内を発送しています。

 手伝ってくれる方のおかげで順調に進みました。これが一人だったらどれだけ時間がかかるだろうと思います。本当に感謝しています。
 
 茅ケ崎市内の人だけに限らず、市外からも手伝いに来てくれるのは本当に嬉しい限りです。

 週明けに看板が完成してくれないかなーと思っています。
e0110824_20371760.jpg

[PR]
by ebiken-chigasaki | 2007-03-04 20:37 | 告知・報告
今でも続く人の縁
 私、”エビケン”海老名けんたろうが、以前働いていた会社の人たちが、日曜日という会社が休みという日に、手伝いに来てくれました。

 6年の月日が流れていますが、こうやって覚えていてくれて、手伝いに来てくれることは本当に嬉しいです。おかげで案内発送処理の大半が終了いたしました。本当に大助かりでした。

 エビケン公式HPは、こちら

 エビケン海老名健太朗
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2007-03-04 16:17 | その他
松下政経塾と私 その1 出会い
 私が、松下政経塾と初めて出会ったのは、高校2年生末から3年生にかけてのころだったと思います。

 受験勉強をしていた私の家では、自分の部屋でテレビを見ることが許されていなかったので、代わりにラジオをつけて勉強していました。深夜ラジオが自分の勉強の友達でした。

 政治家になりたいと思いながらも、どうやったらなれるのか、うちは、普通のサラリーマン、地元の名士でもないし、政治家に伝なんてないし・・・と思いながら過ごしていました。

 受験勉強をしていると深夜ラジオのパーソナリティーが、松下政経塾出身の方ということで、この方が、松下政経塾時代の活動についていろいろと話をしていました。インドで貧困にあえいでいる人たちの救済活動に参加したなど、その話がとても面白く、ここで勉強して、社会への理解を深めることができたらなーとぼんやりと考えていました。

 そんなことを考えてはいましたが、松下政経塾は松下幸之助が設立したということを知り、財界のTOPの人が作るところなんて、サラリーマン家庭の自分は行くことができるはずがない!!なんか偉い人のコネがないと無理だろう。そんなコネなんかないよーとその当時は勝手に思い込んで、やっぱり、法学部行って、弁護士になり、そして政治家を目指そうというように考えました。
 ※大学時代は、すっきりさっぱりと松下政経塾のことを忘れて過ごします。

 その後、松下政経塾と再会するのは、6年後の第一生命時代の社会人1年目のときとなります。

 エビケン公式HPは、こちら
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2007-03-04 00:25 | 松下政経塾
IT活用をもっと認めるべきではないでしょうか
今、事務所開きの案内作成&発送準備を行っています。

これを郵便でやると、1通につき80円になります。
Eメールだと、ほぼ0円くらいだと思います。

政治活動や選挙をお金がかからないようにするという意味からすると、やはりITをもっと活用することを進めるべきだと思います。

有権者にとっても、情報が自分が見たいときに、自分の好きなようにアクセスできる利点がITにはあります。やはり、知りたいと思っても、政治活動中の事務所に行くというのは、顔見知りならいざ知らず、まったく知らない場合は抵抗があると思います。

そういった抵抗感をなくし、なおかつ、政治へのアクセスを容易にするITを、政治でも選挙でももっと活用すべきだと、80円切手を貼りながら思いました。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2007-03-03 00:10 | その他
政治家を志したとき その2 大学3年生の冬
 前回のその1に続いて、その2です。

 話は、高校2年生の冬から飛んで大学3年生の冬になります。弁護士になって、社会問題に取り組んで考えを深めてからなろう考え、大学は1浪して、中央大学法学部法律学科に進みました。そして司法試験を受けようと2年生の頃から勉強を始めました。
 
 ただ、大学で関東に出てきて、遊んでしまったことや、勉強を始めてどうも刑法が自分にはあまりにも合わないことにこれは無理だと弁護士を断念しました。

 そして考えたのが、そうだ新聞記者になって、社会部に入って、そこで自分の耳目を磨こうと思い、就職活動では新聞をメインに活動することを決めました。

 ちょうどそのとき発生したのが、阪神・淡路大震災でした。このときは、大学の学科試験で私は関東でしたが、家族は全員神戸で、被災しました。家は幸い無事でしたが、同じ丁目内だけでも20名が亡くなりました。小・中・高の同級生も20名くらいがなくなりました。試験が終わった後、実家に帰ると周りは廃墟の山で、自分の家の裏側が初めてはっきりと見える状態でした。

 神戸に戻ってからは、崩れた部屋の片付けと、日課のように水汲みに行くことが中心でした。ただ、そんな中、自分が遊んだ小・中・高の思い出の場所や友人宅が崩れるのを見ると気持ちがとても沈むともに、何もできない自分の無力さを大いに痛感させられていました。

 幸い私の家は、無事でインフラが整えばすぐに日常生活がスタートしましたが、多くの人たちが仮設住宅で暮らす現実、そして、復興進む中で神戸を後に去った友人や知人の存在を知り、どうやれば、いち早く復興できるんだろうか?日常生活を取り戻すことができるんだろうか?瓦礫の山となった友人・知人の家や、更地のままやバラック小屋のお店を見ながら考え込んでいました。そして自分の解答は、政治でそういった制度を作ることなんだということでした。

 確かに政治が万能だとは思っていません。ただ、社会全体でどうにかするという仕組みを作れるのは、やはり政治が担うところが大きいはずです。財政状況など加味しなければいけない要素があることも今では分かっていますが、大学3年生の当時の私は、そのときそう思い、改めて政治を目指そう。そのためにまずは新聞記者になろうと決断しました。しかし、新聞記者には1浪してもなることができず、保険会社に入社することになります・・・
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2007-03-03 00:04 | 政治家を志したわけ
事務所開きに向けて
 ここ最近は事務所開きに向け、案内状の発送準備に追われています。

 けど郵送すると80円かかってしまうんですよね。これがまた数が多いとそれだけ負担を掛けてくることになります。なかなか難しいところです。

 手渡しと両方で進めていこうと考えています。
[PR]
by ebiken-chigasaki | 2007-03-02 16:58 | 準備活動
今日も西へ東へ
 今日は、朝から赤松町で支援者の方とご近所周り

 そして、午後からは、紹介していただいた方で連絡を取って、浜之郷の方の家に行ってまいりました。

 私のように、無所属で政治活動を展開しているので、こうやって紹介してくれる方や、一緒に挨拶に回ってくれる方のお心遣いは本当に嬉しいです。

 そして、逆に属したり、誰かを上においてやっているわけではないからこそ、本当の意味で自らの言葉で語ることができると思っています。その分、分かってもらうには時間がかかるという難点もありますが・・・

 浜之郷では2件だけですが、1件につき1時間くらい話し込んでしまいました。効率を考えるともっと回るべきなんですが、やはり一人ひとりに自分を知ってもらいたいや、相手のことを知りたいと思うとどうしても時間が必要です。ここら辺さじ加減の難しさを本当に感じますが、いろんな方からの刺激は本当に楽しいです。

エビケン公式HPは、こちら

3月11日(日)11:00~ 事務所開きを開催します。ぜひお越しください。

e0110824_17475783.jpg

[PR]
by ebiken-chigasaki | 2007-03-01 17:42 | 政治活動


by ebiken-chigasaki
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
ブログランキング
最新の記事
カテゴリ
お問合せ
茅ヶ崎市議”えびけん”公式HP
http://ebiken.jp

メール:ebiken72@gmail.com
Twitter @ebiken72
mixi エビケン

<2011.02.26>
茅ヶ崎市議会議員 海老名けんたろう後援会事務所新設
 〒253-0043 茅ヶ崎市元町5-29 ライブリーⅢ1F南 TEL&FAX 0467-58-8101 
検索
最新のトラックバック
【放射能防護】 茅ヶ崎市..
from オリーブの林をぬけて。
平成23年 厄年
from サキヨミ!ニュースダイジェスト
社民党(旧社会党)を弾劾..
from 湘南のJOHN LENNON..
地方議会で質問される地域..
from 地域SNS研究会
あなたの街の議員さんの、..
from muse-9
湘南国際マラソン
from みつの日記
トイレ掃除で大開運できます
from 風水日記-金運・幸運・大開運
以前の記事
タグ
ライフログ

正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために


反貧困―「すべり台社会」からの脱出 (岩波新書)


現代の貧困―ワーキングプア/ホームレス/生活保護 (ちくま新書)


日本でいちばん大切にしたい会社


子どもの貧困―日本の不公平を考える (岩波新書)


新平等社会―「希望格差」を超えて (文春文庫)


ベーシック・インカム入門 (光文社新書)


功利主義者の読書術


日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001)


予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」


ヘルプマン! 8 ケアギバー編 (イブニングKC)


池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」


マルクスは生きている (平凡社新書 461)


日米同盟の絆―安保条約と相互性の模索


米軍再編―日米「秘密交渉」で何があったか (講談社現代新書)


日米同盟の正体~迷走する安全保障 (講談社現代新書)


ドル亡き後の世界


PPPの知識(日経文庫)


井沢式「日本史入門」講座〈1〉和とケガレの巻 (徳間文庫)


井沢式「日本史入門」講座2 万世一系/日本建国の秘密の巻 (徳間文庫)


この国を動かす者へ


猛毒国家に囲まれた日本―ロシア・中国・北朝鮮


この1冊ですべてがわかる 普天間問題


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)


超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)


時代を読む 経済学者の本棚


十字軍物語〈1〉


十字軍物語2


十字軍物語〈3〉


日本の原発、どこで間違えたのか

その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧